CUBEKPIMEMBER 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Microsoft Excel の CUBEKPIMEMBER 関数の書式および使用法について説明します。

説明

主要業績評価指標 (KPI) のプロパティを返し、KPI 名をセルに表示します。KPI は、月間粗利益や四半期従業員退職率など、定量化が可能な測定値であり、組織の業績をモニタリングするために使用されます。

注: CUBEKPIMEMBER 関数はブックが Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services 以降のデータ ソースに接続されている場合にのみサポートされます。

書式

CUBEKPIMEMBER(接続, KPI 名, KPI のプロパティ, [キャプション])

CUBEKPIMEMBER 関数の書式には、次の引数があります。

  • 接続    必ず指定します。キューブへの接続名を表す文字列です。

  • KPI 名    必ず指定します。キューブ内の KPI の名前を表す文字列です。

  • KPI のプロパティ    必ず指定します。返される KPI コンポーネントです。次に示すいずれかを指定します。

整数値

列挙定数

説明

1

KPIValue

実際の値です

2

KPIGoal

目標となる値です

3

KPIStatus

ある時点での KPI の状態を表します

4

KPITrend

一定期間の値のメジャーを表します

5

KPIWeight

KPI に割り当てられる相対的重要度を表します

6

KPICurrentTimeMember

KPI の一時的な内容を表します

  • KPI のプロパティに KPIValue を指定すると、KPI 名だけがセルに表示されます。

  • キャプション    省略可能です。KPI 名および KPI のプロパティの代わりにセルに表示される代替テキストです。

解説

  • CUBEKPIMEMBER 関数を使用して評価する場合、すべてのデータを取得する前に、一時的にセル内に "#GETTING_DATA..." というメッセージが表示されます。

  • 計算で KPI を使用するには、CUBEKPIMEMBER 関数を CUBEVALUE 関数のメンバー式の引数として指定します。

  • 接続名がブックに格納されている有効なブック接続でない場合は、エラー値 #NAME? が返されます。オンライン分析処理 (OLAP) サーバーが実行されていない、利用できない、またはエラー メッセージを返す場合も、エラー値 #NAME? が返されます。

  • KPI 名または KPI のプロパティが無効な場合、エラー値 #N/A が返されます。

  • 計算メンバーや名前付きセットなど、ピボットテーブル内のセッションベースのオブジェクトを参照すると、エラー値 #N/A が返されることがあります。これは、接続が共有されていて、そのピボットテーブルが削除された場合、またはピボットテーブルが数式に変換された場合です ([オプション] タブの [ツール] で [OLAP ツール] をクリックし、次に [数式に変換] をクリック)。

使用例

=CUBEKPIMEMBER("Sales","MySalesKPI",1)

= CUBEKPIMEMBER("Sales","MySalesKPI", KPIGoal,"Sales KPI Goal")

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×