DDE 関数

DDE 関数を使用して、別のアプリケーションと動的データ交換 (DDE) 通信を開始して、情報のアイテムをアプリケーションから要求し、フォームまたはレポートのコントロールにその情報を表示することができます。

たとえば、テキスト ボックスの ControlSource プロパティにある DDE を使用して、Microsoft Office Excel 2007 ワークシートで指定されたセルからのデータを表示することができます。

構文

DDE( application, topic, item )

DDE 関数構文の引数は次のとおりです。

説明

application

DDE 通信に参加できるアプリケーションを示す 文字列式 です。通常、application は、Excel などの Microsoft Windows ベースのアプリケーションの実行可能ファイル (.exe 拡張子なし) の名前です。たとえば、Excel で DDE 通信を開始するには、 application 引数に "Excel" と入力します。

topic

application によって認識されるトピックの名前である文字列式です。通常、topic 引数は、ドキュメントまたはデータ ファイルです。可能なトピックのリストについては、その他のアプリケーションのドキュメントをご確認ください。

item

application によって認識される データ項目 の名前である文字列式です。可能性のあるアイテムのリストについては、その他のアプリケーションのドキュメントをご確認ください。


解説

DDE 関数が、指定された application および topic で DDE 対話を開始しようとして、item のデータを要求しています。成功した場合、DDE 関数は、要求された情報を含む文字列を返します。

たとえば、Excel からのデータを要求している場合、item は、"R1C1" あるいはセルの範囲の名前など、行と列の識別子である可能性があります。次の例では、DDE 関数は Excel ワークシートの行 1、列 1 のセルからの情報を要求しています。コントロールのプロパティ シートにある ControlSource プロパティ ボックスのテキスト ボックス コントロールに、この式を入力できます。

=DDE("Excel", "Sheet1", "R1C1")

テキスト ボックス、オプション グループ、チェック ボックス、またはコンボ ボックスの ControlSource プロパティの設定にのみ、DDE 関数を使用することができます。Visual Basic for Applications (VBA) モジュールから DDE 関数を呼び出すことはできません。

DDE 関数を使用すると、コントロールはフォーム ビューと印刷プレビューで読み取り専用になります。たとえば、テキスト ボックスで DDE 関数を使用している場合、テキスト ボックス内のテキストを編集することはできません。テキストの編集は、別のアプリケーションで行う必要があります。ControlSource プロパティはフォーム ビューと印刷プレビューでも読み取り専用であるため、コントロールへの変更はデザイン ビューで行う必要があります。

Microsoft Windows と、使用しているコンピューターのメモリおよびリソースによって、同時に開くことができる DDE 通信の最大数が決まります。別の application が実行されていなかったり、topic を認識しなかったり、または通信の最大数に既に達していたりするために、通信を開始できない場合、DDE 関数は Null を返します。

注: 他のアプリケーションでは、DDE 通信への要求を無視するように設定されている可能性があります。その場合、DDE 関数は Null を返します。同様に、その他のアプリケーションからの要求を無視するように Access を設定できます。[ファイル] メニューの [Access のオプション] をクリックし、[アプリケーションの設定] ダイアログ ボックスで [詳細設定] をクリックします。[DDE 操作] で、[DDE 要求を無視] を選択します。

ヒント

Access から別のアプリケーションのオブジェクトを操作する必要がある場合は、オートメーションの使用をお勧めします。

次の表では、各コントロールと共に使用するときに、DDE 関数がどのように動作するかを示しています。

コン トロール

解説

テキスト ボックス

item 引数は、文字列または数値を指定できます。item が複数のセルを含む Excel ワークシートの名前付き範囲などの複数の情報を参照する場合、DDE 関数は最初のエントリを返します。この関数をテキスト ボックスで使用して、ワークシートのセルに含まれたデータを表示することができます。

コンボ ボックス

DDE 関数は、item が参照する情報をコンボ ボックスに入力できます。ボックスのテキスト部分にデータを入力することはできません。DDE 関数をコンボ ボックスで使用して、Excel ワークシートに保存されている国/地域の一覧を表示することができます。

オプション グループ

オプション グループ内にある各オプション ボタンの OptionValue プロパティは、数値に設定されています。通常、最初のボタンの値は 1、2 つ目のボタンは 2 というように設定されています。DDE 関数の返す数値で、使用するオプション ボタンが決まります。

たとえば、DDE 関数が 2 を返す場合、2 番目のボタンが選択されます。この関数が OptionValue プロパティ設定のどれにも一致しない値を返す場合、ボタンは選択されません。item が複数のセルを含む Excel ワークシートの名前付き範囲などの複数の情報を参照する場合、DDE 関数は最初のエントリを返します。

チェック ボックス

DDE 関数が 0 を返す場合、チェック ボックスはクリアになります。この関数が 1 または – 1 などの 0 以外の数値を返す場合は、ボックスが選択されます。item がテキストを参照したり、複数のセルを含む Excel ワークシートの名前付き範囲などの複数の情報を参照したりする場合、チェック ボックスは使用できません。


スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×