Business Contact Manager でのデータベース操作をトラブルシューティングする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

解決したい問題をクリックしてください

Business Contact Manager データベースのデータベースを作成することはできません作成が失敗しました。

共有 Business Contact Manager データベースに接続できません。

Business Contact Manager データベースを復元することはできません。

SQL Server がインストールまたは起動していません。

Business Contact Manager データベースを移行することはできません。

Business Contact Manager データベースを読み込むことができません。

Business Contact Manager のフォルダーが表示されません。

Business Contact Manager データベースが表示されません。

Business Contact Manager for Outlook をサーバーにインストールします。

レコードとアイテムが正しく並べ替えられない

ビジネス データをインポートします。

ワークグループ問題のみ

その他のリソース

Business Contact Manager データベースを作成できない: データベースの作成に失敗する

Business Contact Manager データベースは、Microsoft SQL Server の小規模バージョンである Microsoft SQL Server Express を使用します。SQL Server サービスを使用できない場合、データベースを作成することはできません。SQL Server サービスは、さまざまな理由で使用できない可能性があります。

問題を解決するには、次に示す SQL Server シナリオの一覧を使用します。現在の状況に最も近い手順を実行します。

SQL Server の問題

  • SQL Server を開始します。

    次のメッセージのいずれかが表示される場合は、SQL Server サービスを開始する手順を実行します。

    • データベースの作成に失敗しました。

    • SQL Server サービス (Business Contact Manager データベース サービス) が実行されていないため、Business Contact Manager データベースを作成できません。サービスを開始してから、Outlook を再起動してスタートアップ ウィザードを再び表示してください。

    • SQL Server サービス (Business Contact Manager データベース サービス) が実行されていないため、ローカルの Business Contact Manager データベースに接続できません。別のコンピューターに格納されている Business Contact Manager データベースに接続することはできません。

    • SQL Server サービス (Business Contact Manager データベース サービス) が実行されていないため、Business Contact Manager を起動できません。

    SQL Server サービスを開始する

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. カテゴリの表示で、[パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。

      3. [管理ツール] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。

      4. [サービス] の一覧で、[SQL Server (MSSMLBIZ)] をクリックし、[開始] をクリックします。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックします。

      3. [構成ツール] をクリックし、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      4. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      5. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[開始] をクリックします。

      6. Microsoft Outlookをもう一度開きます。Business Contact Manager データベースに接続するようになりましたはずです。

        Microsoft SQL Server Express の詳細については、 Microsoft サポートの Web サイト] に移動して、サポート技術情報を参照してください。

  • Business Contact Managerのフォルダーにアクセスする SQL Server サービスのアクセス許可にログオンするユーザー アカウントを付与します。

    既定では、SQL Server サービスはネットワーク サービス ユーザー アカウントを使用して Business Contact Manager フォルダーにアクセスし、データベースを作成します。データベースを作成できない場合、ネットワーク サービス ユーザー アカウントが SQL Server にログオンするアクセス許可を持っていない可能性があります。アカウントには、Business Contact Manager フォルダーにアクセスするための読み取りアクセス許可および書き込みアクセス許可が必要です。

    SQL Server サービスは、ネットワーク サービス ユーザー アカウント以外のアカウントを使用して、Business Contact Manager フォルダーにアクセスし、データベースを作成することもできます。

    SQL Server に進んでいるユーザー アカウントのログを確認します。

    • XP] ウィンドウ

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。

      3. [管理ツール] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。

      4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブをクリックし、[アカウント] ボックスに表示されたアカウント名を確認します。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      3. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      4. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブの [ビルトイン アカウント] または [アカウント名] で、SQL Server へのログオンに使用されたアカウントを確認します。

    SQL Server サービスにログオンしているアカウントに Business Contact Manager フォルダー、ネットワーク サービス ユーザー アカウント、または別のユーザー アカウントへのアクセス許可を付与するには、次の手順を実行します。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Documents and Settings\[username]\Local Settings\Application Data\Microsoft\

        [ユーザー名] には、データベースを作成することはできませんが、ユーザー アカウントの名前を入力します。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[共有とセキュリティ] をクリックします。

      4. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

      5. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス、または SQL Server にログオンし、[名前の確認] をクリックするためのユーザー アカウントの名前を入力します。

      6. [OK] をクリックします。

      7. [セキュリティ] タブの [NETWORK SERVICE] をクリックするか、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウントの名前をクリックします。

      8. [読み取り] チェック ボックスと [書き込み] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft

        [ユーザー名] には、データベースを作成することはできませんが、ユーザー アカウントの名前を指定します。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

      5. [Business Contact Manager のアクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

      6. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス、または SQL Server にログオンし、[名前の確認] をクリックするためのユーザー アカウントの名前を入力します。

      7. [OK] をクリックします。

      8. [Business Contact Manager のアクセス許可] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、[NETWORK SERVICE] をクリックするか、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウントの名前をクリックします。

      9. [許可] 列で、[読み取り] チェック ボックスと [書き込み] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      10. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  • [データ] フォルダーにネットワーク サービスのユーザー アカウントのフル コントロール権限を付与します。

    Business Contact Manager のマスター データベース ファイル (master.mdf および mastlog.ldf) は、DATA フォルダーに格納されます。ただし、SQL Server にログオンしているネットワーク サービス ユーザー アカウントがアクセス許可を持っていないため、データベースを作成できない場合があります。

    ネットワーク サービス ユーザー アカウントに DATA フォルダーのフル コントロールを付与するには、次の手順を実行します。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL

      3. [DATA] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

      5. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス] を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      6. [OK] をクリックします。

      7. [セキュリティ] タブの [ネットワーク サービス] をクリックします。

      8. [許可] 列で、[フル コントロール] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL

        または

        C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL
      3. [DATA] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [DATA のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

      5. [DATA のアクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

      6. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス] を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      7. [OK] をクリックします。

      8. [DATA のアクセス許可] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、[NETWORK SERVICE] をクリックします。

      9. [許可] 列で、[フル コントロール] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      10. [DATA のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  • SQL Server のプロトコルがないと、有効になっている (Windows Vista または Windows 7 の場合のみ)

    SQL Server の "名前付きパイプ" プロトコルが無効になっています。この問題は、Windows Vista または Windows 7 を使用しているときに発生する可能性があります。プロトコルを有効にするには、次の手順に従います。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

    2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックします。

    3. [構成ツール] をクリックし、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

    4. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server ネットワークの構成] を展開し、[MSSMLBIZ のプロトコル] をクリックします。

    5. 右側のペインで、[名前付きパイプ] をクリックし、[有効] をクリックします。

    6. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウを閉じ、Outlook を起動してスタートアップ ウィザードを実行し、データベースを作成します。

  • ローカル システムのユーザー アカウントを使用して、SQL Server にログオンするには

    前の手順を完了した後も、SQL Server サービスが開始されないためにデータベースを作成できない場合は、ローカル システム ユーザー アカウントを使用して SQL Server にログオンします。

    1. Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。

      3. [管理ツール] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。

      4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [(ローカル コンピュータ) SQL Server (MSSMLBIZ) のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[ログオン] タブをクリックします。

      6. [ローカル システム アカウント] をクリックします。

      7. [OK] をクリックします。

      8. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

    2. Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      3. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      4. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブの [ビルトイン アカウント] で、矢印をクリックし、[ローカル システム] をクリックします。

      6. [OK] をクリックします。

      7. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

    必要に応じて、 Business 連絡先マネージャー (すべての言語) と Microsoft Office Outlook 2010 のヘルプとサポートサポート担当者に問い合わせるを参照してください。料金を適用することがあります。

ページの先頭へ

圧縮ドライブ、ゲスト アカウント、およびスタートアップ ウィザードが表示されない問題

  • 圧縮ドライブまたはフォルダー

    TE000129554ファイル システム ドライブにデータベースがインストールされているフォルダーが圧縮されています。Business Contact Manager データベースは、圧縮したフォルダーの作成できません。データベースを作成するためには、 Business Contact Managerのフォルダーのファイル圧縮の設定を無効にする必要があります。

    注: 圧縮を有効または無効にするには、管理者としてログオンする必要があります。

    フォルダーの圧縮を無効にする

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Documents and Settings\[username]\Local Settings\Application Data\Microsoft\Business Contact Manager\

        [ユーザー名] には、データベースを作成することはできませんが、ユーザー アカウントの名前を指定します。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[詳細設定] をクリックします。

      5. [内容を圧縮してディスク領域を節約する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

        フォルダーの圧縮を無効にしたら、データベースを再度作成します。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft

        [ユーザー名] には、データベースを作成することはできませんが、ユーザー アカウントの名前を指定します。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[詳細設定] をクリックします。

      5. [内容を圧縮してディスク領域を節約する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

      フォルダーの圧縮を無効にしたら、データベースを再度作成します。

  • ゲスト アカウントで Outlook にログオンします。

    ゲスト ユーザーとして Business Contact Manager データベースを作成することはできません。ユーザー アカウントでサインインしてください。

  • Business Contact Manager for Outlookをインストールしましたが、新しいデータベースを作成するように求めがありません。

    初めてBusiness Contact Manager for Outlookをインストールした後に Outlook を開き、スタートアップ ウィザードが自動的に実行します。スタートアップ ウィザードを実行する場合は、新しいBusiness Contact Manager データベースを作成するか、既存のデータベースを選択する機会が与えられるされます。

    1. そのBusiness Contact Manager for Outlookがインストールされていることを確認します。

      方法

      1. Windows XP の場合

        1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

        2. [コントロール パネル] で、[プログラムの追加と削除] をクリックします。

        3. [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスの [現在インストールされているプログラム] の一覧で、[Business Contact Manager for Outlook 2010] が表示されているかどうかを確認します。

      2. Windows Vista または Windows 7

        1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

        2. カテゴリの表示で、[プログラム] をクリックし、[プログラムのアンインストール] をクリックします。

        3. [プログラムのアンインストールと変更] ウィンドウで、[Business Contact Manager for Outlook 2010] が表示されているかどうかを確認します。

    2. 一覧に [Business Contact Manager for Outlook 2010] が表示されない場合は、次のいずれかの操作を行います。

      1. Business Contact Manager for Outlook 2010 DVD がある場合は、その DVD からプログラムをインストールします。

ページの先頭へ

Business Contact Manager for Outlook を起動できない

次の手順を実行してから、Outlook を再起動します。

  • SQL Server サービス (Business Contact Manager データベース サービス) が実行されていないために、Business Contact Manager を開始することはできません。

    Business Contact Manager のマスター データベース ファイル (master.mdf および mastlog.ldf) は、DATA フォルダーに格納されます。このフォルダーには、SQL Server が Business Contact Manager データベースを作成できるセキュリティ証明書も格納されています。ただし、SQL Server にログオンしているネットワーク サービス ユーザー アカウントがフォルダーにアクセスできないため、データベースを作成できない場合があります。

    ファイル システム ドライブを FAT32 からTE000129554に変更する場合があります。

    ネットワーク サービス ユーザー アカウントに DATA フォルダーのフル コントロールを付与するには、次の手順を実行します。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL

      3. [DATA] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

      5. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス] を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      6. [OK] をクリックします。

      7. [セキュリティ] タブの [ネットワーク サービス] をクリックします。

      8. [許可] 列で、[フル コントロール] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL

        または

        C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSMLBIZ\MSSQL
      3. [DATA] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [DATA のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

      5. [DATA のアクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

      6. コンピューター、またはグループの [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、ネットワーク サービス] を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      7. [OK] をクリックします。

      8. [DATA のアクセス許可] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、[NETWORK SERVICE] をクリックします。

      9. [許可] 列で、[フル コントロール] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      10. [DATA のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  • SQL Server サービスは、ネットワーク サービスのユーザー アカウントにアクセス許可の付与した後は開始されません。

    通常、SQL Server サービスはセキュリティ証明書で開始され、暗号化をオフにします。ただし、SQL Server サービスが暗号化をオフにしない場合があります。その場合は、SQL Server のインスタンスの暗号化をオフにします。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[管理ツール] をクリックします。

      3. [コンピュータの管理] をクリックします。

      4. [コンピュータの管理] ウィンドウの左側のペインで、[サービスとアプリケーション] をクリックします。

      5. 右側のペインで、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      6. [SQL Server ネットワークの構成] をダブルクリックします。

      7. [MSSMLBIZ のプロトコル] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      8. [MSSMLBIZ のプロトコルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [フラグ] タブで、[強制的に暗号化] 行の末尾の矢印をクリックし、[いいえ] をクリックします。

      9. [OK] をクリックします。

      10. [コンピュータの管理] ウィンドウの左側のペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      11. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[開始] をクリックします。

      12. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      3. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server ネットワークの構成] をクリックします。

      4. 右側のペインで、[MSSMLBIZ のプロトコル] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [MSSMLBIZ のプロトコルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [フラグ] タブで、[強制的に暗号化] 行の末尾の矢印をクリックし、[いいえ] をクリックします。

      6. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

  • ローカル システムのユーザー アカウントを使用して、SQL Server にログオンするには

    前の手順を完了した後、Business Contact Manager が起動しない場合は、ローカル システム ユーザー アカウントを使用して SQL Server にログオンします。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。

      3. [管理ツール] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。

      4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブをクリックし、[ローカル システム アカウント] をクリックします。

      6. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      3. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      4. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [SQL Server (MSSMLBIZ) のプロパティ] ダイアログ ボックスの [ログオン] タブの [ビルトイン アカウント] で、矢印をクリックし、[ローカル システム] をクリックします。

      6. [OK] をクリックします。

      7. Outlook を起動し、スタートアップ ウィザードを完了します。

ページの先頭へ

データベースを開けない: ログインに失敗した

データベースの作成中にこのメッセージが表示される最も一般的な理由は、SQL Server サービスへのログオンに使用されたユーザー アカウントが、Business Contact Manager フォルダーの読み取りアクセス許可と書き込みアクセス許可を持っていないことです。

既定では、SQL Server サービスは ネットワーク サービス ユーザー アカウントを使用して Business Contact Manager フォルダーにアクセスし、データベースを作成します。SQL Server サービスで使用されるユーザー アカウントが変更された可能性があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. SQL Server に進んでいるユーザー アカウントのログを確認します。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

      2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。

      3. [管理ツール] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。

      4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブをクリックし、[アカウント] ボックスに表示されたアカウント名を確認します。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

      2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックして、[SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

      3. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

      4. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      5. [ログオン] タブの [ビルトイン アカウント] または [アカウント名] で、SQL Server へのログオンに使用されたアカウントを確認します。

  2. SQL Server にログオンするユーザー アカウントの読み取りし、書き込み、 Business Contact Managerのフォルダーのアクセス許可の許可を付与します。

    • Windows XP の場合

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Documents and Settings\[username]\Local Settings\Application Data\Microsoft\

        [ユーザー名] にはデータベースを開くことができないユーザー アカウントの名前を入力します。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[共有とセキュリティ] をクリックします。

      4. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

      5. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログ ボックスの [選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウント名を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      6. [OK] をクリックします。

      7. [セキュリティ] タブで、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウント名をクリックします。

      8. [読み取り] チェック ボックスと [書き込み] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    • Windows Vista または Windows 7

      1. [スタート] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。

      2. 以下のパスにある各フォルダーをダブルクリックして開きます。

        C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft

        [ユーザー名] は、データベースを開くことができないユーザー アカウントの名前です。

        このパスは Business Contact Manager フォルダーの既定の場所です。このパスにあるフォルダーの一部は、既定で非表示になっています。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

      3. [Business Contact Manager] フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      4. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックし、[編集] をクリックします。

      5. [Business Contact Manager のアクセス許可] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

      6. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログ ボックスの [選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウント名を入力し、[名前の確認] をクリックします。

      7. [OK] をクリックします。

      8. [セキュリティ] タブで、SQL Server へのログオンに使用されたユーザー アカウント名をクリックします。

      9. [Business Contact Manager のアクセス許可] ダイアログ ボックスの [許可] 列で、[読み取り] チェック ボックスと [書き込み] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      10. [Business Contact Manager のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共有の Business Contact Manager データベースに接続できない

トラブルシューティング情報については、共有の Business Contact Manager データベースへの接続のトラブルシューティングを参照してください。

ページの先頭へ

Business Contact Manager データベースを復元できない

バックアップ データベースを復元するのには許可されませんでしたか、データベースの所有者はないため、データベースを復元はできないことを示すメッセージを受信します。

場合によっては、オペレーティング システムをアップグレードすると、データベースの所有者が不要になったとして認識データベースの所有者します。データベースの所有者として認識されない場合、データベースを復元する場所、データベースを復元して、管理者として Outlook を実行する必要がありますコンピューター上の管理者します。次の操作を行います。

  • システム管理者に管理者グループへの追加を依頼するか、自分で管理者グループに追加します。

  • Outlook を管理者として実行します。

方法

  1. Outlook を閉じます。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] をクリックします。

  3. [ローカル ディスク (C:)] をダブルクリックしてハード ドライブを開きます。

    注: 別のドライブにTE000001059または Microsoft Office 2010 のスタンドアロン エディションをインストールした場合は、その場所を指定します。

  4. [Program Files] をダブルクリックし、[Microsoft Office] をダブルクリックします。

  5. [Office 14] をダブルクリックします。

  6. [Outlook] アイコンを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

Business Contact Manager データベースを復元するなど、Outlook のすべての管理者タスクを実行できます。

ページの先頭へ

SQL Server がインストールされていない、または起動しない

Microsoft SQL Server がインストールされていないことを示すメッセージを受信しました。

Business Contact Manager データベースを構築するには、Microsoft SQL Server を使用します。SQL Server、せずいないBusiness Contact Manager for Outlookを使用できるようにします。SQL Server の詳細についてには、 Microsoft サポートの Web サイトに移動し、サポート技術情報を参照してください。

SQL Server サービスを自動的に開始できませんでした。

ほとんどの場合、 Business Contact Manager for Outlookがインストールされているは、SQL Server を自動的に開始します。SQL サービスが起動しない場合は、 Business Contact Manager for Outlookは開始されません。、他のメッセージが表示されないBusiness Contact Manager for Outlookメニューが表示されない場合は、、次の手順を実行して、SQL Server サービスを手動で開始します。

  • Windows XP の場合

    1. デスクトップの [マイ コンピュータ] アイコンをマウスの右ボタンでクリックし、[管理] をクリックします。

    2. [コンピュータの管理] ウィンドウの左側のペインで、[サービスとアプリケーション] をクリックします。

    3. 右側のペインで、[サービス] をクリックします。

    4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] をクリックします。

    5. [状態] 列で、[SQL Server (MSSMLBIZ)] サービスが開始されていないことを確認します。

    6. 開始されていない場合は、[サービスの再起動] をクリックします。

    7. [コンピューターの管理] ウィンドウを閉じ、Outlook を起動します。

  • Windows Vista または Windows 7

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックして、[管理] をクリックします。

    2. [コンピューターの管理] ウィンドウで、[サービスとアプリケーション] をクリックします。

    3. [サービス] をダブルクリックします。

    4. [サービス] の一覧の [SQL Server (MSSMLBIZ)] をクリックします。

    5. [状態] 列で、[SQL Server (MSSMLBIZ)] サービスが開始されていないことを確認します。

    6. 開始されていない場合は、[サービスの再起動] をクリックします。

    7. [コンピューターの管理] ウィンドウを閉じ、Outlook を起動します。

別の SQL Server Express インスタンス名前Business Contact Manager for Outlookを使用するか

リモート コンピューターから共有されている Business Contact Manager データベースとは対照的に、Business Contact Manager データベースがローカル コンピューター上にある場合、サポートされている SQL Server Express インスタンス名は MSSMLBIZ です。他のインスタンス名はサポートされていません。

サポートされていないインスタンス名でBusiness Contact Manager for Outlookを使用しようとするではなく SQL Server Express の別のインスタンスをインストールし、[MSSMLBIZ」という名前をします。SQL Server Express のインスタンスには、組み込みのネットワーク サービスのユーザー アカウントを使用してログオンする必要があります。

SQL Server インスタンスがネットワーク サービス ユーザー アカウントを使用してログオンしていることを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

  2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックします。

  3. [SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

  4. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

  5. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  6. [ビルトイン アカウント] で、[ネットワーク サービス] が表示されていることを確認します。

  7. [OK] をクリックし、[SQL Server (MSSMLBIZ) のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

  8. Outlook を起動して Business Contact Manager の起動ウィザードを開始し、画面の指示に従います。

SQL Server のインストールに失敗します。

エラー コード 2147746132 (0x80040154) が表示されます。エラーの詳細については、 WMI 診断ユーティリティを使ってみてください。

SQL Server Express に関するその他の質問がある場合は、MSDN のSQL Server Express フォーラムに投稿したりしてみてください。

ページの先頭へ

Business Contact Manager データベースを移行できない

既存のデータベースを選択すると、次のメッセージを参照してください: データベースの移行に失敗しました

スタートアップ ウィザードで、[既存のデータベースの選択] をクリックし、データベースを再び選択します。

"データベースの移行に失敗しました" というメッセージが引き続き表示される場合は、次の手順を実行します。

1. Business Contact Manager for Outlook 2010 をアンインストールします。

方法

  • Windows XP の場合

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [プログラムの追加と削除] をクリックします。

    3. 追加または削除するプログラムのウィンドウでは、 Business Contact Manager for Outlook 2010をクリックし、[変更と削除] をクリックします。

  • Windows Vista または Windows 7 の場合

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. カテゴリの表示で、[プログラムのアンインストール] をクリックします。

    3. 一覧で、 Business Contact Manager for Outlook 2010をクリックし、[アンインストール] をクリックします。

2. Business Contact Manager for Outlook 2007 を再インストールします。

  • スタートアップ ウィザードで、[データベースの選択] をクリックし、画面の指示に従います。

3. Business Contact Manager for Outlook 2007 データベース内の情報のすべてをエクスポートします。

4. Business Contact Manager for Outlook 2010をインストールします。

  1. スタートアップ ウィザードで、[新しいデータベースの作成] をクリックし、画面の指示に従います。

  2. データベースからデータをインポートします。詳細については、 Business Contact Manager にデータのインポートを参照してください。

データベースの移行が成功するが解決しない場合は、 Microsoft Office Outlook 2010 with Business Contact Manager (すべての言語) のヘルプとサポートを参照してください。料金を適用することがあります。

ページの先頭へ

Business Contact Manager データベースを読み込めない

メッセージを受信したそのデータベースを読み込むことができない、Windows オペレーティング システムのアップグレード後にします。

Windows vista の場合にアップグレードした後、Business Contact Manager データベースに問題があることを示す、いくつかのBusiness Contact Manager for Outlookメッセージが表示されます。

次のメッセージが表示される可能性があります。

  • Business Contact Manager for Outlookが共有データベースに接続できませんでした。

  • Business Contact Manager データベースを読み込めません。

  • Business Contact Manager がデータベースにアクセスできないため、この処理は完了できません。

  • サーバーへの接続確立時にエラーが発生しました。

次の操作を行います。

SQL Server (MSSMLBIZ) インスタンスの "ログオン" プロパティを [ローカル システム] に変更します。

方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

  2. [Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[構成ツール] をクリックします。

  3. [SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

  4. [SQL Server 構成マネージャー] ウィンドウの左側ペインで、[SQL Server のサービス] をクリックします。

  5. 右側のペインで、[SQL Server (MSSMLBIZ)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  6. [ビルトイン アカウント] で、[ローカル システム] をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. Outlook を再起動します。

ページの先頭へ

Business Contact Manager for Outlook を削除する

コンピューター上のすべてのユーザー プロファイルからBusiness Contact Manager for Outlookを削除します。

コンピューター上のすべてのユーザーを解除するのには、 Business Contact Manager for Outlookをアンインストールします。

Outlook が表示されない場合、またはスタートアップ ウィザードが表示されないようにして、データベースの作成をスキップする場合は、 Business Contact Manager for Outlookを削除する必要があります。

  • Windows XP の場合

  • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  • [プログラムの追加と削除] をクリックします。

  • [プログラムの追加と削除] ウィンドウで、[Business Contact Manager for Microsoft Outlook 2010] をクリックし、[変更と削除] をクリックします。

  • Windows Vista または Windows 7 の場合

  • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  • カテゴリの表示で、[プログラムのアンインストール] をクリックします。

  • 一覧で、[Business Contact Manager for Microsoft Outlook 2010] をクリックし、[アンインストール] をクリックします。

Business Contact Manager for Outlookを削除するには、複数のユーザーのコンピューターに自分のプロファイルから、その他のユーザーのプロファイルから削除されません。

方法

  1. Business Contact Manager for Outlookを削除するプロファイルを使用して、Outlook 2010 を開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  4. [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、[データ ファイル] タブをクリックします。

  5. 一覧で、このプロファイルから削除する Business Contact Manager データベースをクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Business Contact Manager フォルダーが存在しない

[Business Contact Manager のフォルダーが表示されません。

ナビゲーション ウィンドウで、Business Contact Manager のフォルダーが表示されない場合は、自分のプロファイルとBusiness Contact Manager for Outlookを関連付ける必要があります。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] タブの [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  3. [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、[データ ファイル] タブをクリックします。

  4. [追加] をクリックします。

  5. [新しい Outlook データ ファイル] ダイアログ ボックスの [データ ファイルの種類] で、[Business Contact Manager データベース] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

  7. スタートアップ ウィザードで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいデータベースを作成する場合は、[新規ローカル データベースの作成] をクリックし、画面の指示に従います。

    • 既存のデータベースに接続している場合は、[ローカル データベースに接続] をクリックし、画面の指示に従います。

詳細については、作成または選択新しい Business Contact Manager データベースを参照してください。

  1. Outlook を再起動します。

ページの先頭へ

Business Contact Manager データベースが見つからない

Business Contact Manager データベースが表示されません。

Business Contact Manager データベースの名前は、データベース所有者がデータベースを作成するときに使用した名前です。Business Contact Manager データベースは SQL Server データベースであるため、このデータベースは、メインのデータベースとデータベースのログ ファイルの 2 つのコンポーネントで構成されています。

データベース ファイルは次のフォルダーに格納されています。

  • Windows XP の場合

    Windows XP では、Business Contact Manager データベースとログ ファイルは次の場所に格納されています。

    C:\Documents and Settings\[username]\Local Settings\Application Data\Microsoft\Business Contact Manager\[databasename.mdf]

    ここで、username はデータベース所有者の名前、database name は Business Contact Manager データベースの名前です。

    注: このパスにあるすべてのファイルを表示するには、隠しファイルと隠しフォルダーを表示する必要があります。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

    C:\Documents and Settings\[username]\Local Settings\Application Data\Microsoft\Business Contact Manager\[databasename.ldf]

    ここで、username はデータベース所有者の名前、database name は Business Contact Manager データベースの名前です。

  • Windows Vista または Windows 7

    Windows Vista および Windows 7 の場合、Business Contact Manager データベースとログ ファイルは次の場所に格納されます。

    C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Business Contact Manager\[databasename.mdf]

    ここで、username はデータベース所有者の名前、database name は Business Contact Manager データベースの名前です。

    注: このパスにあるすべてのファイルを表示するには、隠しファイルと隠しフォルダーを表示する必要があります。隠しフォルダーを表示する方法については、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックしてください。

    C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Business Contact Manager\[databasename.ldf]

    ここで、username はデータベース所有者の名前、database name は Business Contact Manager データベースの名前です。

ページの先頭へ

サーバーに Business Contact Manager for Outlook をインストールする

サーバーにBusiness Contact Manager for Outlookをインストールします。

サーバー上のBusiness Contact Manager for Outlookの使い方の詳細については、サーバーで Business Contact Manager データベースを管理するを参照してください。

ページの先頭へ

レコードとアイテムが正しく並べ替えられない

自分のレコードとアイテムが正しく並べ替えられない

レコードとをデータベース内のアイテムを正しく並べ替えるには、お使いのコンピューターにインストールされている Windows の言語バージョンとしてBusiness Contact Manager for Outlookの同じ言語バージョンを使用する必要があります。

言語バージョンの詳細については、Windows ヘルプの「地域と言語のオプション」を参照してください。

ページの先頭へ

ビジネス データをインポートする

探している別のアプリケーションからビジネス データをインポートする方法について。

別のプログラムからビジネス データをインポートする方法の詳細については、 Business Contact Manager にデータのインポートを参照してください。

ページの先頭へ

ワークグループのみの問題

探しているは、リモートのユーザー アカウントが見つからなかった可能性のあることを示すメッセージを受信しました。

ワークグループ環境では、共有データベースが置かれているコンピューター上のユーザー アカウントが必要です。リモート コンピューターの管理者は、ユーザー アカウントがあることを確認してください。

共有データベースを復元が、ユーザーがデータベースにアクセスできません。

別のコンピューターからデータベースを共有していたを復元した場合前のユーザー名とパスワードは、新しいコンピューターで認識されずがされません。データベースの共有を停止し、それを復元した後でもう一度共有してください。進めて、もう一度共有して、データベースにアクセスするユーザーを追加することができます。Business Contact Manager データの他のユーザーとの共有を参照してください。

リモートのユーザー アカウントの検証が失敗したことを示すメッセージを受信します。

リモート コンピューターの管理者に、簡易ファイルの共有が無効になっていて、データベースが共有されていることを確認してください。

次のことを示すメッセージを受信した: ログオン失敗: ユーザー アカウントの制限。

データベースが存在するコンピューターで、空白のパスワードが許可されていない、時間単位のログオン制限が設定されている、または許可されるパスワード変更の頻度を制限するポリシーが設定されている可能性があります。管理者にパスワードの手動リセットを依頼してください。

パスワードがパスワード ポリシーの要件を満たしていないことを示すメッセージを受信します。

データベースが存在するコンピューターで、パスワードの最小長を必要とする、またはパスワードに特殊文字を含める必要があるパスワード ポリシーが設定されているか、既存のパスワードが再利用されないようにパスワード履歴がトラッキングされている可能性があります。管理者にパスワードの手動変更を依頼してください。

そのBusiness Contact Manager for Outlookでは、自分のパスワードは変更できませんでしたを示すメッセージを受信しました。

  • リモート アカウントがロックアウトされている可能性があります。この問題は、リモート パスワードを間違って入力し、ログオンの失敗回数が指定された数を超えた後、ユーザー アカウントをロックアウトするようにセキュリティ ポリシーが構成されている場合に発生します。管理者はパスワードのリセットが必要になることがあります。

  • リモート アカウントが使用できない可能性があります。管理者にパスワードのリセットを依頼してください。

  • リモート アカウントには、有効になっているユーザーは、次のログオン時にパスワードを変更する必要があります設定があります。この設定が有効になっている場合は、 Business Contact Manager for Outlookのリモート パスワード変更機能を使用することはできません。いずれか、リモート ユーザー アカウントには、この設定を無効にする、または手動でパスワードをリセットするリモート コンピューターの管理者に依頼します。

  • リモート アカウントの [ユーザーはパスワードを変更できない] 設定が有効になっている可能性があります。管理者はパスワードを手動でリセットするか、ユーザー アカウントのこの設定を無効にする必要があります。

  • 空白のパスワードを使用している場合、ネットワーク認証での空白のパスワードの使用が無効になっている可能性があります。Business Contact Manager リモート データベースにアクセスする場合、パスワードを空白にしないことをお勧めします。

ページの先頭へ

追加情報

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×