Beep マクロ アクション

Beep アクションを使うと、コンピューターのスピーカーから警告音を鳴らすことができます。

注: Beep マクロ アクションは、Access Web アプリでは使用できません。

設定

Beep アクションには、引数はありません。

解説

Beep アクションを使うと、次のようなことが発生したことを知らせることができます。

  • 画面に重要な変更があったこと。

  • 誤った種類のデータがコントロールに入力されたこと。 たとえば、ユーザーが数値データをテキスト ボックス コントロールに入力したこと。

  • マクロが特定のポイントに達したか、アクションを完了したこと。

警告音の頻度と長さはハードウェアによって決まり、コンピューターによって異なることがあります。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで Beep アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの Beep メソッドを使います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×