CurDir 関数

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

現在のパスを表す Variant (String) を返します。

構文

CurDir[(drive)]

任意の drive引数 は既存のドライブを指定する文字列式です。ドライブを指定しないか、drive がゼロ長の文字列 ("") の場合、CurDir は現在のドライブのパスを返します。Macintosh の場合、CurDir は指定されている drive を無視し、現在のドライブのパスを返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、CurDir 関数を使用し、現在のパスを返します。Macintosh の場合、CurDir に与えられた drive 指定は無視されます。既定のドライブ名は “HD” で、パス名の各部分は円記号ではなくコロンで区切られます。同様に、\Windows ではなく、Macintosh フォルダーを指定します。

' Assume current path on C drive is "C:\WINDOWS\SYSTEM" (on Microsoft Windows).
' Assume current path on D drive is "D:\EXCEL".
' Assume C is the current drive.
Dim MyPath
MyPath = CurDir ' Returns "C:\WINDOWS\SYSTEM".
MyPath = CurDir("C") ' Returns "C:\WINDOWS\SYSTEM".
MyPath = CurDir("D") ' Returns "D:\EXCEL".
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×