Cycle プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

Cycle プロパティを使用すると、Tab キーを押したとき、バインドされたフォームの最後のコントロールにフォーカスがあるときの動作を指定できます。バイト型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.Cycle

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

Cycle プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

すべてのレコード

0

(既定) フォームの最後のコントロールから Tab キーを押すと、次のレコードのタブ オーダーで最初のコントロールにフォーカスが移動します。

現在のレコード

1

レコードの最後のコントロールから Tab キーを押すと、同じレコードのタブ オーダーで最初のコントロールにフォーカスが移動します。

現在のページ

2

ページの最後のコントロールから Tab キーを押すと、このページのタブ オーダーで最初のコントロールにフォーカスが戻ります。


注: Cycle プロパティを設定するには、フォームのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

Cycle プロパティはあらゆるビューで設定できます。

フォームで TAB キーを押すと、タブ オーダーにおける各コントロールの位置に基づき、フォーム上のコントロールでフォーカスが移動します。

データ入力用に設計されたフォームに対して、Cycle プロパティを [すべてのレコード] に設定できます。TAB キーを押すことで新しいレコードに移動できます。

注: Cycle プロパティは、このプロパティが設定されているフォームでのみ、TAB キーの動作を制御します。サブフォーム コントロールがタブ オーダーに入っている場合、サブフォーム コントロールにフォーカスが移動すると、サブフォームの Cycle プロパティ設定により、TAB キーを押したときの動作が決定されます。

サブフォーム コントロールの外にフォーカスを移動するには、CTRL キーを押しながら TAB キーを押します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×