Business Contact Manager データベースを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Business Contact Manager for Outlook のデータベースを管理するには、データベース サイズの確認、新規データベースの作成または別のデータベースの選択、データベース内のエラーのクリーンアップおよびチェック、データベースの削除、さまざまな機能を実際に使用しているデータベースで使用する前に試行するためのサンプルのビジネス データベースへの切り替えなどが必要な場合があります。

ここでは、データベース サイズの確認、および Sample Business への切り替えについて説明します。また、データベースの作成または選択、既存データベース内のエラーのチェック、およびデータベースの削除について説明する各記事へのリンクも紹介します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データベース サイズの確認

データベースの作成または選択

データベース内のエラーのチェック

データベースを削除する

サンプルのビジネス データベースの使用

サンプルのビジネス データベースに切り替える

サンプルのビジネス データベースから実際に使用しているデータベースへの切り替え

データベース サイズの確認

Business Contact Manager for Outlook では、Microsoft SQL Server の機能縮小版である Microsoft SQL Server Express が使用されており、最大 4 GB のデータベースがサポートされます。Business Contact Manager レコードにファイルをリンクする代わりに添付した場合、添付ファイルによりデータベース サイズは増大します。データベースの空き容量を確認するには、データベース サイズを確認します。製品版の Microsoft SQL Server を使用している場合は、4 GB のサイズ制限はありません。

ヒント: 共有データベースの場合で、ネットワークにアクセスできないユーザーがコミュニケーション履歴内のファイルへのアクセスを必要としている場合は、対象のファイルをコミュニケーション履歴にリンクする代わりに、レコードの [コメント] セクションに添付します。ファイルを添付すると、データベース サイズが増大することに注意してください。共有データベースの詳細については、「他のユーザーと Business Contact Manager データを共有する」を参照してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックします。

  3. [データベースの管理] セクションを確認します。

    • データベース サイズ    データベースに適用されている 4,000 MB (4 GB) の制限内の、使用領域のサイズが表示されます。

[データベースの管理] セクションには、次の情報も表示されます。

  • データベース名    コンピューター名およびデータベース名が表示されます (<コンピューター名¥データベース名>)。共有データベースの場合は、ユーザーがデータベースに接続するときにこの情報が必要になります。

  • データベースの所有者    ドメイン名またはワークグループ名、およびデータベースの所有者名が表示されます (<ドメイン名またはワークグループ名¥データベースの所有者名>)。

ページの先頭へ

データベースの作成または選択

Business Contact Manager for Outlookは、レコードを作成または選択するBusiness Contact Manager databaseとして、ビジネス データを格納します。まずBusiness Contact Manager for Outlookをインストールするか既存の選択を実行するときは、データベースを作成することができます。いつでも新しいデータベースを作成することもできます。

Business Contact Manager で選択するデータベースのバージョンが、お使いの Microsoft Office のバージョンと一致していることを確認してください。

詳細については、次を参照してください。カスタム スタートアップ: Business Contact Manager データベースを選択だけをインストールした場合Business Contact Manager for Outlook、または作成または選択新しい Business Contact Manager データベースBusiness Contact Manager for Outlook、既に使用していると、データベースの変更、または新しいアカウントを作成する場合、します。

警告:  Microsoft Office 2013 の試用版をインストールした後で、それよりも前のバージョンの Microsoft Office に戻す場合は、最初にデータをバックアップしてください。Business Contact Manager for Outlook データベースと Business Contact Manager for Outlook 2010 データベースの両方のコピーを保存しておく必要があります (同期させて 1 つのバックアップ データベースに出力する)。これは、試用版を使っている間に加えた変更がわかるようにするためです。詳しい手順については、「以前のバージョンの Business Contact Manager および Microsoft Office に戻す」をご覧ください。

 ページの先頭へ

データベース内のエラーのチェック

データベースの効率を高めるためには、場合によってを確認することのエラー、 Business Contact Manager databaseのTE000129525を実行して、お勧めします。詳細については、「 Business Contact Manager データベース内のエラーをチェック」を参照してください。

注意: 共有データベースのエラーをチェックする場合は、エラーを避けるために、対象のデータベースを使用しているすべてのユーザーに事前に Outlook を終了するように依頼する必要があります。

 ページの先頭へ

データベースを削除する

古いバージョンの Business Contact Manager データベースや不要になったデータベースを削除する必要があることがあります。詳細については、「Business Contact Manager のデータベースを削除する」を参照してください。

重要: データベースは、削除すると復元できません。このため、削除する前に、データベースのバックアップ ファイルを作成することをお勧めします。詳細については、「Business Contact Manager データのバックアップが必要な理由」を参照してください。

 ページの先頭へ

サンプルのビジネス データベースの使用

Business Contact Manager for Outlook には、入力済みのデータベースとはどのようなものであるかの確認や、データベースの使用に慣れるために役立つサンプルのデータベースが含まれています。

サンプル データベースには、架空の会社である飛騨物産株式会社のビジネス データが含まれています。サンプル データベースを使用して、ワークスペースの構成、独自のフォームの作成と名前付け、レコードの検索など、考えられるあらゆる操作を、実際に使用するビジネス データを損なうことなく練習できます。詳細については、「飛騨物産株式会社とサンプルのビジネス データベースについて」を参照してください。

注: 一時的にサンプルのビジネス データベースを使用しても、ビジネスで実際に使用するデータベースに影響はありません。

サンプルのビジネス データベースへの切り替え

サンプルのビジネス データベースは、いつでも切り替えて練習できます。実際に使用しているデータベースには、いつでも戻ることができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [サンプル ビジネス データに切り替え] をクリックします。

  4. [サンプル ビジネス データに切り替え] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。

プロセスを完了して [サンプル ビジネス データに切り替え] ダイアログ ボックスを閉じると、サンプルのビジネス データベースを使用できます。

サンプルのビジネス データベースから実際に使用しているデータベースへの切り替え

サンプルのビジネス データベースで練習しているときは、いつでも実際に使用しているデータベースに戻ることができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [マイ ビジネスに切り替え] をクリックします。

    注:  [マイ ビジネスに切り替え] オプションは、サンプルのデータベースを使用している場合にのみ表示されます。

  4. [マイ ビジネスに切り替え] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。

プロセスを完了して [マイ ビジネスに切り替え] ダイアログ ボックスを閉じると、サンプルのビジネス データベースに切り替える前に使用していたデータベースを使用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×