Azure と Office 365 との統合

Office 365 では Azure Active Directory (Azure AD) を使用して、バックグラウンドでユーザー ID を管理します。Office 365 サブスクリプションには Azure AD の無料のサブスクリプションが含まれているため、オンプレミス環境でパスワードの同期やシングル サインオンのセットアップが必要な場合に、Office 365 と Azure AD を統合することができます。高度な機能を購入して、アカウントの管理を向上させることもできます。

Azure では、Office 365 サブスクリプションを延長およびカスタマイズするために使用できる、統合アプリの管理などの他の機能も提供されます。

Azure AD アドバイザー (Azure AD Connect アドバイザーAD FS 展開アドバイザーAzure RMS 展開ウィザード、および Azure AD Premium セットアップ ガイド) を使用することもできます。

Azure AD エディションと Office 365 ID の管理

Office 365 の有料のサブスクリプションがある場合は、Azure AD の無料のサブスクリプションをご利用いただけます。Azure AD を使って、ユーザーやグループのアカウントを作成して管理することができます。このサブスクリプションをアクティブ化するには、1 回限りの登録を完了する必要があります。その後、Office 365 管理ポータルから Azure AD にアクセスできます。手順については、無料の Azure AD サブスクリプションの登録に関するページを参照してください。

ヒント: Office 365 のサブスクリプションに付属する無料の Azure AD サブスクリプションを登録するには、上述の手順に従います。Azure.Microsoft.com に直接移動してサインアップしないでください。ここでサインアップすると、Office 365 用の無料サブスクリプションではなく、Microsoft Azure の試用版または有料のサブスクリプションを登録することになります。

無料のサブスクリプションでは、オンプレミス ディレクトリとの同期、シングル サインオンのセットアップ、Salesforce や DropBox などの数多くの SaaS アプリケーションとの同期を行うことができます。

AD DS の拡張機能、双方向同期、およびその他の管理機能が必要な場合は、無料のサブスクリプションを有料の Premium サブスクリプションにアップグレードすることができます。詳細については、「Azure Active Directory エディション」を参照してください。

Office 365 と Azure AD の詳細については、「Office 365 の ID と Azure Active Directory を理解する」を参照してください。

Office 365 テナントの機能を拡張する

機能

説明

統合アプリ

メール、予定表、連絡先、ユーザー、グループ、ファイル、およびフォルダーのような、Office 365 データへのアクセス権を個々のアプリに付与することができます。全体管理者レベルでこれらのアプリを承認し、Azure AD にアプリを登録することで会社全体で使えるようにすることもできます。詳細については、「Office 365 管理者の統合アプリおよび Azure AD」を参照してください。

Azure Active Directory のアプリケーション アクセスとシングル サインオンとは」も参照してください。

PowerApps

PowerApps は、SharePoint リストやその他のデータ アプリのような既存のデータ ソースに接続できるモバイル デバイスに重点を置いたアプリです。詳細については、「SharePoint Online のリストに基づいて PowerApp を作成する」と PowerApps に関するページを参照してください。

Microsoft Cloud と Office 365 に関するその他のリソースについては、以下のリソースを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×