Business Contact Manager で連絡先カードを使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

お使いの製品の一部に興味を持っている潜在顧客から電子メール メッセージを受信しました。自分のメッセージから、使用すると呼ばれていましたアンナしこの連絡先の潜在顧客レコードを作成するには、十分な情報があるかがわかります。Business Contact Manager for Outlookでレコードを作成するのには、連絡先カードを使用します。

ここでは、Business Contact Manager for Outlook の連絡先カード機能、この機能の使い方、カードに表示される情報の選び方について説明します。

この記事の内容

連絡先カードとは何ですか。

連絡先カードからレコードを作成します。

連絡先カードに表示されているフィールドを選ぶ

連絡先カードとは

Business Contact Manager for Outlook では、ビジネス データに固有の情報を追加するために、Microsoft Outlook 2010 の連絡先カード機能が導入されました。 受信トレイ、アカウントレコード、ビジネス用連絡先レコード、またはプレゼンス インジケーターが表示されるその他の場所 (Outlook Communicator の色付きの点など) でメール アドレスを右クリックするか、その上にマウス カーソルを移動すると、連絡先カードの上部が表示されます。

連絡先カードの上の部分
電子メール アドレスを右クリックすると、連絡先カードの上部が表示されます。

連絡先カードは、重要なビジネス タスクにアクセスする手段としても使えます。 カードには、役職、部署、電話番号、予定表の個人のスケジュールされたイベントなど、連絡先の基本情報が表示されます。

連絡先カード
連絡先カード全体を表示するには、電子メール アドレスをダブルクリックします。

連絡先にメールを送信する、インスタント メッセージの会話を開始する、Office Communicator を使って連絡先に電話するなど、Microsoft Outlook で実行していた操作は、連絡先カードからすべて実行できます。 [オプション] をクリックすると、アドレス帳のレコードを検索する、取引先企業レコードまたはビジネス用連絡先レコードを作成する (レコードが存在しない場合)、会議をスケジュールする、ビデオ通話を開始するなど、その他の操作を実行できます。

注:  Office Communicator は、Microsoft Office のインストールに付属していない可能性があります。

ページの先頭へ

連絡先カードからレコードを作成する

  1. メール アドレスを右クリックして、連絡先カードの上部を開きます。

  2. [Business Contact Manager で作成] をポイントして、作成する取引先企業レコードまたはビジネス用連絡先レコードの種類をクリックします。

    注: カスタムのレコードの種類を作成している場合は、カスタムのレコードの種類も表示されます。

    選んだフォームが開き、既に入力されている連絡先のデータの一部が表示されます。

  3. フォームに情報を入力したら、[保存して閉じる] をクリックして新しいレコードを保存します。

レコードを作成する前に、連絡先カードの検索機能を使って、この人物のデータベース内にレコードが既に存在しているかどうかを調べることができます。

ページの先頭へ

連絡先カードに表示されるフィールドを選ぶ

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [Business Contact Manager] タブをクリックします。

  3. [カスタマイズ] をクリックして、[連絡先カードのフィールドの選択] をクリックします。

  4. [レコードの種類の選択] ボックスの一覧で、変更する連絡先カードのレコードの種類をクリックします。

    注:  カスタムのレコードの種類を作成している場合は、カスタムのレコードの種類も表示されます。

  5. [使用可能なフィールド] ボックスの一覧で、フィールドをクリックし、[追加] をクリックして、新しいフィールドを挿入します。

    注: カードに表示できるフィールドの数は最大で 8 つなので、カスタマイズ中にフィールドの削除が必要になる場合があります。 [連絡先カードのフィールド] ボックスの一覧で、削除するフィールドをクリックして、[削除] をクリックします。

  6. 一覧内でフィールドを上または下に移動するには、フィールドをクリックして、上向き矢印ボタンまたは下向き矢印ボタンをクリックして、フィールドを連絡先カードの目的の位置に移動します。

  7. すべての変更を元に戻す場合は、[リセット] をクリックします。 これで、連絡先カードの既定の表示設定が復元されます。

  8. [OK] をクリックします。

変更は、数分以内に連絡先カードに反映されます。 反映されない場合は、Business Contact Manager for Outlook を再起動する必要があります。

注記: 

  • 連絡先カードのカスタマイズ内容が連絡先カードにすぐに反映されない場合は、表示しているレコードの種類のカードをカスタマイズしたかどうかを確認します。

  • 変更が連絡先カードに反映されず、表示しているレコードの種類に対して変更を加えたことを確認したら、Outlook を再起動します。

連絡先カードに対して行った変更は、Business Contact Manager のカスタマイズとしてエクスポートされません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×