Azure Active Directory のサインインと監査レポートを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 組織で普通ではない、または不審なサインイン アクティビティを探すために、Microsoft Azure のサインイン レポートやアクティビティ レポートを利用できます。Microsoft Azure Active Directory 監査ログでイベントを表示することもできます。これは、Office 365 サブスクリプションに Azure Active Directory の無料サブスクリプションが含まれているためです。これらのレポートに初めてアクセスするとき、Azure 管理ポータルにアクセスするには、1 回限りの登録プロセスを完了する必要があります。詳細については、「Register your free Azure Active Directory subscription (無料の Azure Active Directory サブスクリプションの登録)」を参照してください。Azure AD サブスクリプションの登録後、Office 365 管理センターの [レポート] ページから直接 Azure AD レポートにアクセスできます。

注: 試用版サブスクリプションや教育サブスクリプションとして Azure AD を利用している組織の場合、Office 365 の無料サブスクリプションは利用できません。

Azure AD のサインインと監査レポートを表示する

  1. Office 365 管理センターで、[レポート]、[セキュリティとコンプライアンス] の順にクリックします。

  2. [監査] で、[Azure AD レポート (有料の Office 365 サブスクリプションが必要)] をクリックします。

    前に説明したように、このリンクを初めてクリックするとき、Azure Active Directory サブスクリプションを登録する必要があります。登録ページにアクセスするには、組織は有料の Office 365 サブスクリプションを用意する必要があります。

  3. Azure 管理ポータルの [Active Directory] タブで、組織の名前をクリックします。

  4. 組織のページで、[レポート] を選択します。

    スクリーンショットは、Contoso 組織の組織ページを示しています。[レポート] オプションが強調表示されています。
  5. 検索する期間を指定します。

    アクティビティ レポートを収集したい期間およびユーザー名を入力できる [レポート] ページの拡大表示のスクリーンショット。

    レポートを表示するには、一覧内のレポートをクリックします。

    スクリーンショットは、Azure 管理ポータルの [Active Directory] タブの [レポート] ページを示しています。ライセンス、異常なアクティビティ、アクティビティ ログ、統合アプリケーションのレポート カテゴリが展開され、そのカテゴリで利用可能な特定のレポートが表示されます。
  6. その特定のレポートの詳細ページに移動します。別のレポートを表示するには、左側のパネルで一覧から選択するか、矢印をクリックして [レポート] ページに戻ります。

    スクリーンショットは、Azure 管理ポータルの [Active Directory] タブの [レポート] ページから利用可能な ”不明なソースからのサインイン” レポートのページを示しています。

ライセンス、異常なアクティビティ、アクティビティのログ、統合アプリケーション、および外部アクセスのレポートを利用します。Premium レポート、Azure AD Premium サブスクリプションが必要です。レポートの詳細については、レポートを表示するアクセスと使用を参照してください。

ユーザーのアクティビティ レポートを表示する

  1. Office 365 管理センターで、[レポート]、[セキュリティとコンプライアンス] の順にクリックします。

  2. [監査] で、[Azure AD レポート (有料の Office 365 サブスクリプションが必要)] をクリックします。

  3. Azure 管理ポータルの [Active Directory] タブで、組織の名前をクリックします。

  4. [ユーザー] タブで、アクティビティ レポートを表示するユーザーをクリックします。

  5. ユーザーのプロパティ ページで、[アクティビティ] をクリックします。

過去 30 日間のイベントが一覧表示されます。アクティビティ レポートには、ユーザーのサインイン日時、サインインしたアプリケーション、ユーザーの IP アドレス、ユーザーのサインイン場所、サインインに使用されたクライアント デバイスの種類が含まれます。イベントは、職場または学校アカウントでのサインインのみに対して記録されます。ユーザーが Microsoft アカウントでサインインするとき、イベントは記録されません。

表示して、 Azure ADでのレポートのダウンロードの詳細については、レポートを表示するアクセスと使用を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×