CONFIDENCE 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

正規分布を使用した母平均の信頼区間を返します。信頼区間とは、標本平均の片側の範囲のことです。たとえば、メールで製品を注文する場合、特定の信頼度を使用して、製品の最も早い到着日と最も遅い到着日を決定することができます。

書式

CONFIDENCE(alpha,standard_dev,size)

α        信頼度を計算するために使用する有意水準を指定します。信頼度は 100 * (1-α)% で計算されます。つまり、α = 0.05 であるとき、信頼度は 95% になります。

標準偏差        データ範囲に対する母集団の標準偏差を指定します。これは、既知であると仮定されます。

Size     標本数を指定します。

解説

  • 数値以外の引数がある場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • α ≦ 0 またはα ≧ 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 標準偏差 ≦ 0 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 標本数 に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 標本数 < 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • α = 0.05 と仮定した場合、標準正規分布曲線より下の領域で、全体の (1-α)% つまり 95% の範囲を計算する必要があります。この値は ±1.96 となります。その結果、信頼区間は次の数式で表されます。

    数式

使用例

通勤者 50 人の標本において、平均通勤時間が 30 分で母標準偏差が 2.5 である場合、母平均がこの区間内に入る信頼度は 95% となります。

数式

α

標準偏差

数式

説明 (結果)

0.05

.5

50

=CONFIDENCE([α],[標準偏差],[数])

母平均の信頼区間を求めます。平均通勤時間は 30 ± 0.692951 分、つまり 29.3 ~ 30.7 分に相当します。(0.692951)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×