Business Contact Manager データベースを管理する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Business Contact Manager for Outlook のデータベースを管理するには、データベース サイズの確認、新規データベースの作成または別のデータベースの選択、データベース内のエラーのクリーンアップおよびチェック、データベースの削除、さまざまな機能を実際に使用しているデータベースで使用する前に試行するためのサンプルのビジネス データベースへの切り替えなどが必要な場合があります。

ここでは、データベース サイズの確認、および Sample Business への切り替えについて説明します。また、データベースの作成または選択、既存データベース内のエラーのチェック、およびデータベースの削除について説明する各記事へのリンクも紹介します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データベースのサイズを確認します。

データベースを作成または選択

データベース内のエラーをチェックします。

データベースを削除します。

サンプルのビジネス データベースを使用します。

サンプルのビジネス データベースに切り替える

サンプルのビジネス データベースからデータベースに切り替える

データベース サイズを確認する

Business Contact Manager for Outlook では、Microsoft SQL Server の機能縮小版である Microsoft SQL Server Express が使用されており、最大 4 GB のデータベースがサポートされます。Business Contact Manager レコードにファイルをリンクする代わりに添付した場合、添付ファイルによりデータベース サイズは増大します。データベースの空き容量を確認するには、データベース サイズを確認します。製品版の Microsoft SQL Server を使用している場合は、4 GB のサイズ制限はありません。

ヒント: データベースが共有され、ユーザーがネットワークへのアクセスはありませんが、コミュニケーション履歴に記載されているファイルにアクセスする必要がある場合の通信にファイルをリンクするのではなく、レコードには、 [コメント] セクション内のファイルを添付します。履歴です。接続されているファイルがデータベースのサイズを大きくことに留意してください。データベースの共有の詳細については、その他のユーザーとの Business Contact Manager データの共有を参照してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックします。

  3. [データベースの管理] セクションを確認します。

    • データベース サイズ    データベースに適用されている 4,000 MB (4 GB) の制限内の、使用領域のサイズが表示されます。

[データベースの管理] セクションには、次の情報も表示されます。

  • データベース名    コンピューター名およびデータベース名が表示されます (<コンピューター名¥データベース名>)。共有データベースの場合は、ユーザーがデータベースに接続するときにこの情報が必要になります。

  • データベースの所有者    ドメイン名またはワークグループ名、およびデータベースの所有者名が表示されます (<ドメイン名またはワークグループ名¥データベースの所有者名>)。

ページの先頭へ

データベースを作成または選択する

Business Contact Manager for Outlookは、レコードを作成または選択するBusiness Contact Manager データベースとして、ビジネス データを格納します。まずBusiness Contact Manager for Outlookをインストールするか既存の選択を実行するときは、データベースを作成することができます。いつでも新しいデータベースを作成することもできます。

Business Contact Manager で選択するデータベースのバージョンが、お使いの Microsoft Office のバージョンと一致していることを確認してください。

詳細については、次を参照してくださいカスタム スタートアップ: Business Contact Manager データベースを選択だけをインストールした場合Business Contact Manager for Outlook、または作成または新しい Business Contact Manager データベースを選択してBusiness Contact Manager for Outlook、既に使っている場合は、。データベースを変更または新しいアカウントを作成する場合します。

警告: Microsoft Office 2013 の試用版をインストールまず、データのバックアップを以前のバージョンの Microsoft Office] に戻るになった場合します。試用版を使用中に加えた変更を表示するのには、Business Contact Manager for Outlook データベースと、Business Contact Manager for Outlook 2010 のデータベース (1 つのバックアップ データベースに同期) の両方のコピーを保存する必要があります。完全な手順については、以前のバージョンの Business Contact Manager と Microsoft Office に戻るを参照してください。

 ページの先頭へ

データベース内のエラーをチェックする

データベースの効率を高めるためには、場合によってを確認することのエラー、 Business Contact Manager データベースのTE000129525を実行して、お勧めします。詳細については、「 Business Contact Manager データベース内のエラーをチェック」を参照してください。

注意:  共有データベースのエラーをチェックする場合は、エラーを避けるために、対象のデータベースを使用しているすべてのユーザーに事前に Outlook を終了するように依頼する必要があります。

 ページの先頭へ

データベースを削除する

以前のバージョンの Business Contact Manager データベース、または不要になったデータベースを削除する必要があります。詳細については、削除、または Business Contact Manager でデータベースを削除するを参照してください。

重要: データベースを削除する場合は、データベースを復元できません。このため、削除する前に、データベースのバックアップ ファイルを作成することをお勧めがある可能性があります。詳細については、「 Business Contact Manager データをバックアップする必要がある理由」を参照してください。

 ページの先頭へ

サンプルのビジネス データベースを使用する

Business Contact Manager for Outlook には、入力済みのデータベースとはどのようなものであるかの確認や、データベースの使用に慣れるために役立つサンプルのデータベースが含まれています。

サンプルのデータベースには、架空 Adventure Works 自転車会社のビジネス データが含まれています。サンプルのデータベースを使用すると、ワークスペースを構成し、作成、および独自のフォームの名前を付ける練習をレコード、またはすべてすると、ビジネス データを損なうことがなくには、すべてを検索します。詳細については、 Adventure Works については、サンプルのビジネス データベースを参照してください。

注: 一時的にサンプルのビジネス データベースを使用しても、ビジネスで実際に使用するデータベースに影響はありません。

サンプルのビジネス データベースに切り替える

サンプルのビジネス データベースは、いつでも切り替えて練習できます。実際に使用しているデータベースには、いつでも戻ることができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [サンプル ビジネス データに切り替え] をクリックします。

  4. [サンプル ビジネス データに切り替え] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。

プロセスを完了して [サンプル ビジネス データに切り替え] ダイアログ ボックスを閉じると、サンプルのビジネス データベースを使用できます。

サンプルのビジネス データベースから実際に使用しているデータベースに切り替える

サンプルのビジネス データベースで練習しているときは、いつでも実際に使用しているデータベースに戻ることができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [マイ ビジネスに切り替え] をクリックします。

    注:  [マイ ビジネスに切り替え] オプションは、サンプルのデータベースを使用している場合にのみ表示されます。

  4. [マイ ビジネスに切り替え] ダイアログ ボックスで、[次へ] をクリックします。

プロセスを完了して [マイ ビジネスに切り替え] ダイアログ ボックスを閉じると、サンプルのビジネス データベースに切り替える前に使用していたデータベースを使用できます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×