CVErr 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーが指定した エラー番号 を含むサブタイプ Error の Variant を返します。

構文

CVErr ( errornumber )

必須の errornumber引数 は任意の有効なエラー番号です。

解説

ユーザーが作成したプロシージャでユーザー定義のエラーを作成するには、CVErr 関数を使用します。たとえば、複数の引数を使用し、通常は文字列を返す関数を作成する場合、関数で入力引数を評価して、値が許容範囲内になるようにすることができます。そうしないと、関数が期待どおりの値を返さない可能性が高くなります。この場合、CVErr を使用すると、エラー番号が返されるので、対処方法を判断できます。

Error の暗黙的な変換は許可されません。たとえば、CVErr の戻り値を Variant ではない変数に直接割り当てることはできません。ただし、(CIntCDbl などを使用して) CVErr から返される値の明示的な変換を実行し、それを適切なデータ型の変数に割り当てることができます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、CVErr 関数を使用して VarTypevbError (10) の Variant を返します。渡される引数が数値ではない場合、ユーザー定義関数 CalculateDouble はエラーを返します。CVErr を使用して、ユーザー定義プロシージャからユーザー定義エラーを返すか、ランタイム エラーの処理を保留することができます。IsError 関数を使用して、値がエラーを示すかどうかをテストします。

' Call CalculateDouble with an error-producing argument.
Sub Test()
Debug.Print CalculateDouble("345.45robert")
End Sub
' Define CalculateDouble Function procedure.
Function CalculateDouble(Number)
If IsNumeric(Number) Then
CalculateDouble = Number * 2 ' Return result.
Else
CalculateDouble = CVErr(2001) ' Return a user-defined error
End If ' number.
End Function

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×