AllowBuiltInToolbars プロパティ

AllowBuiltInToolbars プロパティを使用すれば、ユーザーが Microsoft Office Access 2007 組み込みツール バーを表示できるかどうかを指定できます。たとえば、AllowBuiltInToolbars プロパティを使用すれば、ユーザーがデータベース アプリケーション内で Access 組み込みツール バーを表示することを禁止できます。

設定

AllowBuiltInToolbars プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

True (–1)

組み込みツール バーの表示を許可します。

False (0)

組み込みツール バーの表示を禁止します。


このプロパティを最も簡単に設定する方法は、[Access のオプション] ダイアログ ボックスの [スタートアップ] タブの [組み込みツール バー] オプションを使用することです。このダイアログ ボックスを表示するには、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックしてください。このプロパティは、マクロ または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用することでも設定できます。

マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードで AllowBuiltInToolbars プロパティを設定するには、最初に [スタートアップ] ダイアログ ボックスで一度プロパティを設定するか、次の方法でプロパティを作成する必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb) で、CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、Database オブジェクトの Properties コレクションに追加できます。

  • Microsoft Access プロジェクト (.adp) で、Add メソッドを使用することで、CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションに追加できます。

解説

AllowToolbarChanges プロパティが True に設定され、AllowBuiltInToolbars プロパティが True に設定されているときにのみ、ユーザーは組み込みツール バーを変更できます。

AllowBuiltInToolbars プロパティが False に設定されている場合、ShowToolbar アクションを利用して組み込みツール バーを表示することはできません。

このプロパティの設定は、次回アプリケーション データベースを開くときまで有効になりません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×