BPMN に準拠したプロセスを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ビジネス プロセス モデリング表記図形 (BPMN) は、ビジネス プロセスをグラフィカルに表す標準的な方法です。Visio には、BPMN 1.2 仕様で記述されたグラフィック要素を含むテンプレートが用意されています。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成] をクリックし、[フローチャート] をクリックして、[BPMN 図] をダブルクリックします。

  3. プロセスのステップごとに、ステンシルのいずれか 1 つからページに図形をドラッグし、通常の方法で図形を接続します。

    BPMN 仕様では、シーケンス フロー、メッセージ フロー、および関連の 3 種類のコネクタが要求されます。オートコネクトまたはコネクタ ツールを使用して追加するコネクタは、既定ではシーケンス フロー コネクタです。コネクタの種類を変更するには、コネクタを右クリックし、ショートカット メニューの目的の種類をクリックします。

    図形の接続方法の詳細については、「オートコネクトまたはコネクタ ツールを使用して図形を接続する」を参照してください。

  4. プロセス内のオブジェクトの属性を設定する

    すべての BPMN 図形には基になるデータ、つまり属性があります。これらの属性により図形の外観、および図形に関連付けられた追加データが指定されます。ショートカット メニューに主要な属性を表示して変更するには、図形を右クリックします。

    オブジェクトには多数の詳細な属性があります。これらの属性を表示して変更するには、オブジェクトを右クリックし、[BPMN 属性] をクリックします。属性を編集するためのウィンドウが表示されます。

  5. 次の操作を実行して、BPMN ルール セットに対してワークフローを検証します。

    1. [プロセス] タブの [図面の検証] で [図のチェック] をクリックします。

    2. [問題] ウィンドウに問題が表示された場合はすべて解決します。

      検証ではグラフィック要素のみがチェックされ、属性値が正確かどうかはチェックされません。検証の詳細については、「構造図を検証する」を参照してください。

フローチャートや他の図に含まれる図形で実行できるいくつかの視覚的な変更は、BPMN 図では実行できません。これは、そのような変更が BPMN 1.2 仕様で許可されていないためです。たとえば、シーケンス フローの線を灰色の破線に変更することはできません。これは、線をこのように表示すると、メッセージ フローのように見えるためです。

BPMN 1.2 に関する詳細については、 http://www.bpmn.orgObject Management Group の Web サイトを参照してくださいことができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×