CDN または DFS から Office 365 ProPlus をインストールするためのベスト プラクティス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

Office 365 ProPlus の展開を計画し、実装する場合、利用可能な展開オプションについて理解することが重要です。この記事では、CDN と DFS クライアントの展開プロセスで使用されるさまざまなアーキテクチャ コンポーネントの概要を示します。

プラットフォーム アーキテクチャ

Office 365 ProPlus は、32 ビット版と 64 ビット版の両方で使用できます。特定のアーキテクチャを選択する前に、利点と欠点を理解する必要があります。

次の表で、64 ビット版の Office を選択する利点と欠点について詳しく説明します。

利点

欠点

64 ビット版は 32 ビット版より多くのメモリに対応できます。

64 ビット版のネイティブ Office 365 ProPlus は、32 ビット版の Office アプリケーションとサード パーティのアドインがインストールされているコンピューターにインストールすることはできません。

Excel 2016 より大きなブックを読み込むことができます。Excel 2016 では、64 ビットのメモリが 32 ビット アプリケーションを制限する 4 ギガバイト (GB) アドレス メモリ境界の外側に移動するアドレスを使用する更新プログラムが適用されました。(以上である必要がありますの Office 365 ProPlus バージョン 1602)。

64 ビット環境で作業するには、マクロとアドインを書き直す必要がある場合があります。

Power Query のような一部のツールは、64 ビット環境でのみサポートされます。

一部のアプリケーションではグラフィックスが正しく表示されない場合があります。

注: 詳細については、 64 ビット版と 32 ビット バージョンの Office 間での選択を参照してください。

組織内のユーザーが、Microsoft ActiveX® コントロール、サードパーティ製アドイン、以前のバージョンの Office を基に構築された社内ソリューション、または Office との間に直接的なインターフェイスがある 32 ビット版のプログラムなど、Office に対する既存の拡張機能に依存している場合は、32 ビットと 64 ビットの両方のオペレーティング システムで 32 ビットを使用することをお勧めします。

4 GB より大きい Excel スプレッドシートを使用している Excel の熟練ユーザーが組織内にいる場合は、64 ビット版の Office 365 ProPlus をインストールできます。また、社内のソリューション開発者がいる場合は、64 ビット版の Office 365 ProPlus で社内ソリューションをテストおよび更新できるように、開発者が 64 ビット版の Office 365 ProPlus にアクセスできるようにすることをお勧めします。

クイック実行のテクノロジ

クイック実行では、Microsoft のインストールとは、Office のインストールに必要し、することが時間が短縮仮想化テクノロジが同じコンピューターに複数のバージョンの Office を実行します。

仮想化テクノロジは、Office をコンピューターで実行するための独立した環境を提供します。この独立した環境では、コンピューターに既にインストールされている他のアプリケーションが変更されないように、Office 製品のファイルと設定用にそれぞれ別の保存場所が提供されます。これにより、最新バージョンの Office と、コンピューターに既にインストールされている以前のバージョンの Office を並列実行することができます。

注記: 

  • コンピューターに既にインストールされている以前のバージョンの Office は、Office 2010、Office 2007、または Office 2003 のいずれかである必要があります。Microsoft では、並列実行の互換性については、N-1 のみをテストしています。

  • インストールする Office のバージョンは同じエディションである必要があります。たとえば、インストールする Office は両方とも 32 ビット版である必要があります。

Office 製品が自己完結的な環境で実行されている場合でも、Office 製品はコンピューターにインストールされている他のアプリケーションとやり取りができます。マクロ、ドキュメント内の自動化、および Office 製品間の相互運用性も機能します。クイック実行は、ローカルにインストールされたアドインおよび依存アプリケーションと連動できるように設計されています。ただし、一部のアドインまたはその他の Office との統合ポイントは、クイック実行の使用時に異なる動作をしたり、正しく機能しなかったりする場合があります。

Office 製品をインストールして実行] をクリックを使用します。これらの機能は、Microsoft Application Virtualization (アプリ V) に含まれているテクノロジに基づいています。

機能の選択

クイック実行の展開の性質上、アプリケーション レベルでカスタマイズと機能を選択することはできません。これは、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、インストール時に使用するためのカスタマイズされた .msp ファイルを生成できる、Office の MSI バージョンとは異なります。

カスタマイズ

Office 構成を決定したら、Office インストールに設定を適用する方法を定義する必要があります。Office 展開のカスタマイズの方法は、主に次の 2 つに分けることができます。

  • 展開中

  • 展開後

展開のカスタマイズ

Office 365 ProPlus インストール アーキテクチャでは、XML 定義ファイルを使用する場合にのみ、展開中のカスタマイズを実行できます。

セットアップ カスタマイズ ファイル (XML)

XML ファイルでは、セットアップとユーザーとの対話方法と、Office 365 ProPlus をインストールして維持する方法を構成します。

XML ファイルでは次のオプションを指定することができます。

  • インストールする言語。

  • インストールするプラットフォーム アーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット)。

  • ライセンス認証機能。

  • インストール ログの用途。

  • 表示情報。

  • 更新の設定。

複数の言語の展開

複数の言語の展開を構成する場合は、これらの言語の展開方法を考慮することが重要です。既定では、セットアップ、XML カスタマイズ ファイルに定義されている要素と一致する言語バージョンのみをインストールします。

複数のライセンスを使用せずに、1 つのコンピューターに複数の言語をインストールすることができます。XML 構成ファイルに定義されている最初の言語が、既定の言語になります。各言語のサイズは 150 MB から 250 MB までです。

展開の準備をする

MSI バージョンの Office では、Office カスタマイズ ツール (OCT) で Office のインストールをカスタマイズできます。OCT ツールを Office 365 ProPlus で利用することはできません。代わりに、グループ ポリシーを使ってカスタマイズします。

Office 2016 管理用テンプレート ファイルを新しい設定で更新し、Office 365 ProPlus の外観を制御します。

言語

Office 365 ProPlus 言語は初期インストール中にインストールすることをお勧めします。インストール後に言語を展開することもできます。Office 365 ProPlus でサポートされている言語は「言語識別子」で確認できます。

Office アプリケーション

Office 365 ProPlus にはアプリケーションがいくつか付属しています (Office 365 ProPlus を参照)。InfoPath は Office 365 ProPlus には付属していませんが、Office 365 ProPlus サブスクライバーは利用可能です。Office 365 ProPlus サブスクリプション用の InfoPath 2013 はこちらからダウンロードできます。

  • アプリケーションを確認します。

  • 展開するアプリケーションを決定します。

Visio と Project 2016

Visio 2016 と Project 2016 は Office 365 ProPlus に付属していないため、別途ライセンスが必要になります。ボリューム ライセンス版の Project と Visio 2016 をインストールできます。要件については、「Office 展開ツールを使用して Visio 2016 および Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする」を参照してください。インストールでは C2R テクノロジを利用しますが、従来の MAK/KMS システムを使ってライセンス認証を行います。

従来の Office の並列または削除

  • 並列 - Office ProPlus のインストール時に従来のバージョンの Office を削除することをお勧めします。パイロット展開時の限られたテストでのみ、並列を使用する必要があります。

  • 従来の Office の削除 - 特定のバージョンの Office で OffScrub を利用する場合は、従来のバージョンの Office を削除することをお勧めします。OffScrub は Premier で完全にサポートされているため、必要なバージョンを取得するにはサポートに問い合わせる必要があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×