Android 版 Office Lens

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office Lens は、ホワイトボード、メニュー、標識、手書きのメモなど、たくさんの文字が書かれた対象からノートを取ったり情報を取り込める便利なアプリです。急いでメモを取ることも、ぼやけた画像に頼ることも、ノートの置き忘れを心配することも、もうありません。スケッチ、図面、数式も、文字列のない画像でも取り込める優れたアプリです。

Office Lens では、画像を読みやすくするために影が除去され、アングルの歪みが調整されます。Google Play から Office Lens アプリを無料でダウンロードすることができます。

ドキュメントやホワイトボードの画像は、Word、PowerPoint、OneNote、OneDrive に PDF として保存したり、自分のギャラリーに保存したりできます。


モードを選ぶ

Office Lens を起動したら、画像を最適な状態で取り込むために、まずモード (ドキュメント、ホワイトボード、写真、名刺) を選びます。

Android 用 Office Lens での画像の取り込み方法を示したスクリーンショット。

ドキュメント    このモードを使うと、ページ上の小さい文字や詳細な説明を最大限に取り込んで活用できます。ポスター、チラシ、レストランのメニューなどに適しています。

ホワイトボード    メモを撮影するときは、このモードを使います。Office Lens では、背景の明るさが抑えられ、文字が読み取りやすくなるように画像が調整されます。黒板やスケッチの取り込みにも適した設定です。

写真    風景や人物の撮影に適したモードです。

名刺    このモードでは、連絡先情報を抽出し、それを連絡先リストや OneNote に保存することができます。このモードは、英語、ドイツ語、スペイン語、簡体字中国語の名刺で最適に動作します。


写真を撮影する

フラッシュを使うかどうかを選び、写真の解像度などの他のオプションを選びます。 対象を正確に取り込むには、フレームを対象の輪郭に合わせてから、[カメラ] ボタンを使って写真を撮影します。


レビューと編集

写真は、保存する前に、お好みに合わせて編集できます。

  1. 現在のプレビューを削除して写真を撮り直します。


    Android 用 Office Lens の確認画面のスクリーンショット。


  2. [トリミング] 機能を使って画像の不要な部分をトリミングします。画像を回転するには [回転] アイコンを押します。


    Android 用 Office Lens のトリミング機能のスクリーンショット。


  3. 編集が完了したら、画像の保存先を選びます。

    • [写真]、[ドキュメント]、[ホワイトボード] のいずれかのモードで撮影した画像は、OneNote や OneDrive に Word、PowerPoint、PDF のいずれかのファイル形式で保存することができます。これらのオプションを利用するときに、Microsoft の職場や学校のアカウントにサインインするように求められます。既定では、OneNote に保存された写真は、メインのノートブックに保存されます。画像はスマートフォンのギャラリーに保存することもできます。


      Android 用 Office Lens のエクスポート スクリーンショットのスクリーンショット。


    • 写真を [名刺] モードで撮影した場合は、OneNote (連絡先と画像) をタップして、スマートフォンの連絡先リストに vCard (.vcf ファイル) として保存するか、スマートフォンのギャラリーに保存します。


      Android 用 Office Lens の連絡先へのエクスポート機能のスクリーンショット。


  4. チェック マークをタップして完了します。


注記: 

  • OneNote を使い始めたばかりの場合は、<あなたの名前> の付いたノートブックのクイック ノート セクションに写真が保存されています。OneNote を以前から使用している場合は、[個人用]、[個人用 (Web)]、[マイ ノートブック] など、さまざまな名前が付けられ、取り込んだ情報は [落書きノート] セクションに保存されます。

  • 名刺の情報を OneNote に保存する場合、OneNote にある <あなたの名前> ノートブックの [連絡先] セクションに写真と連絡先情報が保存されます。連絡先の詳細な情報が OneNote (連絡先と画像) で認識され、連絡先リストに保存することができます。この機能では、OneNote ページと .vcf ファイルの 2 種類が作成されます。OneNote ページには、認識された連絡先情報、スキャンされた画像、.vcf ファイルが含まれます。.vcf ファイルには、ローカルの連絡先リストに保存できる認識された連絡先情報が表示されます。


追加情報

Word や PowerPoint ファイル、または PDF として保存した写真は、OneDrive の [ドキュメント] フォルダーに置かれるため、どのデバイスからでもアクセスできます。Office Lens では、写真を撮って画像を Word や PowerPoint ファイルにインポートできるだけではありません。完成した Word 文書や PowerPoint ファイルは、完全な Office ドキュメントになります。

  • Word の場合、手書きのテキストや画像に表示されているテキスト、文書のレイアウトなどが Office Lens で認識されます。生成された Word 文書のテキスト、書式、レイアウトはすべて、デスクトップ版で作成したものと同じように自由に編集できます。

  • PowerPoint の場合は、すべての手書きの線とストロークが PowerPoint 描画オブジェクトに変換されるので、色やサイズの変更、移動、編集を行うことができます。描画の背景を削除することもできるので、他のプレゼンテーションで描画を簡単に再利用できます。

  • PDF の場合、Office Lens でテキスト情報が抽出されます。 ファイル内のコンテンツはテキスト検索が可能で、PDF 閲覧アプリでページの一部をハイライトしたりコピーしたりできます。

  • 光学式文字認識 (OCR) とサポートされる言語:

    保存先

    対象テキスト/入力

    言語

    Word、PDF、OneDrive、OneNote

    印刷される文字

    英語、簡体字中国語、繁体字中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語

    OneNote

    手書きテキスト

    英語

    名刺モード (OneNote)

    名刺

    英語、簡体字中国語、ドイツ語、スペイン語


アクセシビリティ

キーボードを Bluetooth または USB でデバイスに接続すると、Office Lens での作業がより簡単になります。さらに、Android には、Office Lens を快適に使うためのアクセシビリティ設定が用意されています。アクセシビリティ設定は通常、デバイスの初期セットアップ中に設定しますが、[設定]、[ユーザー補助] の順に移動して、TalkBack やタッチ ガイドといった機能を有効にすることもできます。詳細については、「Android Accessibility ヘルプ センター」を参照してください。


他に質問がある場合

Microsoft コミュニティ フォーラムにアクセスして、Office Lens に関するユーザーの投稿を参照してください。または、Answer Desk にお問い合わせください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×