Communicator を Office Outlook 2007 および Office OneNote 2007 と連携させる方法

Office Communicator 2007 R2 を Office Outlook と連携させると、Office Communicator の環境に非常に便利で強力な機能がいくつか追加されます。たとえば、次の操作を実行できます。

  • Outlook 2007 で連絡先の状態を参照し、Office Communicator の通話機能やインスタント メッセージング機能にアクセスする。

  • Outlook の不在設定を自動的に取得し、Communicator 2007 R2 の状態メモ領域に不在時の自動応答メッセージを表示する。

  • Outlook の予定表に基づいて空き時間状態を更新し、Outlook の連絡先データに基づいて連絡先リストを更新するように Communicator を設定する。

  • 着信通話、発信通話、および不在着信を Outlook に記録する。

  • インスタント メッセージング、音声、またはビデオでの会話を Outlook の電子メールから開始または再開する。

  • 前回の通話中に作成した OneNote 2007 のメモを Outlook の [会話履歴] フォルダから取得する。

構成によっては、Communicator の [会話] ウィンドウ内から Office OneNote 2007 の豊富なメモ作成機能にアクセスできる場合があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Communicator で Outlook との統合オプションを構成する

インスタント メッセージング セッションから電子メールを送信する

電子メールからインスタント メッセージを送信する

Outlook で [会話履歴] フォルダを使用する

Outlook 2007 で不在着信を確認する

Outlook 2007 でボイス メールを再生する

未確認の可能性がある Outlook の通知を確認する

会話中に Office OneNote 2007 でメモをとる

Communicator で Outlook との統合オプションを構成する

  1. Office Communicator のタイトル バーで [メニュー] をクリックし、[ツール] をポイントして、[オプション] をクリックします。

  2. [個人] タブで、[個人情報マネージャ] のボックスの一覧から [Microsoft Office Outlook] をクリックします。

  3. 次のオプションを必要に応じてオンまたはオフにします。

    • 「個人」、「チーム」、および「会社」アクセス レベルの連絡先に Outlook 不在情報を表示する

    • Outlook の予定表情報に基づいてプレゼンスを更新する

    • 会議の議題と場所を「チーム」アクセス レベルの連絡先に表示する

    • Outlook の [会話履歴] フォルダにインスタント メッセージでの会話を保存する

    • Outlook の [会話履歴] フォルダに通話ログを保存する

      注: これらのオプションに対する変更は、Communicator 2007 R2 を実行しているすべてのコンピュータとデバイスに自動的にコピーされます。

ページの先頭へ

インスタント メッセージング セッションから電子メールを送信する

  1. インスタント メッセージング セッション中に、電子メールを送信する連絡先の名前を参加者リストで選択します。

  2. 連絡先の名前を右クリックし、[電子メール メッセージの送信] をクリックします。

ページの先頭へ

電子メールからインスタント メッセージを送信する

  • Outlook 2007 のメッセージ ウィンドウで、連絡先の名前の横にあるプレゼンス状態インジケータをクリックし、[インスタント メッセージで返信] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook で [会話履歴] フォルダを使用する

Communicator 2007 は、会話を追跡してその情報を記録するために、Outlook 内に [会話履歴] と呼ばれる特殊なフォルダを作成します。このフォルダは、[受信トレイ]、[送信トレイ]、[送信済みアイテム] などの他のフォルダと共に Outlook 2007 のフォルダ一覧に表示され、インスタント メッセージング セッション、通話、および着信転送の記録を格納します。

[会話履歴] フォルダの各アイテムには、メッセージの日時、会話の件名と内容、参加者の名前、および会話の方向 (着信または発信) が格納されます。 また、このフォルダには音声が含まれた会話に関する情報が格納され、該当するオプションをオンにした場合はすべてのインスタント メッセージングでの会話の完全な記録も格納されます。

[会話履歴] フォルダを表示するには

  1. Outlook のナビゲーション ウィンドウで、[すべてのメール フォルダ] の [メールボックス] をクリックして、フォルダ一覧を展開します。

  2. [会話履歴] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook 2007 で不在着信を確認する

Outlook 2007 では、不在着信した電話、ボイス メール、および不在着信した会話が記録されます。これらのイベントの記録は [受信トレイ] に保存されます。

  • Outlook のナビゲーション ウィンドウで、[すべてのメール フォルダ] の [検索フォルダ] をダブルクリックし、[不在着信した会話] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook 2007 でボイス メールを再生する

  1. Outlook のナビゲーション ウィンドウで、[すべてのメール フォルダ] の [検索フォルダ] をダブルクリックし、[ボイス メール] をクリックします。

  2. 不在着信したメッセージの記録が含まれている電子メールを探し、添付ファイルをダブルクリックするか (Outlook 2003)、[再生] をクリックします (Outlook 2007)。

    Windows Media Player が開き、ボイス メール メッセージが再生されます。

注: Outlook 2007 では、ボイス メールをコンピュータではなく電話で再生することもできます。また、電子メール メッセージ上部の [ノートの編集] ボタンをクリックすることによって、ボイス メール メッセージにコメントを付けることもできます。

ページの先頭へ

未確認の可能性がある Outlook の通知を確認する

Communicator 2007 R2 が Outlook 2007 と統合されている場合、未読のボイス メールまたは不在着信した会話に関する電子メールが受信トレイにあると、Communicator に通知が表示されます。未確認の通知がない場合には、[未確認の通知] は表示されません。

  • Office Communicator のメイン ウィンドウで、[未確認の通知] をクリックします。未確認の通知の一覧が表示されます。

ページの先頭へ

会話中に Office OneNote 2007 でメモをとる

  • [会話] ウィンドウで、右上隅にある [他のオプションを表示] ボタンをクリックし、[OneNote を使用してメモをとる] をクリックします。

    継続している会話の場合は、[他のオプションを表示] ボタンを使用して、以前のメモを再度開くこともできます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×