Clever Sync 用の School Data Sync の必須属性

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: 

Office 365学校情報システム (SIS) のデータと同期する CSV (カンマ区切り値) ファイルを使用する代わりに学校のデータの同期を使って、賢くインスタンスに直接接続できます。この同期方法では、残りの部分に基づく API エンドポイントOffice 365に Clever から直接データを同期する Clever によって提供を使用します。

賢く同期メソッドを使用して、同期プロファイルを作成するときにする必要がありますが必要な属性を以下に賢くのインスタンスに完全に入力されます。必要な属性が含まれていない任意のオブジェクトは、同期、SDS ポータル内でエラーが発生する失敗します。オプションの属性も、以下のいずれかを含めることもできます。

このトピックでは、必須の属性について説明します。詳細については、「Clever Sync を使用して School Data Sync を展開する方法」を参照してください。

学校の属性

Clever Instance の学校に関連付けられている属性です。

  • Clever ID    – 学校の Clever ID。

  • Name    – 学校の名前。

セクション属性

Clever Instance のセクションに関連付けられている属性です。

  • Clever ID    – セクションの Clever ID。

  • School Clever ID    – セクションに関連付けられている学校の Clever ID。

  • Section Name    – Clever のセクションの名前。

教師の属性

同期方法 (新規ユーザーの作成と、既存ユーザーの同期)、同期プロファイル セットアップ ウィザードで選んだ ID 一致オプションにかかわらず、これら 2 つの属性は必須です。

  • Clever ID    – 教師の Clever ID。

  • School Clever ID    – 教師に関連付けられている学校の Clever ID。

同期プロファイル内で [Sync Existing Users] オプションを選ぶ場合、同期プロファイル セットアップ ウィザードの ID 一致オプション セクションで選んだ対応する 1 つの属性を同期する必要があります。

  • Username    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Username] を選んだ場合にのみ必要です。

  • Secondary Email    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Secondary Email] を選んだ場合にのみ必要です。

  • Teacher Number    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Teacher Number] を選んだ場合にのみ必要です。

同期プロファイル内で [Create New Users] を選んだ場合、Azure AD 内に対応するユーザー オブジェクトを適切に作成するには、次の 3 つの属性を同期する必要があります。

  • Username    – Clever のユーザーの Clever ユーザー名。

  • First Name    – Clever のユーザーの名。

  • Last Name    – Clever のユーザーの姓。

生徒の属性

同期方法 (新規ユーザーの作成と、既存ユーザーの同期)、同期プロファイル セットアップ ウィザードで選んだ ID 一致オプションにかかわらず、これら 2 つの属性は必須です。

  • Clever ID    – 生徒の Clever ID。

  • School Clever ID    – 生徒に関連付けられている学校の Clever ID。

同期プロファイル内で [Sync Existing Users] オプションを選ぶ場合、同期プロファイル セットアップ ウィザードの ID 一致オプション セクションで選んだ対応する 1 つの属性を同期する必要があります。

  • Username    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Username] を選んだ場合にのみ必要です。

  • Secondary Email    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Secondary Email] を選んだ場合にのみ必要です。

  • Teacher Number    – 同期プロファイル内でソース ID 一致属性として [Teacher Number] を選んだ場合にのみ必要です。

同期プロファイル内で [Create New Users] を選んだ場合、Azure AD 内に対応するユーザー オブジェクトを適切に作成するには、次の 3 つの属性を同期する必要があります。

  • Username    – Clever のユーザーの Clever ユーザー名。

  • First Name    – Clever のユーザーの名。

  • Last Name    – Clever のユーザーの姓。

TeacherRoster 属性

セクションへの教師のマッピングに使用する属性です。

  • Section Clever ID    – セクションの SIS ID。

  • Teacher Clever ID    – 教師の SIS ID。

StudentEnrollment 属性

セクションへの学生のマッピングに使用する属性です。

  • Section Clever ID    – セクションの SIS ID。

  • Student Clever ID    – 生徒の SIS ID。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

School Data Sync と Classroom の概要

Clever Sync を使用して School Data Sync を展開する方法

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×