Business Contact Manager での製品とサービスのマーケティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Business Contact Manager for Outlook のマーケティング ワークスペース で、さまざまなマーケティング活動を作成および開始し、マルチチャンネル マーケティング キャンペーンの一部として、それぞれの成果を個別または組み合わせて追跡することができます。

Business Contact Manager for Outlook で提供されるツールを使用して、特定のプロモーションの通話リストを作成したり、カスタマイズした電子メール メッセージを送信したり、ダイレクト メール用にパンフレットやチラシを作成したり、独自のマーケティング活動を作成したりします。

この記事では、一括メールやダイレクト メール印刷のマーケティング活動を作成および使用する方法について説明します。マーケティング作業の成果を分析する方法と、Business Contact Manager for Outlook でレポートとマーケティング ガジェット を使用する方法の詳細についても確認することができます。

通話リストのマーケティング活動を作成する方法については、「Business Contact Manager で通話リストを作成および使用する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

一括メールまたはダイレクト メール印刷のマーケティング活動を作成および開始する

活動を計画する

Outlook、Word、または Publisher でマーケティング コンテンツを作成する

マーケティング活動を開始する

マーケティング活動を追跡または分析する

ページの先頭へ

一括メールまたはダイレクト メール印刷のマーケティング活動を作成および開始する

事業を発展させるためには、マーケティングを行う必要があります。Business Contact Manager for Outlook では、一斉配布用の電子メール メッセージの作成、ダイレクト メールの販売促進、およびその他のマーケティング活動の作成を簡単にします。

マーケティング活動を作成および開始するには、基本的に活動の計画、そのためのコンテンツの作成、活動の開始という 3 つの手順があります。

ページの先頭へ

活動を計画する

計画段階では、活動の名前を選択してマーケティング活動レコードを作成し、取引先企業とビジネス用連絡先に属するユーザー、またはターゲット層の対象ユーザーである潜在顧客を指定します。

注:  マーケティング活動の受信者リストには、レコードの種類を 1 つだけ含めることができます。たとえば、受信者リストに取引先企業を含めることができますが、取引先企業とビジネス用連絡先を含めることはできません。潜在顧客レコードは取引先担当者のレコードの種類に基づいているため、取引先担当者と潜在顧客は同じリストに入れることができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[マーケティング] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [新規作成] グループで、次のボタンのいずれかをクリックします。

    • [一括メール] 一括メール アイコン

      • キーボード ショートカット    新しい一括メールのマーケティング活動を作成するには、Alt + N + E キーを押します。

    • [新しいアイテム] をクリックし、[マーケティング] をポイントして、[ダイレクト メール印刷] [ダイレクト メール印刷] アイコン または [その他の活動] をクリックします。

      • キーボード ショートカット    新しいダイレクト メール印刷のマーケティング活動を作成するには、Alt + N + N キーを押します。

  3. フォーム にマーケティング活動の名前を入力します。

  4. この活動をマーケティング キャンペーンに含める場合は、[キャンペーン] フィールドにキャンペーン名を入力するか、リストでキャンペーン名を選択します。この活動をマーケティング キャンペーンに含めない場合は、[現在の活動] の既定のテキストをそのまま使用します。

  5. [受信者リスト] セクションで、次のいずれかの種類の顧客の電子メールまたは会社のアドレスにメッセージを送信するには、[すべての取引先企業]、[すべてのビジネス用連絡先と潜在顧客]、[すべてのビジネス用連絡先]、または [すべての潜在顧客] をクリックします。

    または、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • [検索フォルダー]。あらかじめフィルター処理された受信者リストを含む 検索フォルダー を選択して、カスタム リストを作成します。フォルダーを選択すると、フィールド名が [カスタム リスト] に変更されます。

    • [既存のマーケティング活動]。以前の活動で使用した受信者リストを選択します。

    • [新しいリスト]。[ビジネス用連絡先のフィルター] ダイアログ ボックスを開いて、リストのフィルター条件を選択します。

      レポート内の名前からマーケティング活動を作成することもできます。このオプションの詳細については、「Business Contact Manager でレポートとグラフを使用する」を参照してください。

  6. フィルターを適用して選択したリストを編集するには、[確認およびフィルター] をクリックします。

    リストをフィルター処理する方法の詳細については、「Business Contact Manager でレコードをフィルター処理する」を参照してください。

  7. リボンの [ホーム] タブの [表示] グループで、[詳細] をクリックして、[活動の詳細] ページを表示します。

  8. 必要に応じて、[キャンペーン コード]、[予算コスト]、[開始日]、[終了日]、および [コメント] の各フィールドに情報を入力します。

  9. [保存して閉じる] をクリックしてレコードを保存するか、次のセクションで説明する「マーケティング コンテンツの作成」に進みます。

    活動を開始する準備ができたら、[開始] をクリックするか、この記事で後述する「マーケティング活動を開始する」を参照します。

ページの先頭へ

Outlook、Word、または Publisher でマーケティング コンテンツを作成する

配布するコンテンツを作成するには、Outlook、Word、または Publisher を使用して、電子メール メッセージ、手紙、チラシ、パンフレット、およびその他のマーケティング資料やその他の種類のドキュメントの下書きを作成して、その下書きを Business Contact Manager for Outlook の活動にリンクします。

マーケティング活動レコードを作成して受信者を選択すると (「活動の計画」を参照)、コンテンツをその活動にリンクできます。

マーケティング活動の計画および活動レコードの作成と同時にコンテンツの作成を行うことも、最初に Outlook、Publisher、または Word でコンテンツを作成してから、マーケティング活動のレコードを作成することもできます。事前にコンテンツを作成した場合は、マーケティング活動レコードでファイルを選択するだけです。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[マーケティング] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマーケティング活動レコードを作成します。

    • ワークスペースで、[一括メール]、[ダイレクト メール印刷]、または [他のマーケティング活動] のタブをクリックし、レコードをダブルクリックして開きます。

  3. 活動用に新しいマーケティング コンテンツを作成するか、既に作成済みのコンテンツを使用するかどうかを決定します。

    新しいファイルを作成するには

    1. マーケティング活動ウィンドウで、次のコンテンツ ソースのいずれかをクリックします。

      • Outlook エディター

      • Publisher 宛名の差し込み

      • Word 宛名の差し込み

    2. 選択したプログラムが開かれます。プログラムを使用してメッセージを作成します。このメッセージは、[宛名の差し込み] を使用してカスタマイズすることができます。

    3. [Outlook エディター] を選択した場合、[作成] ボタンをクリックします。

    [Publisher 宛名の差し込み] または [Word 宛名の差し込み] を選択した場合は、[作成/参照] をクリックして、[作成] をクリックします。

    1. 配布用のメッセージ、チラシ、小冊子、またはパンフレットを作成します。

    各受信者に合わせたマーケティング メッセージをカスタマイズするには、Publisher または Word の [宛名の差し込み] ウィンドウに表示される指示に従います。宛名の差し込みの使用方法については、Publisher または Word のヘルプを参照してください。

    1. ファイルを保存して、マーケティング活動のウィンドウに戻ります。

      ファイルの既定の名前は、別の名前を使用してファイルを保存する場合を除き、活動の名前と同じです。

    既存のファイルを選択するには

    1. マーケティング活動のウィンドウのコンテンツ ソースに関するセクションで、[作成/参照] をクリックして、[参照] をクリックします。

    ファイルを作成または選択すると、[編集] コマンドがボタンに追加されます。活動を保存してもう一度開くと、ボタン名は [編集/参照] に変わります。選択したファイルを変更するには、[編集] をクリックします。

    1. 変更が完了したら、ファイルを保存して、マーケティング活動のウィンドウに戻ります。

      Publisher または Word の [宛名の差し込み] ウィンドウで [受信者リストの編集] をクリックして、活動の受信者を編集できます。活動が開始されていない場合の Business Contact Manager for Outlook でも同様です。

  4. 選択したファイルが [ファイルの使用] フィールドに表示されます。

  5. 後で活動を開始するには、[保存して閉じる] をクリックします。それ以外の場合は、[開始] をクリックし、次の「マーケティング活動を開始する」セクションを参照してください。

    このマーケティング活動の結果を追跡する場合は、活動によって生成された取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件の各レコードの [開始者] フィールドに、活動の名前を記録しておく必要もあります。活動の結果を確認するには、マーケティング活動レコードの [追跡] ページを参照します。

ページの先頭へ

マーケティング活動を開始する

作成したマーケティング活動を開始する準備ができたら、[開始] をクリックするだけで活動を開始できます。

  1. 活動レコードを開きます。

    方法

    1. マーケティング ワークスペースで、開始する活動の種類に応じて、[一括メール]、[ダイレクト メール印刷]、または [他のマーケティング活動] の各タブをクリックします。

    2. リスト ウィンドウで、開く活動をダブルクリックします。

      リスト内の活動の数が多い場合は、キャンペーンの名前の下でその活動を探します。キャンペーンに割り当てられていない活動は、活動は [現在の活動] の下に表示されます。また、すばやく見つけるために、[検索] ボックスに活動名を入力することもできます。

  2. [受信者リスト] に表示された名前を確認して、メールを送信する取引先企業、ビジネス用連絡先、および潜在顧客がすべて選択されていることを確認します。

    Publisher または Word の [宛名の差し込み] ウィンドウでも、受信者リストを確認および更新することができます。

  3. [開始] をクリックします。

    作成に使用したプログラムでドキュメントが開かれます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    一括メール メッセージを送信する場合

    [宛名の差し込み] 機能を使用してメッセージをカスタマイズするなど、必要に応じてドキュメントに変更を加えます。メッセージを送信するには、リボンの [完了] グループで [完了と差し込み] をクリックし、[電子メール メッセージの送信] をクリックします。

    ダイレクト メール文書を作成している場合

    必要に応じてドキュメントに変更を加え、画面の指示に従ってドキュメントを印刷するか、ドキュメントを新しい文書と結合するか、ドキュメントを既存の文書に追加します。

ページの先頭へ

マーケティング活動を追跡または分析する

マーケティング活動を起動するたびに結果を追跡する重要です。最低でも、時間や予算価値アクティビティがあったかを理解する必要があります。

マーケティング活動の結果を確認するには、各マーケティング活動で作成された取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、および営業案件を記録しておく必要があります。新しいレコードに情報を入力するときに、各レコードの [開始者] フィールドにマーケティング活動の名前をメモしておきます。

このセクションの内容

取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件の各レコードにマーケティング活動の名前を追加する

マーケティング活動の結果を表示する

[追跡] ページに表示される数値の根拠

マーケティング活動またはキャンペーンを分析する

マーケティング ガジェットを表示する

ガジェットを使用してマーケティング活動の結果を分析する

マーケティング レポートを使用する

ページの先頭へ

取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件の各レコードにマーケティング活動の名前を追加する

マーケティング活動への投資による利益を効率的に追跡するには、活動の予算コストと実際のコストを記録しておく必要があります。

また、活動によって作成された取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件の各レコードの [開始者] フィールドに、活動の名前を追加する必要もあります。マーケティング活動レコードの [追跡] ページの [活動結果] セクションに、レコードの総数が種類別に一覧表示されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 取引先企業またはビジネス用連絡先の場合、ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[連絡先の管理] をクリックします。

    • 潜在顧客または営業案件の場合、ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. 目的のレコードを含むタブをクリックします。

  3. リスト ウィンドウで、取引先企業、ビジネス用連絡先、営業案件、または潜在顧客の各レコードをダブルクリックして開きます。

  4. レコードの [ソース情報] セクションで、[開始者] をクリックします。

    レコードの [ソース情報] セクションを示すスクリーン ショット

  5. [取引先企業、ビジネス用連絡先、またはマーケティング活動の選択] ダイアログ ボックスの [アイテムの種類] で、[すべてのマーケティング活動] をクリックするか、レコードを作成したマーケティング活動の種類をクリックします。

    マーケティング活動へのリンク

  6. [活動名] でマーケティング活動の名前をクリックします。

  7. [リンクされたレコード] セクションの [リンク先] をクリックします。

    レコードがマーケティング活動にリンクされ、活動レコードの [追跡] ページで表示される総数に加えられます。

  8. [OK] をクリックしてウィンドウを閉じます。

  9. マーケティング活動で作成された各取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件について、同じ手順を繰り返します。

ページの先頭へ

マーケティング活動の結果を表示する

マーケティング活動を監視するには、活動の [追跡] ページを使用する方法や、マーケティング ワークスペース で分析ツールや ガジェット を確認する方法、レポートのデータを確認する方法など、複数の方法があります。[追跡] ページには、活動に関する最も詳細な情報が表示されます。[追跡] ページでは、活動を完了済みとして設定したり、実際のコスト情報を登録したりすることもできます。

  1. [追跡] ページを開くには、まずマーケティング活動を開きます。

  2. リボンの [表示] グループで [追跡] をクリックします。

    キーボード ショートカット    [追跡] ページで、Alt + H キーを押して、03 を押します。

  3. [活動情報] セクションでは、活動の実際のコストを入力できるほか、チェック ボックスによって活動を完了済みとして設定することもできます。

  4. [活動結果] セクションでは、活動によって作成された新しい営業案件や連絡先の数を確認できるほか、[レポートの表示] をクリックして、選択したフィールドの情報に関する詳細なビジネス レポートも作成できます。

ページの先頭へ

[追跡] ページに表示される数値の根拠

[追跡] ページに表示されるデータは、ユーザーが入力した各活動に関する情報に基づいて自動的に計算されます。

  • [開始者] フィールドに選択した活動名が入力された各 アカウント、ビジネス用連絡先、潜在顧客、および 営業案件 は、それぞれ [開始された営業案件数]、[開始された取引先企業数]、[開始された連絡先数] の各フィールドのカウントに加えられます。

  • 活動が通話リストの場合は、通話リスト レコードへの変更を保存すると、[開始された通話履歴] フィールドが更新されます。

  • [売上げ見込み] の情報は、レコードにリンクされた各営業案件レコードの売り上げ可能性のパーセンテージと、製品およびサービスの価値に基づいて計算されます。

ページの先頭へ

マーケティング活動またはキャンペーンを分析する

マーケティング ワークスペースの [分析] タブには、すべてのマーケティング活動の一覧がキャンペーンごとにまとめて表示されます。

注:  詳細情報は、個別のマーケティング活動についてのみ表示できます。すべての活動を対象としたキャンペーン全体の分析機能はありません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[マーケティング] をクリックします。

  2. ワークスペースのリスト ウィンドウで [分析] タブをクリックします。

    このタブには、各マーケティング活動がキャンペーン別に表示され、キャンペーンにリンクされていない活動は、[キャンペーン: 現在の活動] の下に表示されます。

  3. 特定の活動の詳細情報を表示するには、活動名をダブルクリックしてレコードを開きます。詳細については、「マーケティング活動の結果を表示する」を参照してください。

    注:  レポートを開いている場合は、リボンのマーケティング ボタンを使用して、レポートで選択した連絡先に対して新しいマーケティング活動を開始できます。

ページの先頭へ

マーケティング ガジェットを表示する

マーケティング ガジェットは、特定のマーケティング活動またはキャンペーンがどの程度うまくいっているのかをすばやく確認するために便利です。

ガジェット から最適な情報を得るには、マーケティング活動に関するデータを常に最新の状態にしておく必要があります。新しい活動レコードを作成してキャンペーンに割り当てると、そのデータがガジェットに表示されます。特定の活動によって作成された取引先企業、ビジネス用連絡先、潜在顧客、または営業案件の数など特定の詳細情報を表示するには、新しいレコードごとに [開始者] フィールドに活動名を入力する必要があります。正確な財務情報の場合、各活動の [詳細] ページと [追跡] ページに予算コストと実際のコストの数値を含める必要があります。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[マーケティング] をクリックします。

  2. リボンの [ガジェット] タブをクリックします。

キーボード ショートカット    リボンに [ガジェット] タブを表示するには、Alt + G キーを押します。

  1. [ガジェットの追加] グループで [マーケティング] をクリックし、次のいずれかをクリックします。

    • 活動の種類分析

    • キャンペーン分析

    • キャンペーン比較

ガジェットの情報は、関連するレコードで新しい情報が保存されるたびに更新されます。

ページの先頭へ

ガジェットを使用してマーケティング活動の結果を分析する

Business Contact Manager for Outlook では、次のマーケティング ガジェットを使用できます。

  • [活動の種類分析]。特定の種類 (一括メールなど) のすべてのマーケティング活動についての情報を表示します。

  • [キャンペーン分析]。1 つのキャンペーンに属するすべてのマーケティング活動についての情報を表示します。

  • [キャンペーン比較]。すべてのマーケティング キャンペーンについての情報を表示します。

各マーケティング ガジェットは、必要な活動またはキャンペーンだけを表示するように構成できるほか、各活動またはキャンペーンによって作成された営業案件、取引先企業、ビジネス用連絡先、または潜在顧客の数や、実際のコスト、予算、または期待収益を表示するように構成できます。

注:  マーケティング活動で作成された新しいレコードは、[開始者] フィールドに必ずその活動の名前を入力してください。

ガジェットの使用方法については、「Business Contact Manager でガジェットを使用する」を参照してください。

ページの先頭へ

マーケティング レポートを使用する

Business Contact Manager for Outlook では、マーケティング活動の結果をさまざまなレポートで確認できるほか、そのレポートを印刷したり、レポートを Excel にエクスポートしてさらに分析したりすることもできます。

既定で用意されているレポートは次のとおりです。

  • マーケティング活動別の営業案件

  • マーケティング活動別の取引先担当者

  • マーケティング活動別の取引先企業

  • キャンペーン別のマーケティング活動

  • 種類別のマーケティング活動

注:  マーケティング活動に関する最新情報がレポートに表示されるようにするには、マーケティング活動の結果として作成されたレコードの [開始者] フィールドに、必ずマーケティング活動の名前を入力するようにしてください。

レポートおよびグラフの使用方法の詳細については、「Business Contact Manager でレポートとグラフを使用する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×