Choose 関数

引数のリストから値を選択して返します。

構文

Choose( index , choice-1 [, choice-2] ... [, choice-n] )

Choose 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

index

必須。 1 から利用可能な数までの範囲内の値を返す数式またはフィールドを指定します。

choice

必須。 可能性のある選択肢のいずれかを格納するバリアント型 (Variant) の式を指定します。


解説

Choose関数は、 indexの値に基づいて、選択肢の一覧から値を返します。 Indexに1を指定すると、リスト内で最初に選択した値が返されます。indexに2を指定すると、2番目の項目が返されます。

Choose 関数を使用して、可能性のあるリストの値を参照できます。 たとえば、index が 3 と評価され、choice-1 = "1"、choice-2 = "2"、choice-3 = "3" と評価された場合、Choose は "3" を返します。 特に index がオプション グループの値を示す場合、この機能が役立ちます。

1 つの値しか返さない場合でも、Choose はリスト内のすべての選択肢を評価します。 この理由から、予期しない結果が発生する場合があるので注意が必要です。 たとえば、すべての選択肢で式の一部として MsgBox 関数を使用している場合、メッセージ ボックスには、Choose がそのうちの 1 つの値のみを返したとしても、評価した選択肢がすべて表示されます。

index が 1 未満、あるいは表示されたリストの数を超える場合、Choose 関数は Null を返します。

index が整数ではない場合、評価される前に最も近い整数に丸められます。

クエリの例

結果

[選択] (3, "Jan", "Feb", "Mar", "Apr", "Mar", "Apr", "Jan", "Apr", "Dec", "Sep", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec", "Dec

値のリストから3番目の値を返します。 結果: "Mar"。

[日付] を選択し、(月 (DateofSale)、"Jan"、"Feb"、"Jan"、"Feb"、"MonthName"、"2017"、"2017"、"2017"、"2017"、"Sep"、"Dec"、"Dec"、"Dec"、"10 月"、

"DateofSale" の値と "MonthName" 列のそれぞれの月名を返します。 (月 (DateofSale) は、"DateofSale" の月番号を返します。これは、[関数の選択] の選択肢の一覧から選ぶためにインデックスとして使用されます。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Choose 関数を使用して、Ind パラメーターに渡される index に応じた名前を表示します。

Function GetChoice(Ind As Integer)
GetChoice = Choose(Ind, "Speedy", "United", "Federal")
End Function

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×