Apple Remote を使用してスライド ショーの画面を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Apple Remote を使用すると、プレゼンテーション中に会議室を歩き回りながらスライド ショーの画面を切り替えることができます。最適な結果を得るためには、コンピューターから 30 フィート以内でリモートを使用します。

重要: PowerPoint でリモートを使用するには、事前にコンピューターとペアリングしておく必要があります。リモートを設定する方法については、Mac のヘルプをご覧ください。

Apple リモート コントロール

吹き出し 1 音量を上げる

吹き出し 2 戻る/巻き戻し

吹き出し 3 音量を下げる

吹き出し 4 再生/一時停止

吹き出し 5 進む/早送り 

  • 次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

次のスライドまたはアニメーションへ進む

リモートで、[再生/一時停止] または [進む/早送り] ボタンをクリックします。

前のスライドまたはアニメーションに戻る

リモートで、[戻る/巻き戻し] ボタンをクリックします。

プレゼンテーションの任意のオーディオの音量を上げ下げする

リモートで、[音量を上げる] または [音量を下げる] ボタンをクリックします。

注記: 

  • リモートを使用してスライド ショーを終了することはできません。スライド ショーを終了するには、キーボードで Esc キーを押します。

  • リモートの [再生/一時停止] ボタンでは、スライド ショーは開始しません。

  • メディア オブジェクトを再生、一時停止、または停止するアニメーション効果を追加している場合を除き、スライドのオーディオまたはムービーをリモートで制御することはできません。オブジェクトにアニメーションを設定する詳細については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×