DDEInitiate 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

DDEInitiate 関数を使うと、別のアプリケーションとの動的データ交換 (DDE) 通信を開始できます。DDEInitiate 関数は、DDE サーバーとクライアント アプリケーションの間のデータ転送用に DDE チャネルを開きます。

たとえば、Microsoft Office Excel 2007 のスプレッドシートから Microsoft Office Access 2007 のデータベースにデータを転送したい場合は、DDEInitiate 関数を使って、2 つのアプリケーションの間にチャネルを開くことができます。この例では、Access がクライアント アプリケーションで、Excel がサーバー アプリケーションです。

構文

DDEInitiate ( application, topic )

DDEInitiate 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

application

DDE 通信に参加できるアプリケーションを示す文字列式。通常、application 引数は、Excel などの Microsoft Windows ベースのアプリケーションの実行可能ファイル (.exe 拡張子なし) の名前です。

topic

application 引数によって認識されるトピックの名前である文字列式。トピックのリストについては、アプリケーションのドキュメントを確認してください。


解説

成功した場合、DDEInitiate 関数は application 引数と topic 引数によって指定されているアプリケーションおよびトピックとの DDE 通信を開始した後、Long 整数値を返します。この戻り値は、データ転送が行われるチャネルを示す一意のチャネル番号を表します。このチャネル番号は、後で、他の DDE 関数およびステートメントに使われます。

アプリケーションがまだ実行していない場合、または実行していても topic 引数を認識しない場合や DDE をサポートしていない場合は、DDEInitiate 関数は実行時エラーを返します。

topic 引数の値は、application 引数によって指定されるアプリケーションに依存します。ドキュメントまたはデータ ファイルを使うアプリケーションでは、多くの場合、有効なトピック名にはそれらのファイルの名前が含まれます。

注: 同時に開くことができるチャネルの最大数は、Microsoft Windows と、コンピューターのメモリおよびリソースによって決まります。チャネルを使っていない場合は、DDETerminate または DDETerminateAll ステートメントでチャネルを終了し、リソースを節約する必要があります。

ヒント

Access から別のアプリケーションのオブジェクトを操作する必要がある場合は、オートメーションの使用を検討することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×