CUMIPMT 関数

ここでは、Microsoft Excel の CUMIPMT 関数の書式および使用法について説明します。

説明

開始から終了までの期間内で貸付金に対して支払われる利息の累計を返します。

書式

CUMIPMT(利率, 期間内支払回数, 現在価値, 開始期, 終了期, 支払期日)

CUMIPMT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 利率    必ず指定します。貸付期間を通じて一定の利率を指定します。

  • 期間内支払回数    必ず指定します。貸付期間全体での支払回数の合計を指定します。

  • 現在価値    必ず指定します。現在の貸付額、つまり将来行われる一連の支払いを、現時点で一括支払いした場合の合計金額を指定します。

  • 開始期    必ず指定します。計算の対象となる最初の期を指定します。最初の期から順に、1 から始まる番号が割り当てられます。

  • 終了期    必ず指定します。計算の対象となる最後の期を指定します。

  • 支払期日    必ず指定します。支払いがいつ行われるかを、数値の 0 または 1 で指定します。

支払期日

支払が行われる時期

0 (ゼロ)

各期の期末

1

各期の期首

解説

  • 利率と期間内支払回数を指定するときは、時間単位を一致させる必要があります。たとえば、年利 12% の 4 年ローンを月払いで返済する場合、利率には 12%/12 = 1 (%) を、また期間内支払回数には 4*12 = 48 (月) を指定します。また、これと同じローンを年払いで返済する場合は、利率に 12 (%)、期間内支払回数に 4 (年) を指定します。

  • 利率 ≦ 0、期間内支払回数 ≦ 0、または現在価値 ≦ 0 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 開始期 < 1、終了期 < 1、または開始期 > 終了期である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 支払期日に 0 または 1 以外の数値を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

0.09

年利

30

返済期間

12500000

現在価値

数式

説明

計算結果

=CUMIPMT(A2/12,A3*12,A4,13,24,0)

2 年目の支払回である 13 ~ 24 回目に返済する利息の合計を求めます。

-11135.23213

=CUMIPMT(A2/12,A3*12,A4,1,1,0)

最初の月に返済する利息を求めます。

-937.5

注記: 

  • 年利を 12 で割り、月利に換算します。また、積立年数に 12 を掛け、支払回数の合計を計算します。

  • Excel Online で、結果を適切な形式で表示するには、セルを選んでから、[ホーム] タブの [数値] グループで [表示形式] の横の矢印をクリックし、[標準] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×