Analysis Services からのデータの取得

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Analysis Services では、ピボットテーブルおよび Power View のレポートのデータ調査に最適な多次元データが提供されます。 Analysis Services データは、次のソースから取得できます。

  • Analysis Services 多次元サーバー上の OLAP キューブ。

  • Analysis Services テーブル サーバー上のテーブル モデル。

  • ブックにデータ モデルが含まれている場合は、またはそれ以降は、SharePoint 2010 でのブックを excel にします。

データは、オンライン接続を使用して外部 Analysis Services データ ソースから分析できます。 レポートをピボット、スライス、フィルター処理すると、Excel で Analysis Services に対してクエリが実行され、必要なデータが取得されます。 この方法でデータを分析するには、データ ソースにオンライン接続する必要があります。

別の方法としては、オフラインで作業します。 オフラインで作業するには、データをブックにインポートします。これにより、データとレポートの両方の視覚エフェクトが自己完結型になり、1 つのファイルに完全に移植できます。 データをインポートする場合は、PowerPivot アドイン、MDX の知識、大きなブックを格納するための十分なディスク容量など、新たな要件を満たす必要があります。 この記事では、さまざまな Analysis Services データ ソースからデータをインポートする方法について説明します。

Excel ブックを SharePoint または Office 365 に保存したファイルの最大サイズを受けます。テーブルのインポート ウィザードを使用すると、 PowerPivotアドインで、テーブル、列、行全体のファイル サイズを小さくために選択的にインポートできます。ブックがExcel Onlineで表示するには大きすぎる場合は、代わりに Excel では開くことができます。

Office 365 では、ネットワークのサーバー上で実行される Analysis Services ソリューションなどの外部データ ソースに対して、データ更新できないようになっています。 データを更新できるようにするには、SharePoint を選ぶか、ネットワーク ファイル共有を使用します。

この記事の内容

前提条件

キューブ、テーブル モデル、Power Pivot データ モデルに接続する

キューブからデータをインポートする

テーブル モデルからデータをインポートする

SharePoint のブック データ モデルからデータをインポートする

外部 Analysis Services データベースからデータを更新する

前提条件

Analysis Services キューブは、SQL Server 2005 以降のバージョンである必要があります。

Analysis Services テーブル モデル データベースは、SQL Server 2012 でのみ、またはそれ以降です。

Analysis Services データベースに接続する方法を理解しておく必要があります。 Analysis Services データベース管理者にお問い合わせいただき、サーバーおよびデータベースの名前、使用する資格情報を確認します。

データ モデルにデータをインポートするには、Office Professional Plus に付属の PowerPivot アドインが必要です。 使用するデータを取得する MDX クエリの記述方法についても把握しておいてください。 MDX クエリを記述するには、クエリ ビルダーを使用して、メジャー、ディメンション属性、分析する階層を選ぶ方法もあります。

Excel から対話的にピボットテーブルまたはピボットグラフに接続する場合、MDX Eexpertise は不要です。 Excel は OLAP キューブまたはテーブル モデル全体に接続します。

ファイル サイズは、思ったよりも大きくなります。 比較として、データ接続に使用するブックのサイズは 100 KB を超えることはほとんどありませんが、データをインポートした同じブックのサイズは 10 倍になることがあります。 ディスク容量が問題になる場合は、大きいファイルのスペースを確保する必要があります。

SharePoint 2010 以降、データ ソースとして使用するPowerPivotブックを公開できます。SharePoint サイトを使ってレポートを作成すると、別のコンピューターで実行されている必要があります。ブックを SharePoint 上のレポートを SharePoint サイトの権限を確認が必要です。

キューブ、テーブル モデル、PowerPivot データ モデルに接続する

Analysis Services キューブでデータを分析する最も簡単な方法は、外部データベースへの接続を設定することです。 ピボットテーブルまたはレポートには、データ ソースへのライブ接続があります。 フィールド リストの値、行、列、フィルターの領域にフィールドをドラッグするたびに、Excel でクエリが作成され、Analysis Services に送信されます。

分析するデータにライブ接続すると、 自由な形式で分析を実行できます。 フィールドをピボットテーブルまたはレポートに追加すると、要求したデータが Analysis Services によって戻されます。 Analysis Services に接続されるフィールド リストには、キューブまたはモデルのすべてのオブジェクトが含まれるため、必要なデータを取得するのに MDX を記述する必要はありません。

欠点は、サーバー接続に依存することです。 サーバーが停止したり、オフラインで作業する場合は、データ操作が完全にできなくなります。

ページの先頭へ

キューブからデータをインポートする

SQL Server Analysis Services データベースに含まれるすべてのデータは、Excel のデータ モデルにコピーできます。 ディメンションのすべてまたは一部を抽出することも、売上合計、月単位、本年度用など、スライスを取得してキューブから集計することもできます。

次の手順では、アドインと MDX を使用して、Analysis Service インスタンスの従来のキューブからデータのサブセットを取得する方法について説明します。 PowerPivot アドインを使用してクエリを作成する場合は、MDX が常に使用されます。

この手順は、Adventure Works DW Multidimensional 2012 サンプル データベースを使用して、キューブのサブセットをインポートする方法について説明します。 Adventure Works DW Multidimensional 2012 サンプル データベースを搭載した Analysis Services サーバーにアクセスできる場合は、次の手順を実行して、Analysis Services からのデータをインポートできます。

  1. PowerPivot ウィンドウで、[外部データの取り込み] の [データベースから] をクリックし、[Analysis Services または PowerPivot から] を選びます。

  2. [Microsoft SQL Server Analysis Services に接続します] の [サーバー名またはファイル名] に、Analysis Services を実行するコンピューターの名前を入力します。

  3. [データベース名] ボックスの右にある下矢印をクリックし、一覧から Analysis Services データベースを選びます。 たとえば、Adventure Works DW Multidimensional 2012 サンプル データベースにアクセスできる場合は、[Adventure Works DW Multidimensional 2012] を選びます。

  4. [接続テスト] をクリックして、Analysis Services サーバーが使用可能であることを確認します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [MDX クエリの指定] ページで、[デザイン] をクリックして MDX クエリ ビルダーを開きます。

    この手順では、インポートするすべてのメジャー、ディメンション属性、階層、計算されるメンバーを大きなクエリ デザイン領域にドラッグします。

    メジャーを少なくとも 1 つ、ディメンションを 1 つ以上選びます。

    既存の MDX ステートメントを使用する場合は、そのステートメントをテキスト ボックスに貼り付けて、[検証] をクリックします。この操作を行うと、そのステートメントを使用できるかどうかを確認できます。 デザイナーの使用方法の詳細については、「Analysis Services MDX クエリ デザイナー (Power Pivot)」を参照してください。

    この手順では、Adventure Works サンプル キューブを例として使用し、次の操作を行います。

    1. メタデータ ペインで、[メジャー]、[Sales Summary] の順に展開します。

    2. [Average Sales Amount] を大きなデザイン ペインにドラッグします。

    3. メタデータ ペインで [Product] ディメンションを展開します。

    4. [Product Categories] を大きなデザイン領域の [Average Sales Amount] の左にドラッグします。

    5. メタデータ ペインで [Date] ディメンション、[Calendar] の順に展開します。

    6. [Date.Calendar Year] を大きなデザイン領域の [Category] の左にドラッグします。

    7. 必要に応じて、フィルターを追加してデータのサブセットをインポートします。 [ディメンション] の場合、デザイナーの右上にあるウィンドウで、[Date] をディメンション フィールドまでドラッグします。 [階層] で [Date.Calendar Year] を選び、[演算子] に [不等号] を選び、[フィルター式] には下矢印をクリックして CY 2009 と CY 2010 を選びます。

      これにより、キューブに対するフィルターが作成されて 2009 年の値が除外されます。

  7. [OK] をクリックし、クエリ デザイナーによって作成された MDX クエリを確認します。

  8. データセットに付けるわかりやすい名前を入力します。この名前はデータ モデル内でテーブル名として使用されます。新しい名前を割り当てない場合は、既定で Query という名前の新しいテーブルにクエリ結果が保存されます。

  9. [完了] をクリックします。

  10. データの読み込みが完了したら、[閉じる] をクリックします。

キューブ データベースからインポートしたデータはすべて単調化されます。 各自のモデルで、クエリで指定したすべての列を含む 1 つのテーブルとして、データが表示されます。 複数のディメンションでメジャーを取得するクエリを定義した場合、データは各ディメンションで個別の列にインポートされます。

データをデータ モデルにインポートしたら、数値データまたは財務データを含む列のデータ型を確認してください。PowerPivot では、列に空の値があるとデータ型を Text に変更します。データ型は、各列を選び、リボンの [書式設定] グループの [データ型] を表示することで確認および変更できます。数値データまたは財務データに間違ったデータ型が割り当てられている場合は、[データ型] オプションを使用してデータ型を訂正できます。

データをピボットテーブルで使用するには、Excel 切り替えます。

  1. [挿入] タブの [テーブル] グループにある [ピボットテーブル] をクリックします。

  2. [外部データ ソースを使用] をクリックし、[接続の選択] をクリックします。

  3. [テーブル] タブをクリックします。

  4. [このブックのデータ モデル] ボックスの一覧で、インポートしたテーブルを選びます。

ページの先頭へ

テーブル モデルからデータをインポートする

次の手順では、サンプル データベースを例として使用したデータのインポートについて説明します。 Analysis Services テーブル サーバーで実行されているサンプルの Adventure Works Tabular Model SQL 2012 を使用できます。

  1. テーブル データベースにメジャーが少なくとも 1 つ含まれていることを確認します。 データベースにメジャーがないと、インポートが失敗します。 サンプル ソリューションを使用している場合は、データベースにメジャーが含まれています。

  2. PowerPivot ウィンドウで、[外部データの取り込み] の [データベースから] をクリックし、[Analysis Services または PowerPivot から] を選びます。

  3. [Microsoft SQL Server Analysis Services に接続します] の [サーバー名またはファイル名] に、Analysis Services を実行するコンピューターの名前を入力します。

  4. [データベース名] ボックスの右にある下矢印をクリックし、一覧から Analysis Services データベースを選びます。 たとえば、AW Internet Sales Tabular Model サンプル データベースにアクセスできる場合は、[Adventure Works Tabular Model SQL 2012] を選びます。

  5. [接続テスト] をクリックして、Analysis Services サーバーが使用可能であることを確認します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. [MDX クエリの指定] ページで、[デザイン] をクリックして MDX クエリ ビルダーを開きます。

    この手順では、インポートするすべてのメジャー、列、階層を大きなクエリ デザイン領域にドラッグします。

    既存の MDX ステートメントを使用する場合は、そのステートメントをテキスト ボックスに貼り付けて、[検証] をクリックします。これにより、そのステートメントを使用できるかどうかを確認できます。デザイナーの詳細については、「Analysis Services MDX クエリ デザイナー (Power Pivot)」を参照してください。

    この手順では、サンプル モデルを例として使用して、次の操作を行います。

    1. メタデータ ペインで、[メジャー] を展開し、[Internet Sales] を展開します。

    2. [Internet Total Sales] を大きなデザイン ウィンドウにドラッグします。

    3. Product テーブルを展開します。

    4. ボックスの一番下までスクロールし、[Internet Total Sales] の左にある [Category] を大きなデザイン領域にドラッグします。 これは階層のため、階層のすべてのフィールドが返されます。

    5. Date テーブルを展開します。

    6. [Category] の左にある [Calendar Year] を大きなデザイン領域にドラッグします。

    7. [Sales Territory] を展開します。

    8. [Sales Territory Region] をデザイナーの上部の [フィルター] 領域にドラッグします。 [フィルター式] で、[Australia] を選びます。

      MDX でサンプルのテーブル データベースのクエリが実行される

  8. [OK] をクリックし、クエリ デザイナーによって作成された MDX クエリを確認します。

  9. データセットに付けるわかりやすい名前を入力します。この名前はデータ モデル内でテーブル名として使用されます。新しい名前を割り当てない場合は、既定で Query という名前の新しいテーブルにクエリ結果が保存されます。

  10. [完了] をクリックします。

  11. データの読み込みが完了したら、[閉じる] をクリックします。

データをデータ モデルにインポートしたら、数値データまたは財務データを含む列のデータ型を確認してください。PowerPivot では、列に空の値があるとデータ型を Text に変更します。データ型は、各列を選び、リボンの [書式設定] グループの [データ型] を表示することで確認および変更できます。数値データまたは財務データに間違ったデータ型が割り当てられている場合は、[データ型] オプションを使用してデータ型を訂正できます。

データをピボットテーブルで使用するには、Excel 切り替えます。

  1. [挿入] タブの [テーブル] グループにある [ピボットテーブル] をクリックします。

  2. [外部データ ソースを使用] をクリックし、[接続の選択] をクリックします。

  3. [テーブル] タブをクリックします。

  4. [このブックのデータ モデル] ボックスの一覧で、インポートしたテーブルを選びます。

ページの先頭へ

SharePoint のブック データ モデルからデータをインポートする

SharePoint では、データを読み込むには、追加のソフトウェアを必要があります。SharePoint 2010 を使用している場合は、SharePoint 2010 のPowerPivotが必要です。一方、SharePoint 2013 以降では、組み込み機能読み込むと、データ モデルのクエリにはが含まれています。SharePoint を使用している場合は、Excel Services が有効になっているし、BI ワークロード用に構成されているかどうか、SharePoint 管理者に問い合わせてください。

  1. PowerPivot ウィンドウで、[外部データの取り込み] の [データベースから] をクリックし、[Analysis Services または PowerPivot から] を選びます。

  2. [Microsoft SQL Server Analysis Services に接続します] で、[接続の表示名] に、データ接続に付けるわかりやすい名前を入力します。接続にわかりやすい名前を付けると、接続方法の識別に役立ちます。

  3. パブリッシュされた .xlsx ファイルの URL アドレスを [サーバー名またはファイル名] に入力します。たとえば http://Contoso-srv/Shared Documents/ContosoSales.xlsx などです。

    注: ローカルの Excel ブックをデータ ソースとして使用することはできません。Excel ブックは SharePoint サイトにパブリッシュされている必要があります。

  4. [接続テスト] をクリックして、SharePoint でブックが使用可能であることを確認します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [デザイン] をクリックします。

  7. メジャー、ディメンション属性、階層のいずれかを大きなデザイン領域にドラッグして、クエリを構築します。必要に応じて、右上隅にあるフィルター ペインを使用し、インポートするデータのサブセットを選びます。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [検証] をクリックします。

  10. [完了] をクリックします。

PowerPivot データがデータ モデルにコピーされ、圧縮形式で格納されます。データがインポートされると、ブックへの接続は閉じられます。元のデータをもう一度クエリするには、Excel でブックを更新します。

ページの先頭へ

外部 Analysis Services データベースからデータを更新する

Excel で、[データ] タブの [接続] グループにある [すべて更新] をクリックし、Analysis Services データベースに再接続し、ブック内のデータを更新します。

更新操作を行うと、個々のセルが更新され、最後のインポート以降に外部データベースに取り込まれた行が追加されます。行と既存の列だけが更新されます。モデルに新しい列を追加したい場合は、この記事で前述した手順を使ってその列をインポートする必要があります。

更新を行うと、データのインポートに使用されたクエリが再実行されます。データ ソースが元の場所から移動された場合、それからテーブルまたは列が削除されたか名前が変更されていた場合は、更新には失敗しますが、以前にインポートしたデータはそのまま残されます。データ更新で使われたクエリを表示するには、[PowerPivot]、[管理] の順にクリックして [PowerPivot] ウィンドウを開きます。[デザイン]、[テーブルのプロパティ] の順にクリックして、クエリを表示します。

Analysis Services では、データベースからのデータの読み込みに Windows ユーザー アカウントを使用します。 データをインポートするには、データベースに対する Windows ユーザー アカウントの読み取り権限がデータベース管理者によって付与されている必要があります。 この権限は、データの更新にも使用されます。 他のユーザーがデータを更新する場合は、そのユーザーにもデータベースの読み取り権限が必要です。

あるブックを共有する方法が決定されますデータ更新が発生する可能性があるかどうかにご注意ください。Office 365、Office 365 に保存されているブックのデータを更新できません。またはそれ以降は、SharePoint Server 2013 で、サーバー上の自動データ更新をスケジュールする必要しますが、ありますそうそのPowerPivot SharePoint がインストールされているし、SharePoint 環境で構成されています。スケジュールによるデータ更新が利用可能なかどうかを調べる、SharePoint 管理者に問い合わせてしてください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×