Business Connectivity Services アプリケーションの管理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online では、Business Connectivity Services (BCS) を SharePoint サイトの外部にあるデータ ソースに接続することができます。外部サイトには SQL Azure データベースや Windows Communication Foundation (WCF) Web サービスなどが含まれます。これらの接続を作成すると、SharePoint 管理センターのサイトで BCS 情報の管理と編集を行うことができます。SharePoint 管理センターのサイトに直接ログオンするか、または Office 365 管理センターにログオンして、SharePoint 管理センターに移動します。

SharePoint Online は、Secure Store Services と一緒に BCS を使用して、外部データ システムから BDC モデルなどのデータにアクセスして、取得します。BCS の詳細については、「一般法人向け Office 365 用 SharePoint Online 計画ガイド」を参照してください。

この記事の内容

BCS 権限の管理

オブジェクトの権限

Metadata Store の権限

Business Data Connectivity (BDC) モデルのインポートとエクスポート

BDC モデルのインポート

BDC モデルのエクスポート

外部コンテンツ タイプへのアクションの追加

外部データと外部データ設定の表示

[外部コンテンツ タイプ] ビュー

[外部システム] ビュー

プロパティ設定の表示

プロパティの設定

[BDC モデル] ビュー

BCS 権限の管理

注: BCS を設定する方法については、 MSDN の SharePoint Online 開発リソース センターを参照してください。

セットアップが完了した後で、接続によって提供されるデータへのアクセスは、ユーザー権限により制御されます。BCS には 2 種類の権限があります。

  • オブジェクトの権限

  • Metadata Store の権限

[BDC モデル インポート] と権限の設定が表示されている [Business Connectivity 設定] の [編集] リボンのスクリーンショット。

オブジェクトの権限

オブジェクトの権限は、特定の外部システム、BDC モデル、または外部コンテンツ タイプ (ECT) にのみ適用されます。各 ECT はセキュリティ保護可能なオブジェクトです。たとえば、WCFBookSales という名前の ECT がある場合、オブジェクトの権限は WCFBookSales オブジェクトにのみ適用され、その他に定義されている ECT があっても、それらには適用されません。

オブジェクトにオブジェクトの権限を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 自分の SharePoint Online 管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [bcs] を選択します。

  4. [ビジネス データ カタログ] のセクションで、[BDC モデルと外部コンテンツ タイプの管理] を選択します。

  5. 管理する ECT または外部システムの名前の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  6. リボンの [オブジェクトの権限の設定]
    SharePoint Online の Business Connectivity Services 用 [オブジェクトの権限の設定] ダイアログのスクリーンショット。 を選択します。

  7. テキスト ボックスに、ユーザー アカウントまたはグループ名を入力して、[追加] を選択します。また、[参照] を選択して、該当する名前を見つけることもできます。

  8. どのアカウント名またはグループ名について ECT または外部システムへのアクセスを設定するのかを選択します。一度に 1 つのアカウントについてのみ、権限を設定できます。複数のグループまたはアカウントがある場合は、一度に 1 つのアカウントを選択して、個別に各アカウントのアクセスのレベルを設定する必要があります。
    次の表では、権限と、関連するアクセス レベルを説明します。

権限

メモ

編集

ユーザーまたはグループに、外部システムと BDC モデルの作成、BDC モデルのインポート、BDC モデルのエクスポートを許可します。この設定は、高い権限を持つユーザーのみに使用してください。

実行

ユーザーまたはグループに、ECT に対する操作 (作成、読み取り、更新、削除、クエリ) の実行を許可します。

クライアントで選択可能

ユーザーまたはグループに、任意の ECT の外部リストの作成と、外部アイテム ピッカーでの ECT の表示を許可します。

権限の設定

ユーザー、グループ、またはクレームに、Metadata Store に対する権限の設定を許可します。

権限管理ができるようにするには、各 BCS 接続について、少なくとも 1 人のユーザーまたは 1 つのグループにこの権限が付与されている必要があります。この権限を持つユーザーは、Metadata Store に対する編集権限を付与することができます。この設定は、高い権限を持つユーザーのみに使用してください。

ページの先頭へ

Metadata Store の権限

Metadata Store の権限は、BCS ストア全体に対してグローバルに適用されます。つまり、権限が適用されるのは、その外部システムに対して定義されたすべての BDC モデル、外部システム、ETC、メソッド、メソッド インスタンスです。Metadata Store に対する権限の設定によって、だれがそのストアのアイテムの編集や権限の設定を実行できるかが決まります。

Metadata Store の権限は、BDC モデル、ECT、外部システムなどの多数のオブジェクトに適用されます。Metadata Store の権限は、オブジェクトの権限と置き換わることがあるので、管理には注意が必要です。綿密な計画に基づいて適用すると、Metadata Store の権限によってアクセス権をすばやく、かつもれなく付与することができます。

spo の bcs での [メタデータ ストアの権限の設定] ダイアログのグラフィック。

Metadata Store の権限を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 自分の SharePoint Online 管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [bcs] を選択します。

  4. [ビジネス データ カタログ] のセクションで、[BDC モデルと外部コンテンツ タイプの管理] を選択します。

  5. リボンの [Metadata Store の権限の設定] を選択します。

  6. テキスト ボックスに、ユーザー アカウントまたはグループを入力して、[追加] を選択します。また、[参照] を選択して、該当するアカウントを見つけることもできます。

  7. アカウントまたはグループは、2 番目のボックスに表示されます。複数のアカウントまたはグループがある場合は、一度に 1 つずつを選択してアクセスのレベルを設定しなければなりません。

    権限

    メモ

    編集

    ユーザーまたはグループに、外部システムと BDC モデルの作成、BDC モデルのインポート、BDC モデルのエクスポートを許可します。この設定は、高い権限を持つユーザーのみに使用してください。

    実行

    ユーザーまたはグループに、ECT に対する操作 (作成、読み取り、更新、削除、クエリ) の実行を許可します。

    クライアントで選択可能

    ユーザーまたはグループに、任意の ECT の外部リストの作成と、外部アイテム ピッカーでの ECT の表示を許可します。

    権限の設定

    ユーザー、グループ、またはクレームに、Metadata Store に対する権限の設定を許可します。

    権限管理ができるようにするには、各 BCS 接続について、少なくとも 1 人のユーザーまたは 1 つのグループにこの権限が付与されている必要があります。

    この権限を持つユーザーは、Metadata Store に対する編集権限を付与することができます。この設定は、高い権限を持つユーザーのみに使用してください。

  8. Metadata Store 内のすべてのアイテムに権限を伝達するには、[BDC Metadata Store 内のすべての BDC モデル、外部システム、および外部コンテンツ タイプにアクセス許可を伝達する] を選択します。このオプションを選択する場合は、既存のすべての権限 (オブジェクトの権限を含みます) が置き換えられ、選択した BCS アプリケーションの任意の場所に設定できます。

ページの先頭へ

Business Data Connectivity (BDC) モデルのインポートとエクスポート

[BDC モデル] ビューでは、ビジネス データ接続の基盤となるフレームワークのインポートやエクスポートを行うことができます。これは、新しい環境で接続を再作成する必要がある場合にとても便利です。BDC モデル ファイルをインポートして、外部システムとの ECT 接続を作成することができます。

2 種類のモデル ファイルをインポートまたはエクスポートできます。

モデル    選択されたシステムの XML メタデータをエクスポートします。

リソース    選択されたシステムのローカライズされた名前、プロパティ、権限をエクスポートします。

注: XML コードを使用して BDC モデルを作成できます。そうする場合は、認証モードの RevertToSelfPassThrough が SharePoint Online では使用できないことにご注意ください。XML で記述された BDC モデルをインポートできる可能性はありますが、接続を使用することはできなくなります。

ページの先頭へ

BDC モデルのインポート

BDC モデルをインポートする場合は、指定された権限もインポートしてください。BDC モデルをインポートする前に、インポートされる権限と既存の権限が互いにどのように影響するのかを理解しておくことをお勧めします。

BDC モデルに関してインポートされる権限は、BDC サービスで既存の権限のストアに追加されます。あるオブジェクトのエントリがすでにアクセス制御リスト内に存在する場合、既存の値は、インポートされるファイルの権限情報によって上書きされます。

BDC モデルをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. 自分の SharePoint Online 管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [bcs] を選択します。

  4. [Business Connectivity Services] のセクションで、[BDC モデルと外部コンテンツ タイプの管理] を選択します。

  5. リボンで、[インポート​​] を選びます。

  6. [BDC モデル] セクションを選び、BDC モデルのファイル名を入力します。モデル名には、~ " # % & * : < > ? \ { | }0x7f などの特殊記号を含めることはできません。また、[参照] を選択して、BDC モデルの *.bdcm ファイルを見つけることもできます。

    [bcs モデル] ビューのスクリーンショット。

  7. [ファイルの種類] セクションで、インポートするファイルの種類を [モデル] と [リソース] から選択します。

  8. [詳細設定] セクションで、インポートする次のリソースから 1 つまたは複数を選択します。

  9. [ローカライズされた名前] 特定のロケールでローカライズされた ECT の名前をインポートします。インポートされた、ローカライズされた名前は、Business Data Connectivity により、既存のローカライズされた名前とマージされます。

  10. [プロパティ] ECT のプロパティをインポートします。インポートされたプロパティは、Business Data Connectivity により、既存のプロパティ記述とマージされます。

  11. [権限] ECT に対する権限とその他のモデル内のセキュリティ保護可能オブジェクトをインポートします。

  12. (オプション) リソースの設定を後で使用するためにファイルに保存するには、リソース ファイルの名前を [カスタム環境設定の使用] ボックスに入力します。

  13. [インポート] を選びます。

ページの先頭へ

BDC モデルのエクスポート

BDC モデルをエクスポートしてその内容を読み取り、各接続の違いを確認することができます。このことは、トラブルシューティングのときに役立ちます。また、エクスポートした BDC モデル ファイルを、テストや再利用のために別の環境にインポートすることもできます。

BDC モデルまたはリソース ファイルをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. 自分の SharePoint Online 管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [bcs] を選択します。

  4. [BDC モデルと外部コンテンツ タイプの管理] を選択します。

  5. ドロップダウン リストから、[ビュー] グループの [BDC モデル] を選択します。

  6. エクスポートする BDC モデルの名前を選択して、リボンの [エクスポート] を選択します。

  7. [Business Data Connectivity モデル] ページで、エクスポートするモデルまたはリソース ファイルを選択します。

  8. [エクスポート] ページで、[ファイルの種類] セクションの [モデル] または [リソース] を選択して、エクスポートするファイルの種類を指定します。

  9. [詳細設定] セクションで、次から 1 つ以上を選択してデータのエクスポートをさらに絞り込みます。

    • [ローカライズされた名前] を選択して、特定のロケールの ECT 用にローカライズされた名前をエクスポートします。

    • [プロパティ] を選択して、ECT のプロパティをエクスポートします。

    • [権限] を選択して、ECT の権限をエクスポートします。

    • [プロキシ] を選択して、外部システムへの接続に使用する実装固有のプロキシをエクスポートします。

  10. 後で使用するためにリソース設定のファイルを保存してある場合は、エクスポートするファイルの名前を [カスタム環境設定の使用] フィールドに入力します。

  11. [エクスポート] を選択して、*.bdcm ファイルをローカル ドライブに保存できるようにするダイアログを開始します。テキスト エディターで *.bdcm ファイルを開くことができます。

    ページの先頭へ

外部コンテンツ タイプへのアクションの追加

ECT にアクションを追加することにより、管理者は URL (Uniform Resource Locator) を ECT と関連付けます。これにより、指定されたプログラムが自動的に起動されるか、指定された Web ページが自動的に開きます。

アクションでは、ECT 内の 1 つ以上のフィールドに基づくパラメーターを指定することができます。たとえば、ECT に対して作成したアクションの中で、検索ページの URL を指定します。このアクションのパラメーターとして、たとえば外部データ ソース内のアイテムの ID を指定します。こうすることで、ユーザーはそのアイテムの検索を自動化する、ECT 用のユーザー設定のアクションを指定できます。

注: ECT に新しいアクションを追加するときに、そのアクションはその ECT の既存の外部リストには追加されません。そのアクションは、ECT の新しい外部リストでのみ使用可能になります。

アクションを ECT に追加するには、次の手順を実行します。

  1. 自分の SharePoint Online 管理者アカウントで Office 365 にサインインします。

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [bcs] を選択します。

  4. [BDC モデルと外部コンテンツ タイプの管理] を選択します。

  5. アクションを追加する ECT の名前をポイントして、表示される矢印を選択します。メニューから、[アクションの追加] を選択して、[アクションの追加] ページを開きます。

  6. [名前] フィールドで、わかりやすいアクション名を入力します。

  7. [URL] フィールドで、アクションによって開く URL を入力します。

    注:  コントロールの下で、URL の例を検索できます。この例では、{0} または {1} などの 1 つ (または複数) のパラメーター プレースホルダーを追加する方法を示します (http://www.adventure-works.com/sample.aspx?p0={0}&p1={1} )。

  8. サイトの Web パーツをこの新しいアクションで使用できるようにしたい場合は、次のオプションのいずれかを選択します。

コマンド

アクション

はい

アクションを新しいブラウザー ウィンドウで開始します (ページ コンテキストを維持)。

いいえ

アクションを同じブラウザー ウィンドウで開始します。

  1. URL に必要なパラメーターがある場合は、[URL パラメーター] フィールドで指定します。インターフェイスでは、このパラメーターに 0 から始まる番号が付けられることにご注意ください。

  2. アイコンを使用するかどうかを決定します。このフィールドでは、標準のアイコンを使用することもできます。

  3. このアクションを既定のアクションにする場合は、[既定のアクション] チェック ボックスをオンにします。

    重要:  パラメーターには、氏名や身分証明書番号のような、個人を特定できる情報が含まれることがあります。アクションを設計する際には、個人を特定できる情報を表示するフィールドを使用しないようにご注意ください。

ページの先頭へ

外部データと外部データ設定の表示

リボンの [ビュー] セクションを使用して、BCS 接続の各種のビューを選択します。3 つのビューに、BCS 接続に関する情報が異なる方法で表示され、異なるアクションにアクセスできます。これらのビューに慣れておくことは重要です。なぜならば一部のタスクは特定のビューでのみ使用可能になるからです。

その 3 つのビュー オプションは、BDC モデル、外部システム、外部コンテンツ タイプです。これを次の図に示します。

BCS データ カタログ表示の表示選択のスクリーンショット。

これらのビューを使用して BCS を管理する方法については、後続のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

[外部コンテンツ タイプ] ビュー

既定では、BCS 接続では [外部コンテンツ タイプ] ビューが使用されます。このビューには [サービス アプリケーションの情報] が表示され、次の情報が一覧表示されます。

  • ECT 名

  • ECT の表示名

  • ECT の種類の名前空間

  • 名前空間のバージョン

  • 外部システム名

標準の [BCS 外部コンテンツ タイプ] ビューのリボンのスクリーンショット。

BCS のほとんどのプロセスは、このビューで実行できます。しかし、多数の ECT がある場合は、このビューのナビゲートが難しくなる場合があります。

ページの先頭へ

[外部システム] ビュー

[外部システム] ビューには、その起点であるシステムに関連して BCS 接続が表示されます。このビューは、BCS 接続を作成した後で BCS 接続情報について知りたい場合に便利です。このビューでは、外部システムという名前のプロパティ設定を参照できます。さらに、一部のプロパティを設定できます。

SPO の BCS の [外部] ビューのリボンの AQ スクリーンショット。

プロパティ設定の表示

[外部システム] の名前は、このページに選択可能なリンク (誘導可能な URL) として表示されます。URL を選択すると、Store の元のプロパティ設定が表示されるウィンドウが開きます。さらに、SQL Azure に接続している場合、データベース サーバー名およびデータベースがこのビューに表示されます。

BCS 接続の種類に応じて、プロパティ設定に次のアイテムの任意の組合せを含めることができます。

  • アクセス プロバイダー (例: WCF サービス)

  • 認証モード (例: [ユーザーの ID])

  • データベース サーバー

  • 偽装レベル (なし、匿名、識別、偽装、委任など)

  • 初期データベース名

  • 統合セキュリティ (例: SSPI)

  • Secure Store の実装

  • Secure Store ターゲット アプリケーションの ID (Secure Store に入力される ID として)

  • サービスのエンドポイント アドレス (例: SomeWCFService.svc を指す URL)

  • 接続プール (アクティブ/非アクティブ)

  • Secure Store ターゲット アプリケーションのセカンダリ ID

  • Secure Store の実装

プロパティの設定

[外部システム名] をポイントしている場合は、[設定] を含むショートカット メニューを開くことができます。このコマンドは、Windows Communication Foundation (WCF) Web サービスを使用した SharePoint Online 接続の場合に便利です。このメニューで [設定] オプションを選択すると、以下の任意の設定を行うことができます。

  • メタデータ交換の URL

  • メタデータ交換の検出モード

  • WDSL 認証モード

  • WSDL Secure Store ターゲット アプリケーションの ID

  • Secure Store の実装

ページの先頭へ

[BDC モデル] ビュー

[BDC モデル] ビューで提供されるリボン コマンドを使用すると、BDC モデルをインポートまたはエクスポートできます。さらに、[BDC モデル] ビューでは、とても大きな ECT のコレクションの中を簡単に移動できます。[BDC モデル] では、接続ごとにすべての ECT が表示される代わりに、それぞれの異なる接続に関するハイパーリンクが表示されるため、扱いやすい一覧を作成できます。

spo の bcs 内の [bdc モデル] ビュー リボンのグラフィック。

BDC モデルのすべての ECT を表示する場合は、モデル名を選択するだけです。その後、ECT の名前を選択した場合、ECT で定義されているフィールドを表示するテーブルを開きます。次のテーブルと似ています。

名前

種類

既定で表示

受注 ID

System.String

いいえ

従業員 ID

System.String

いいえ

運送料

System.Nullable '1[[System.Decimal, ....

いいえ

この表示には、ECT 経由で接続されたデータ ソースのレイアウトがほぼそのまま反映されることもあり、基になっているデータの構造がよくわかります。

また、このページの下部には、この ECT の [関連付け]、[アクション]、または [フィルター] が表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×