Business Contact Manager データベースを他のコンピューター上のユーザーと共有できるように Windows の設定を変更する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

Business Contact Manager データベース を他のコンピューター上のユーザーと共有する前に、お客様または管理者は Microsoft Windows の設定の一部を変更する必要があります。 変更しないと、ユーザーはコンピューター上の共有データベースに接続できません。

注: Windows XP Home を使用している場合、ネットワーク経由の共有はサポートされていないため、同一コンピューター上のユーザーとしかデータベースを共有できません。

重要: 次の変更は、管理者のみが実行できます。

原因

Windows ファイアウォールや簡易ファイルの共有などの Windows 機能は、コンピューター上のデータ保護を支援するように設計されています。他のユーザーがお客様のコンピューター上のデータにアクセスできるようにするには、これらの機能の設定を変更します。

解決法

注: これらの変更はすべて、共有の管理ウィザードで実行できます。 この手順が必要になることはほとんどありません。

管理者としてログオンして、次の変更を行います (管理者ではない場合は、管理者に次の情報を提供して設定を変更してもらいます)。

Windows の設定を変更する

次の手順を使用すると、追加の変更を手動で行う前に、変更の影響を理解して現在の設定を確認することができます。

Windows XP の場合

  • Windows ファイアウォールの設定を変更する

    ユーザーがリモート コンピューターからお客様の共有データベースにアクセスできるようにするには、Windows ファイアウォール経由の接続を許可する (例外と呼ばれます) 必要があります。 また、例外リストに [ファイルとプリンターの共有] を追加する必要があります。

    注: [Microsoft セキュリティ センター] の [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [例外を許可しない] チェック ボックスがオンになっている場合、Business Contact Manager データベースを他のコンピューター上のユーザーと共有することはできません。 既定では、例外は許可されません。 ファイアウォール設定を変更すると、ユーザーが共有データベースにアクセスできるように、Business Contact Manager for Outlook によってこのチェック ボックスが自動的にオフになります。 Windows ファイアウォールの既存の設定により、まれにこのチェック ボックスが自動的にオフにならないことがあるため、必要な場合は手動で [例外を許可しない] チェック ボックスをオフにします。

    既定では、ファイアウォールの例外は、コンピューターが属しているローカル サブネット (大規模なネットワークを小規模なネットワークに分割するためにコンピューターの IP アドレスと共に使用される番号) に対してのみ設定されます。 これにより、そのサブネットに属しているユーザーとコンピューターのみが共有データベースにアクセスできます。

    サブネットに属していないコンピューター上のユーザーが共有データベースにアクセスできるようにするには、次の操作を行います。

    1. [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] で [クラシック表示] に切り替えます。

    3. [Windows ファイアウォール] をダブルクリックします。

    4. [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスの [例外] タブをクリックします。

    5. [Microsoft Small Business] をクリックして、[編集] をクリックします。

    6. [スコープの変更] をクリックします。

    7. 次のいずれかのオプションを選びます。

      • [カスタム リスト] をクリックして、1 つ以上の IP アドレスをカンマで区切って入力します。

      • [任意のコンピューター (インターネット上のコンピューターを含む)] をクリックします。

    8. [OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

      ファイアウォールの追加情報

      Microsoft Windows に付属するファイアウォール以外のファイアウォール (ネットワーク ルーターやウイルス対策ソフトウェアのファイアウォールなど) を使用していて、ファイアウォールの外側のコンピューターとデータを共有する場合、Business Contact Manager for Outlook ではデータベース共有に必要なポートを開けないことがあります。 ファイアウォールの外側のユーザーとデータベースを共有できない場合は、TCP ポート 5356 を開いてデータベースを共有する必要があります。 このポートを開く方法の詳細については、ファイアウォールのマニュアルを参照してください。

      すべての共有データベースを削除した場合に、データベースを共有することを選んだときに、コンピューターのファイアウォールおよび Microsoft SQL Server Native Client ネットワーク プロトコルに対する変更が有効になっています。既定の設定に、ファイアウォールと SQL Server Native Client ネットワーク プロトコルを復元する場合は、各データベースの共有を停止し、データベースを削除します。詳細については、[ Business Contact Manager データの他のユーザーとの共有を削除するかデータベースを削除するには、Business Contact Managerで、[データベース] セクションの共有の停止を参照してください。

  • [ファイルとプリンターの共有] の設定を変更する

    Business Contact Manager for Outlook では、まれに、必要な Windows ファイアウォールの設定を自動的に行えない場合があります。 このような場合は、接続を許可する例外として [ファイルとプリンターの共有] を手動で選ぶ必要があります。

    [ファイルとプリンターの共有] チェック ボックスをオンにします。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] の [Windows ファイアウォール] をクリックします。

    3. [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスの [例外] タブをクリックします。

    4. [例外] タブで、[ファイルとプリンターの共有] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  • 簡易ファイルの共有設定を変更する

    簡易ファイルの共有では、すべてのリモート ユーザーがゲスト ユーザーとして扱われます。 データベースにアクセスできるユーザーを管理するには、個別のユーザー アクセスを許可する必要があります。そのためには、[簡易ファイルの共有を使用する] チェック ボックスをオフにする必要があります。

    [簡易ファイルの共有] チェック ボックスをオフにします。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] の [フォルダー オプション] をクリックします。

    3. [フォルダー オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブをクリックします。

    4. [表示] タブの [簡易ファイルの共有を使用する (推奨)] チェック ボックスをオフにします。

    5. [OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

Windows Vista の場合

  • Windows ファイアウォールの設定を変更する

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] で [クラシック表示] に切り替えます。

    3. [Windows ファイアウォール] をダブルクリックします。

    4. [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスで、[Windows ファイアウォールは有効です] の横の [設定の変更] をクリックします。

    5. [Windows ファイアウォールの設定] ダイアログ ボックスの [例外] タブをクリックします。

    6. [Microsoft Small Business] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

    7. [スコープの変更] をクリックします。

    8. 次のいずれかの操作を行います。

      • [任意のコンピューター (インターネット上のコンピューターを含む)] をクリックします。

      • [カスタム リスト] をクリックして、1 つ以上の IP アドレスをカンマで区切って入力します。

    9. [OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

      注: [Windows ファイアウォール設定] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [すべての着信接続をブロックする] チェック ボックスがオンになっている場合は、Business Contact Manager for Outlook を実行できません。 既定では、例外は許可されません。 ファイアウォール設定を変更すると、ユーザーが共有データベースにアクセスできるように、Business Contact Manager for Outlook によってこのチェック ボックスが自動的にオフになります。 Windows ファイアウォールの既存の設定により、まれにこのチェック ボックスが自動的にオフにならないことがあるため、[すべての着信接続をブロックする] チェック ボックスを手動でオフにする必要性が生じる場合があります。

  • [ファイルとプリンターの共有] の設定を変更する

    Business Contact Manager for Outlook では、まれに、必要な Windows ファイアウォールの設定を自動的に行えない場合があります。 このような場合は、接続を許可する例外として [ファイルとプリンターの共有] を手動で選ぶ必要があります。

    [ファイルとプリンターの共有] チェック ボックスをオンにします。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コントロール パネル] で [クラシック表示] に切り替えます。

    3. [Windows ファイアウォール] をダブルクリックします。

    4. [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[Windows ファイアウォールによるプログラムの許可] をクリックします。

    5. [例外] タブで、[ファイルとプリンターの共有] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

Windows 7 の場合

  • Windows ファイアウォールの設定を変更する

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [システムとセキュリティ] をクリックして、[Windows ファイアウォール] をクリックします。

    3. 左側のウィンドウで、[詳細設定] をクリックします。

      注: [ユーザー アカウント制御] メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    4. [セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] ウィンドウで、[受信の規則] をクリックします。

    5. 中央のウィンドウの [受信の規則] で、[Microsoft Small Business] をダブルクリックします。

    6. [Microsoft Small Business のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[範囲] タブをクリックします。

    7. 次のいずれかの操作を行います。

      • [ローカル IP アドレス] と [リモート IP アドレス] で [任意の IP アドレス] をクリックします。

      • [ローカル IP アドレス] と [リモート IP アドレス] で [これらの IP アドレス] をクリックして、1 つ以上の IP アドレスを追加します。

    注: これらの設定の詳細については、[範囲の設定の詳細を表示します] をクリックして確認してください。

    1. [OK] をクリックします。

  • [ファイルとプリンターの共有] の設定を変更する

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [システムとセキュリティ] をクリックして、[Windows ファイアウォール] をクリックします。

    3. 左側のウィンドウで、[Windows ファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する] をクリックします。

    4. [設定の変更] ボタンをクリックします。

      注: [ユーザー アカウント制御] メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    5. [許可されたプログラムおよび機能] の一覧で、[ファイルとプリンターの共有] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

Microsoft SQL Server Express を再設定する

リモート コンピューターのユーザーが共有データベースにアクセスできるように Microsoft SQL Server Express 2008 を再設定する

既定では、SQL Server Express 2008 は、Business Contact Manager for Outlook によってインストールされるときに、接続先をローカル コンピューターのユーザーだけに限定するように設定されます。

Business Contact Manager for Outlook は、Business Contact Manager データベースが共有されるときに、自動的にネットワーク サポートをアクティブにして、TCP/IP プロトコルと名前付きパイプ プロトコルの両方を有効にすることで、他のコンピューターのユーザーが共有データベースに接続できるようにします。

手動でネットワーク サポートをアクティブにして、ユーザーがリモート コンピューターからこのデータベースにアクセスできるようにするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックして、[すべてのプログラム] をポイントします。

  2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックします。

  3. [構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

  4. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側のウィンドウで、[SQL Server ネットワークの構成] を展開して、[MSSMLBIZ のプロトコル] を選びます。

  5. 右側のウィンドウで、[名前付きパイプ] を右クリックして、[有効にする] をクリックします。

  6. 右側のウィンドウで、[TCP/IP] を右クリックして、[有効にする] をクリックします。

[SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウを閉じます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×