Array 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

配列 を含む aVariant を返します。

構文

Array( arglist )

必須の arglist引数 は、Variant 内に含まれている配列の要素に割り当てられている値のコンマ区切りリストです。引数が指定されていない場合、ゼロ長の配列が作成されます。

解説

配列の要素を参照するための表記は、変数名とそれに続く括弧で構成され、括弧の中には目的の要素を示す索引番号が入ります。次の例では、最初のステートメントにより、Variant として「A」という名前の変数が作成されます。2 つ目のステートメントにより、変数 A に配列が割り当てられます。最後のステートメントにより、2 つ目の配列要素に含まれる値が別の変数に割り当てられます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

Dim A As Variant
A = Array(10,20,30)
B = A(2)

Array 関数により作成された配列の下限値は、Array がタイプ ライブラリの名前で修飾されていない限り (例: VBA.Array)、Option Base ステートメントにより指定される下限値により決定されます。タイプ ライブラリの名前で修飾されている場合、ArrayOption Base の影響を受けません。

注: 配列として宣言されていない Variant には、配列を含めることができます。Variant 変数には、固定長の文字列とユーザー定義の型を除き、あらゆる型の配列を含めることができます。配列が含まれている Variant は要素の型が Variant の配列とは概念的に異なりますが、配列要素には同じ方法でアクセスされます。

この例では、Array 関数を利用し、配列を含む Variant を返します。

Dim MyWeek, MyDay
MyWeek = Array("Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat", "Sun")
' Return values assume lower bound set to 1 (using Option Base
' statement).
MyDay = MyWeek(2) ' MyDay contains "Tue".
MyDay = MyWeek(4) ' MyDay contains "Thu".

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×