Business Contact Manager データベース内のエラーをチェックする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Business Contact Manager データベースの効率を高めるためには、エラーをチェックすることがありますをお勧めします。このプロセスには、データベースも限られます。

注意:  データベースを共有している場合は、データベースのエラーをチェックする前に、他のすべてのユーザーに Outlook を終了するように依頼してください。これにより、このプロセスの実行中に問題が発生するのを回避できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [エラーのチェック] をクリックします。

  4. [エラーのチェック] ダイアログ ボックスで、[開始] をクリックします。

    このプロセスにより、データベースの最適化とエラーのチェックが行われます。[詳細] ウィンドウに、スキャンの結果が表示されます。

  5. プロセスが完了したら、[閉じる] をクリックします。

ヒント: データの一部を移動できなかったという内容のエラー メッセージが表示された場合でも、データベースの機能は完全に維持されている可能性があります。パフォーマンスを最適化するために、データベースの最適化を再度実行してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×