AllowBuiltInToolbars プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

AllowBuiltInToolbarsプロパティを使用すると、ユーザーがMicrosoft Office Access 2007組み込みのツールバーを表示できるかどうかを指定します。たとえば、ユーザーがデータベース アプリケーション内でアクセス組み込みのツールバーが表示されないようにするため、 AllowBuiltInToolbarsプロパティを使用することができます。

設定

AllowBuiltInToolbars プロパティの設定値は次のとおりです。

設定

説明

True (-1)

組み込みツールバーを表示できます。

False (0)

組み込みツールバーを表示できません。


このプロパティを設定する最も簡単な方法では、 Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、 [Access のオプションをクリックして [ Access のオプション] ダイアログ ボックスの [スタートアップ] タブで組み込みのツールバーを許可する] オプションを使用します。For Applications (VBA) コードmacroまたは Visual Basic を使用して、このプロパティを設定することもできます。

マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用して AllowBuiltInToolbars プロパティを設定するには、[起動時の設定] ダイアログ ボックスでプロパティを設定するか、次の方法でプロパティを作成しておく必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb)] で、 CreatePropertyメソッドを使用して追加し、データベースオブジェクトのPropertiesコレクションに追加できます。

  • Microsoft Access project (.adp) では、Add メソッドを使用して CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションにプロパティを追加します。

備考

AllowBuiltInToolbars プロパティ、および AllowToolbarChanges プロパティが True に設定されている場合にのみ、組み込みツールバーを変更することができます。

AllowBuiltInToolbars プロパティを False に設定すると、"ShowToolbar/ツールバーの表示" アクションで組み込みツールバーを表示できなくなります。

このプロパティの設定値は、次にアプリケーション データベースを開いたときに有効になります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×