AutoCAD インポートの準備

Visio の図面縮尺が、インポートした AutoCAD 図面の図面縮尺と一致するようにする場合は、インポートのための準備を行う必要があります。AutoCAD で設定するプロパティと、Visio で設定するプロパティがあります。この記事では、プロパティの設定の手順について説明します。

AutoCAD でプロパティを設定する

AutoCAD 図面を Visioにインポートする前に、AutoCAD でいくつかの操作を行う必要があります。AutoCAD プログラムに対するアクセス権限を持っていない場合は、AutoCAD ファイルの作成者に次の操作を行うように依頼してください。

Visio で最適に動作するレイアウト タブを選択し、AutoCAD ファイルを保存します。後で、ファイルを Visio にインポートしたときに、これがインポートされるレイアウトとなります。Visio ではビューポートを含むレイアウト タブが必要であることに注意してください。[Model] (モデル) タブを選択しないでください。このタブにはビューポートが含まれていないからです。

レイアウト タブで、ビューポートを選択し、右下隅にある図面縮尺をメモします。これが現在 [Scale to fit] (自動調整) に設定されている場合は、標準的な縮尺に設定することをお勧めします。標準的な縮尺を選択すると、Visio での図面操作が簡単になります。たとえば、1:1、1:2、1:5 などの標準的なメートル法のスケールを選択します。インペリアル (ヤード ポンド) スケールの場合は、1/4" = 1’ 0"、1/2" = 1’ などを選択します。

ヒント: この縮尺は後で図面を Visio にインポートする際に使用するので、紙に書き留めておきます。

AutoCAD で、「Units」 (単位) と入力し、ENTER キーを押します。ミリメートルまたはインチなどの標準的な単位が指定されていることを確認します。

  1. 次に、プロットの設定を確認します。Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

  2. 用紙サイズと向きをメモしておきます。Visio でも同じサイズおよび同じ向きを使用します。

  3. [Plot Scale] (プロット縮尺) で、[Scale] (縮尺) に指定されている単位を探します。単位が上記で特定した図面単位と同じである場合は、以下の手順 6 に進んでください。単位が異なる場合は、手順 5 に進みます。

この手順は、AutoCAD の図面単位がプロット単位と異なる場合にのみ必要です。単位が同じである場合は、手順 6 に進んでください。単位が異なる場合は、図面内にプロット縮尺と呼ばれる別の縮尺があることを意味します。これは AutoCAD では正常に機能しますが、Visio では図面が期待どおりに表示されない場合があります。この問題を回避するには、単純な計算を行って、Visio 用の調整ページ縮尺を得ます。この調整縮尺は AutoCAD では使用しません。図面をインポートする前に、Visio でページ縮尺を設定する際に使用するだけとなります。

調整縮尺を得るには、ビューポート縮尺とプロット縮尺を乗算します。メートル系の単位で調整ページ縮尺を算出する方法について代表的な例を次に示します。

  • ビューポート縮尺: 1:10

  • 図面の単位: センチメートル

  • プロット単位: ミリメートル

  • プロット縮尺: 1 mm = 1 cmまたは、比率で表現したプロット縮尺: 1:10.

  • Visio 用の調整縮尺を計算する: (1:10) x (1:10) = 1:100
    Visio ページ用のこの調整ページ縮尺は、図面をインポートする前に使用します。

次に米国単位を使用した別の例を示します。

  • ビューポート縮尺: 1/4" 対 1'または、インチで表現: 1/4" 対 12"

  • 図面の単位: フィート

  • プロット単位: インチ

  • プロット縮尺: 1" 対 1'または、インチで表現: 1" 対 12"

  • Visio 用の調整ページ縮尺を計算する:(1/4":12") x (1":12") = 1/4":144"または、1/4" 対 12’
    Visio ページ用のこの調整ページ縮尺は、図面をインポートする前に使用します。

上記の手順が完了したら、AutoCAD 図面を保存します。

  • Visio Pro for Office 365 のサブスクライバーである場合、AutoCAD のバージョン 2007 ~ 2017 で作成された .dwg ファイルまたは .dxf ファイルを保存できます。

  • サブスクライバーでない場合必ず、ファイルを AutoCAD 2007 で .dwg または .dxf ファイルとして保存します。

Visio でプロパティを設定する

AutoCAD 図面はいつでも、空白の Visio 図面にインポートすることができます。ただし、インポートする前に Visio のテンプレートのいずれかで作業を開始することをお勧めします。テンプレートには、AutoCAD ファイルを有効に活用できるように、事前に作成されたステンシルや図形が用意されています。たとえば、オフィス レイアウト図では、AutoCAD 図面上に配置できる家具の図が提供されています。さらに、工場設備のレイアウトでは、機械や装置の図が提供されています。

Visio Standard をお持ちの場合、オフィス レイアウト図は、AutoCAD ファイルに適切に対応する 1 つのフロア プランとなります。Visio Professional をお持ちの場合、次のテンプレートの中からいずれかを選ぶことができます。Visio を開き (既に開いている場合は、[ファイル]、[新規] の順にクリックします)、次のテンプレートのいずれかを検索します。

  • 電気通信設計

  • フロア プラン

  • 住宅設計

  • 空調制御論理図

  • 空調設備設計

  • オフィス レイアウト図

  • パーツとアセンブリ図面

  • 工場設備のレイアウト

  • 給排水設備と配管設計

  • ラック図

  • 天井伏図

  • セキュリティと入退室設備

  • 用地計画

  • 空間設計

  1. Visio ウィンドウの下部で、[ページ] タブを右クリックし、[ ページ設定] をクリックします。

  2. [ページ サイズ] タブをクリックします。[ページ サイズ] タブでは、Visio の図面ページのサイズを設定します。わかりやすくするために、Visio のページ サイズと AutoCAD のページ サイズが一致するように設定することをお勧めします。

  3. [既定サイズ] では、AutoCAD で設定したページ サイズと同じ値を選択します。

  4. [図面ページの向き] では、AutoCAD で設定した向きと同じ値を選択します。

  5. [プリンターの設定] をクリックします。[プリンターの設定] タブでは、印刷するページのサイズを設定することができます。印刷ページが図面ページに一致するようにするには、ここで、同じサイズ オプションおよび同じ向きオプションを選択します。希望する印刷オプションが表示されない場合は、[キャンセル] をクリックして別のプリンターを選択します。それには、[ファイル]、[印刷] の順に進みます。

  1. [図面縮尺] タブをクリックします。

  2. [既定の縮尺] をクリックし、AutoCAD で同じビューポート縮尺を選択します。自分の縮尺と一致する値が表示されない場合は、[縮尺を指定] をクリックし、自分の縮尺を入力します。10 進数の形式で入力することも、分数の形式で入力することもできます。たとえば、「1/16 インチ」と入力し、[適用] をクリックします。Visio によって自動的に 0.0625 インチと算出されます。

    注: 上記の手順で Visio 用の調整縮尺を計算した場合、ここでその縮尺を指定します。[縮尺を指定] をクリックし、調整縮尺を入力します。

  3. 最後に、[ページのプロパティ ] タブをクリックし、測定単位を指定します。AutoCAD 図面の場合と同じ単位を使用することをお勧めします。

AutoCAD 図面と Visio ページの準備ができました。これで、AutoCAD で使用されていたのと同じ縮尺で AutoCAD 図面をインポートできるようになりました。

関連項目

Visio で AutoCAD 図面を操作する方法の概要

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×