Command 関数

Command 関数を使用して、Microsoft Office Access 2007 の起動に使用されるコマンド ラインの引数の部分を返すことができます。

解説

コマンド ラインから Access を起動すると、/cmd オプションに続くコマンド ラインの部分は、コマンドライン引数としてプログラムに渡されます。Command 関数を使用すると、渡された引数を返すことができます。

データベースが開かれてからコマンドライン引数を変更するには:

  1. [ファイル] メニューの [Access のオプション] をクリックします。

  2. [アプリケーションの設定] ダイアログ ボックスの [詳細設定] をクリックします。

  3. [コマンド ライン引数] ボックスに新しい引数を入力します。

Command 関数は、入力した新しい引数を返すようになります。

モジュールの Visual Basic for Applications (VBA) コード以外の場所で Command 関数を使用する場合、関数の後に空のかっこを含める必要があります。たとえば、フォームのテキスト ボックスに Command 関数を使用するには、テキスト ボックスの ControlSource プロパティを次のように 式 に設定します。

=Command()

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

次の例は、コマンドライン引数を指定して Access を起動する方法を示しています。また、Command 関数を使用してこの引数の値を返す方法についても示します。

この例をテストするには、Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイル名を指定して実行] ボックスに次のコードを 1 行で入力します (コマンド ライン情報の部分は引用符で囲む必要があります)。

"C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\Msaccess.exe" _
"C:\Program Files\Microsoft Office\Office11\Samples\Northwind.mdb" /cmd "Orders"

次に、Northwind Traders サンプル データベースに新しいモジュールを作成し、次の Sub プロシージャを追加します。

Public Sub CheckCommandLine()
' Check the value returned by Command function and display
' the appropriate form.
If Command = "Orders" Then
DoCmd.OpenForm "Orders"
ElseIf Command = "Employees" Then
DoCmd.OpenForm "Employees"
Else
Exit Sub
End If
End Sub

このプロシージャを呼び出すと、Access で Orders フォームが開きます。データベースを開くときに、このプロシージャを自動的に呼び出す AutoExec マクロを作成できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×