Business Contact Manager で製品やサービスを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Business Contact Manager for Outlook 2010 を使用すると、ビジネスで使用する製品/サービス項目を管理できます。品目の説明、単価、および各品目の価格を登録することもできます。

製品およびサービス項目のリストをインポートするには、別のプログラムからまたは製品やサービスを個別に追加することができます。製品およびサービス項目を営業案件レコードを追加するときに、アイテムについては、既定の数量や価格など特定の顧客ごとにも変更できます。

ここでは、製品やサービスの一覧をインポートする方法、一覧自体または一覧にある単一の品目を編集する方法、一覧から品目を削除する方法、および一覧で使用されている通貨設定を変更する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

製品やサービスの一覧を作成してインポートする

製品またはサービスを一覧に追加する

製品またはサービスの項目を編集します。

製品またはサービス項目を削除する

製品またはサービスを営業案件レコードに追加する

営業案件レコードの製品およびサービス項目を変更します。

品目一覧で使用する通貨を変更する

製品やサービスの一覧を作成してインポートする

製品/サービスの一覧を Business Contact Manager for Outlook にインポートするには、品目の一覧を作成し、その一覧をコンマ区切り値ファイル (.csv) として保存します。.csv ファイルの最初の行は、一覧の列見出しにする必要があるので、一覧の最初の行は列見出しで構成するようにします。

製品/サービス項目の一覧を .csv ファイル形式で正常にインポートするには、次の条件を満たしている必要があります。

  • インポートする品目ごとにファイル内で個別の行を作成する必要がある。

  • 各品目レコードには、"品目名"、"品目の説明"、および "単価" の 3 つのフィールドが含まれている必要がある。

  • 各フィールドはコンマで区切る必要がある (コンマの前後にスペースは不要)。

.csv ファイルでは、次のいずれかの列配置を使用できます。

3 列配置

品目名説明単価

品目名、説明、および単価を、通常どおりスペースを空けて入力します。ただし、列見出しの間にはスペースを入れないでください。情報は次のような形式にする必要があります。

品目名 1,品目の説明 1,単価 1

品目名 2,品目の説明 2,単価 2

必要に応じて、品目の数量を入力する 4 番目のフィールドと、単位原価を入力する 5 番目のフィールドを追加することもできます。

4 列配置

品目名説明単価数量

品目名、説明、および単価を、通常どおりスペースを空けて入力します。ただし、列見出しの間にはスペースを入れないでください。情報は次のような形式にする必要があります。

品目名 1,品目の説明 1,単価 1,数量 1

5 列配置

品目名説明単価数量単位原価

品目名、説明、および単価を、通常どおりスペースを空けて入力します。ただし、列見出しの間にはスペースを入れないでください。情報は次のような形式にする必要があります。

品目名 1,品目の説明 1,単価 1,数量 1,単位原価 1

Excel の例

2 項目で構成される一覧が Excel でどのように表示されるかを次に示します。この一覧は、見出し行とそれに続く各項目の行で構成されています。

品目名

説明

単価

自転車チェーン

チタン 48

56.50

飲料水ボトル

透き通った青色

11.75

メモ帳の例

メモ帳などのテキスト エディターでファイルを編集する場合は、インポートする品目ごとにファイル内で個別の行を作成し、各行内の項目をコンマで区切ります (コンマの前後にスペースは不要)。この場合も、最初の行は見出しテキストとして扱われます。

品目名,説明,単価
自転車チェーン,チタン 48,56.50
飲料水ボトル,透き通った青色,11.75

句読点および金額に関するガイドライン

製品の価格と数量には、通貨記号や句読点を含めることはできません。唯一の例外として、通貨には小数点を使用できます。次に例を示します。

  • 整数の金額、たとえば 1 万を入力する場合は、「10000」と入力します。

  • 端数を含む金額 (価格など) の場合は、小数点を含めます。10 円 50 銭の場合は「10.50」と入力します。

製品とサービスの一覧をインポートする

.csv ファイルを作成したら、ファイルをインポートできます。インポート時には、既存の製品/サービス項目の一覧に新しい品目を追加するか、既存の一覧を新しい一覧で置き換えるかを選択できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] で、[製品とサービス] をクリックします。

  3. [製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[インポート] をクリックして、製品およびサービス品目をインポート ウィザードの指示に従って操作します。

    注: ログ ファイルのエラー メッセージを既存の項目を上書きする、インポートをもう一度開始] をクリックして、既存のリストをこのファイル内のアイテムを置換するファイルの項目を追加し、アイテムは、既に Business Contact Manager for Outlook の場合、 インポート製品およびサービス項目] ダイアログ ボックス。

    Business Contact Manager for Outlook に .csv ファイルをインポートする方法の詳細については、「Business Contact Manager にデータをインポートする」を参照してください。

ページの先頭へ

製品またはサービスを一覧に追加する

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] で、[製品とサービス] をクリックします。

  3. [製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスで、"項目名"、"説明"、"既定の数量"、"単位原価"、および "単価" の各フィールドに値を入力します。

    "値上げ" フィールドは自動的に計算されます。

    詳細について詳しくは製品とサービスの項目を追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスで追加することができます。

    フィールド

    説明

    項目名

    製品またはサービス項目名を入力します。

    説明

    製品またはサービスの説明を入力します。

    既定の数量

    通常 1 回で販売する製品またはサービスの数を入力します。既定の数量は 1 です。

    単位原価

    製品またはサービス 1 単位にかかる費用を入力します。

    値上げ

    単位原価と単価の差額が自動的に計算され、"値上げ" フィールドに表示されます。

    単価

    製品またはサービス 1 単位の価格を入力します。

    品目が課税対象である場合は、[課税対象] をオンにします。

  5. 製品またはサービスにかかる税額を計算する必要がある場合は、[課税対象] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 多くの地域では、販売する商品やサービスの価格に消費税を追加する必要があります。地域の税金担当部門の Web サイトを参照して、その地域でどのような税金が適用されるのか確認してください。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • [次を追加] をクリックして品目を一覧に保存し、製品またはサービス項目を追加します。

    • [保存] をクリックして品目を一覧に追加し、ダイアログ ボックスを閉じます。

ページの先頭へ

製品またはサービス項目を編集する

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] で、[製品とサービス] をクリックします。

  3. [製品とサービス] ダイアログ ボックスで、品目をクリックし、[編集] をクリックします。

  4. [製品またはサービスの編集] ダイアログ ボックスで、必要に応じて "項目名"、"説明"、"既定の数量"、"単位原価"、または "単価" の各フィールドの情報を変更します。

    [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスで更新できるフィールドの詳細情報については、「製品またはサービスを一覧に追加する」を参照してください。

  5. [保存] をクリックします。

  6. [OK] をクリックして [製品とサービス] ダイアログ ボックスを閉じるか、一覧の別の品目をクリックし、[編集] をクリックして編集します。

ページの先頭へ

製品またはサービス項目を削除する

削除した製品やサービスは、データベースから完全に削除されます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] で、[製品とサービス] をクリックします。

  3. [製品とサービス] ダイアログ ボックスで、一覧の品目をクリックし、[削除] をクリックします。

  4. メッセージが表示されたら、[はい] をクリックして品目を削除します。

  5. [OK] をクリックして [製品とサービス] ダイアログ ボックスを閉じます。または、一覧にある別の品目を削除するには、その品目をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

製品またはサービスを営業案件レコードに追加する

営業案件の連絡先が関心を持っている製品やサービスを管理するには、製品やサービスを営業案件レコードに関連付けます。これには、既存の製品/サービスの一覧から製品かサービスを追加するか、まったく新しい製品/サービス項目を追加します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. [営業案件] タブで、開くレコードをダブルクリックします。

  3. [製品とサービスに関する情報] で、[追加] をクリックします。

  4. [品目名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 製品およびサービス項目一覧から追加する品目をクリックします。

      他の情報は自動的にフォームに追加されます。情報は、必要に応じて変更してください。この変更は、選択した営業案件レコードに追加する品目にのみ適用されます。

    • 作成して営業案件レコードに追加する新しい品目の名前を入力します。

      注: 営業案件レコードに直接作成した品目は、製品/サービスの一覧には追加されません。選択した営業案件レコードにのみ追加されます。

    • [このリストを編集する] をクリックして、製品およびサービス項目一覧に新しい品目を追加します。

      1. [製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

      2. ダイアログ ボックスに情報を入力し、[OK] をクリックします。

      3. [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスで、前の手順で追加した品目をクリックし、[OK] をクリックします。品目の情報が [営業案件] フォームに自動的に追加されます。

  5. [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスで、[説明]、[既定の数量]、[単位原価]、[単価]、[割引] ボックスに情報を入力します。"値上げ"、"小計 (割引前)"、および "明細小計" の各フィールドは、自動的に計算されます。製品またはサービスにかかる消費税またはその他の税を徴収して支払う場合は、[課税対象] チェック ボックスをオンにします。

詳細について詳しくは、営業案件レコードを追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスに追加できます。

フィールド

説明

項目名

製品名またはサービス名を入力します。

説明

製品またはサービスの説明を入力します。

数量

この営業案件に適用する製品またはサービスの数量を入力します。

単位原価

製品またはサービス 1 単位にかかる費用を入力します。

値上げ

単位原価と単価の差額が自動的に計算され、"値上げ" フィールドに表示されます。

単価

製品またはサービス 1 単位の価格を入力します。

小計 (割引前)

その数量の品目の合計金額。この数値は自動的に計算されます。

割引率 (%)

割引を適用する場合は、品目の割引率を入力します。

小計

その数量の品目の値引き後の合計金額。この数値は自動的に計算されます。

品目が課税対象である場合は、[課税対象] をオンにします。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • [次を追加] をクリックして品目を一覧に保存し、製品またはサービス項目を追加します。

    • [OK] をクリックして品目を一覧に追加し、ダイアログ ボックスを閉じます。

    • [キャンセル] をクリックして [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスを閉じます。

ページの先頭へ

営業案件レコードで製品およびサービス項目を修正する

見積もりを行う際には、割引の適用や、通常は提供しない製品やサービスの追加、さらには通常の製品やサービスの削除を行う場合もあります。このような変更を管理するために、営業案件レコードから品目の追加、編集、または削除を直接行うことができます。変更は、選択した営業案件レコードのみに適用され、Business Contact Manager データベースの製品とサービスの一覧に影響を及ぼすことはありません。

編集中の営業案件の [製品とサービス] セクションで、[追加] をクリックするか、一覧の品目を選択した後で [編集] または [削除] をクリックします。

  • [追加] をクリックした場合は、次の操作を行います。

    1. [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスで、"項目名"、"説明"、"数量"、"単位原価"、および "単価" の各フィールドの値を入力します。また、必要に応じて "割引" フィールドのパーセンテージを入力します。

    2. 製品またはサービスを営業案件レコードに追加する」を参照し、必要に応じてその他のフィールドを変更します。

    3. [OK] をクリックして [製品またはサービスの追加] ダイアログ ボックスを閉じるか、[次を追加] をクリックして別の品目を追加します。

  • [編集] をクリックした場合は、次の操作を行います。

    1. で、編集する製品やサービス] ダイアログ ボックスを入力、 項目名説明数量単位コスト単価、しを必要な場合は、割引率。

    2. クリックして[ok]を編集する製品やサービス] ダイアログ ボックスを閉じます。

  • [削除] をクリックした場合は、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

品目一覧で使用する通貨を変更する

製品およびサービス項目の費用や価格の基準となる通貨は、コンピューターの地域の設定によって異なります。Business Contact Manager for Outlook では、複数の地域の通貨を使用することはできません。

Business Contact Manager for Outlook が実行されているコンピューターの地域の設定を変更する

Microsoft Windows XP の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • クラシック表示の場合は、[地域と言語のオプション] をダブルクリックします。

    • カテゴリの表示の場合は、[日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックし、[地域と言語のオプション] をクリックします。

  3. [地域オプション] タブで、[カスタマイズ] をクリックします。

  4. [通貨] タブをクリックし、[通貨記号] ボックスの一覧で使用する記号をクリックします。

    Windows Vista の場合

  5. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  6. クラシック表示では、[地域と言語のオプション] をダブルクリックします。

  7. [形式] タブの [この形式のカスタマイズ] をクリックします。

  8. [通貨] タブをクリックし、[通貨記号] ボックスの一覧で使用する記号をクリックします。

    Windows 7 の場合

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [時計、言語、および地域] をクリックします。

    3. [地域と言語] の [日付、時刻または数値の形式の変更] をクリックします。

    4. [地域と言語] ダイアログ ボックスの [形式] ボックスの一覧で、使用する国/地域と形式をクリックし、[追加の設定] をクリックします。

    5. [形式のカスタマイズ] ダイアログ ボックスで、[通貨] タブをクリックし、[通貨記号] ボックスの一覧で使用する記号をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×