Code.org クラス ノートブックの使用方法

Code.org と Office 365 Education は、教室に基準に対応したコンテンツを配布するため、無料で革新的なソリューションを提供する目的で連携されました。 

Code.org CS Discoveries のカリキュラムが実装された OneNote クラス ノートブックの構造により、整理整頓したり、課題をクラウドに保存したり、学生に対してコンテンツを簡単に配布したりすることができます。

注: Code.org クラス ノートブックを作成するために、Office.com で Office 365 Education アカウントにサインインします。 

Code.org クラス ノートブックの作成

  1. ここから Code.org クラス ノートブック ページを開きます。 

  2. [クラス ノートブックの作成] を選択します。

    Code.org クラス ノートブックを作成する開始画面

  3. クラスの名前を設定し、[次へ] を選択します。

  4. このクラスで使用する CS Discoveries 2018 の資料を選択し、[次へ] を選択します。 選択した教材が、Class Notebook の [教師のみ] セクションに自動的に読み込まれます。

    教材を Code.org クラス ノートブックに追加するセットアップ ウィザードのステップ

  5. すべての学生のノートブックに含めるセクションを選択して、[次へ] を選択します ([クラス ノートブック] タブ、[ノートブックの管理] の順に選択することで、後で OneNote からこれらのセクションを編集できます)。

    Code.org クラス ノートブックで学生セクションを作成する

  6.  教師と学生のノートブックがどのように表示されるかを確認し、[作成] を選択します。

Code.org ノートブックの構造を調べる

各ノートブックには以下が含まれます。

  • コンテンツ ライブラリ: 学生には読み取り専用です。これは、教師が参照するクラス用のコースの資料を共有できる場所です。

  • 共同作業スペース: 教師と学生が共同作業を行うことができる場所で、自分にだけプライベートの教師専用の領域です。

  • 各学生用のプライベート ワークスペース: ここでは、学生がメモを取ったり、割り当てられた宿題の作業を行ったりするためのセクションを作成できます。

ノートブックで [教師専用セクション グループ] を作成するオプションもあります。ここでは、学生の目に触れないように、ノートを保持してカリキュラムの作業を行うことができます。 

[教師専用セクション グループ] のコンテンツを [コンテンツ ライブラリ] にコピーします。

  1. ページまたはセクションを右クリックします。

  2. [移動] または [コピー] を選択します。

  3. ノートブックの [コンテンツ ライブラリ ] でコピーまたは移動先を選択します。

  4. [コピー] を選択します。 これにより、コンテンツが [教師のみ] セクションから [コンテンツ ライブラリ] にコピーされます。学生はここにアクセスできますが、教材を編集することはできません。  

ページを学生のプライベート ワークスペースに配布する

宿題、テスト、学生が個別に作業を行う必要があるその他のコンテンツを、学生のワークスペースの指定されたセクションに配布できます。

  1. 学生に配布する [コンテンツ ライブラリ] のページに移動します。

  2. [クラス ノートブック] タブの [ページの配布] を選択します。

  3. 学生のノートブックでページ コピー先のセクションを選択します。

詳細情報

クラス ノートブックのページとセクションを配布する

クラス ノートブックの同期のベスト プラクティス

クラス ノートブックで学生の課題をレビューする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×