CHAR 関数

数値で指定された文字を返します。CHAR 関数は、他機種のコンピュータ上にあるファイルから取得したコード ページ番号を文字に変換する場合などに使用します。

書式

CHAR(number)

Number 変換する文字を表す 1 ~ 255 の範囲内の数値を指定します。文字は、コンピュータで使用されている文字セットから返されます。

使用例

数式

説明 (計算結果)

=CHAR(65)

セット内で 65 に対応する文字を表示します (A)

=CHAR(33)

セット内で 33 に対応する文字を表示します (!)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×