AutoCAD レイヤーのプロパティを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio で AutoCAD 図面をインポートするか、開いた後は、一部のレイヤーのプロパティを変更できます。たとえば、特定のレイヤーの表示/非表示を切り替えたり、一部のレイヤーの色を変更したりすることができます。

  1. 既に選ばれている項目の選択を解除するには、図の空白領域をクリックします。

  2. カーソルが
    矢印カーソルと移動アイコン に変わるまで、AutoCAD 図面の端にカーソルを移動します。

  3. 右クリックし、[CAD 図面オブジェクト] > [プロパティ] をクリックします。

  4. [レイヤー] タブをクリックします。元の AutoCAD 図面のレイヤーは、関連する可視性、色、太さのオプションと共に一覧表示されます。

  5. レイヤーの設定を変更する場合は、設定をクリックします。

    • [はい] という単語をクリックすると、[いいえ] に変わります。

    • 色をクリックすると、[] ダイアログが開き、別の色を指定できます。

    • 線の太さをクリックすると、新しい太さを指定できます。

  6. [適用] をクリックすると、変更がプレビューされます。完了したら、[OK] をクリックします。

関連項目

Visio で AutoCAD 図面を操作する方法の概要

AutoCAD 図面のロックを解除します。

AutoCAD 図面を変換します。

AutoCAD 図面をトリミングします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×