Business Contact Manager のデータベースを削除する

Business Contact Manager for Outlook を使用すると、ビジネス データは Outlook Business Contact Manager for Outlookプロファイルに関連付けられた Business Contact Manager データベースに格納されます。少なくとも 1 つのデータベースに接続する必要がありますが、他のデータベースを利用することもできます。プロファイルに関連付けられたデータベースとの接続を切断すると、そのデータベースに再接続するか、別のプロファイルを使用してデータベースに接続できます。ただし、データベースを削除した場合、データベースは復元できません。

重要: プロファイルに関連付けられたデータベースのみを削除すると、Business Contact Manager for Outlook を使用できなくなります。

Business Contact Manager データベースを残したままプロファイルからデータ ファイルを削除する

  1. Business Contact Manager データベースに関連付けられたプロファイルを使用して Outlook を開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  4. [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、[データ ファイル] タブをクリックします。

  5. 一覧で、プロファイルから削除するデータベースを選択し、[削除] をクリックします。

データベースを削除する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックし、[データベースの管理] をクリックします。

  3. [データベースの削除] をクリックします。

  4. [データベースの削除] ダイアログ ボックスで、削除するデータベースの名前をクリックし、[データベースの削除] をクリックします。

    注記: 

    • 一覧に 1 つのデータベースのみが表示される場合、[データベースの削除] は使用できません。

    • データベース所有者でない場合、[データベースの削除] は使用できません。Business Contact Manager for Outlookプロファイルデータベース所有者のみがデータベースを削除できます。

  5. [削除] ダイアログ ボックスで、データベースを完全に削除する場合は、[はい] をクリックします。

  6. [データベースの削除] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。

注: 共有されているデータベースを削除しても、データベースの共有を選択したときにファイアウォールおよび Microsoft SQL Server ネットワーク プロトコルに対して行った変更は有効のままになります。ファイアウォールおよび Microsoft SQL Server ネットワーク プロトコルを以前の設定に戻すには、各データベースの共有を停止した後で、データベースを削除する必要があります。データベースの共有を停止する方法については、「他のユーザーと Business Contact Manager データを共有する」の「データベースの共有を停止する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×