DATEVALUE 関数

ここでは、Microsoft Excel の DATEVALUE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

DATEVALUE 関数は、文字列として格納された日付を、Excel で日付として認識できるシリアル値に変換します。 たとえば、数式 =DATEVALUE("1/1/2008") は、2008 年 1 月 1 日のシリアル値である 39448 を返します。 ただし、コンピューターのシステム日付設定によっては、DATEVALUE 関数の結果がこの例とは異なることがあります。

DATEVALUE 関数は、ワークシートに格納されている文字列形式の日付を、日付としてフィルタリング、並べ替えまたは書式設定する場合や、日付の計算で使用する場合に便利です。

日付のシリアル値を日付として表示するには、セルに日付の書式を適用する必要があります。日付として数値を表示する方法の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

書式

DATEVALUE(日付文字列)

DATEVALUE 関数の書式には、次の引数があります。

  • 日付文字列   必ず指定します。日付を表す文字列を、Excel の日付表示形式か、Excel の日付表示形式の日付を表す文字列が格納されたセルへの参照として指定します。たとえば、二重引用符で囲まれた"1/30/2008" や "30-Jan-2008" は、日付を表すテキスト文字列です。

    Windows 版 Excel の標準の日付システムを使用する場合、日付文字列の引数には、1900 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日までの間の日付を指定する必要があります。DATEVALUE 関数で、 日付文字列引数にこの範囲外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

    日付文字列 引数の年の部分を省略すると、DATEVALUE 関数はコンピューターのシステム時計による現在の年を使用します。日付文字列引数に時刻の情報が含まれていても無視されます。

解説

  • Excel では、日付を計算に使用できるように一連のシリアル番号として保存します。既定では、1900 年 1 月 1 日がシリアル値 1 として保存され、2008 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 39,447 日後に当たるので、シリアル値は 39448 になります。

  • ほとんどの関数では、日付を表す文字列は自動的にシリアル値に変換されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

11

3

2011

数式

説明

結果

=DATEVALUE("8/22/2011")

テキストとして入力された日付のシリアル値。

40777

=DATEVALUE("22-MAY-2011")

テキストとして入力された日付のシリアル値。

40685

=DATEVALUE("2011/02/23")

テキストとして入力された日付のシリアル値。

40597

=DATEVALUE("5-JUL")

1900 年日付システムを使って、文字として入力された日付をシリアル値に変換します。この例では、コンピューターのシステム時計が 2011 年を現在の年として返すものとします。

39634

=DATEVALUE(A2 & "/" & A3 & "/" & A4)

セル A2、A3、A4 の値を結合して作成した日付のシリアル値です。

40850

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×