Advanced Security Management で IP アドレスをグループ化して管理を簡略化する  

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の高度なセキュリティ管理] で、[実際の office の IP アドレスなどを使用する IP アドレスのセットを簡単に識別するには、IP アドレスの範囲のグループを設定することができます。これらの範囲によりを定義するタグ付けして、分類したり、それらを使ってする方法のログをカスタマイズするのにはし通知が表示され、調査します。

IP 範囲の各グループは、任意のタグ名でタグ付けし、組み込みの既定 IP カテゴリのリストに基づいてタグを分類できます ("内部" や "危険" など)。IPv4 と IPv6 の両方のアドレスがサポートされます。

セキュリティ/コンプライアンス センターで Advanced Security Management の IP アドレス範囲を設定するには:

  1. [通知] を選びます >詳細な通知を管理します。ページの右上の [ 設定アイコン の設定] をクリックし、[ IP アドレスの範囲を選択します。

    高度な警告の管理
  2. [IP アドレス範囲] ウィンドウで [IP アドレス範囲の追加] をクリックします。

    IP アドレス範囲
  3. [新しい IP アドレス範囲] ウィンドウで、次の値を設定します。

    新しい IP アドレス範囲

新しい IP アドレス範囲の設定

  • [名前] IP アドレス範囲とその設定を管理するためだけの名前です。アクティビティのログには表示されません。ログにはタグ名が使用されます。

  • [IP アドレス範囲] 使用する範囲を入力し、[+] オプションを選択します。IP アドレスとサブネットは、必要な数だけ入力できます。使用する書式はネットワーク プレフィックス表記法です (CIDR 表記とも呼ばれます)。たとえば、192.168.1.0/32 です。その範囲には、192.168.1.0 から 192.168.1.32 までの値 (両端を含む) が含まれます。

  • [場所] と [登録された ISP] これらを使用して、IP アドレス範囲を表す特定の場所と ISP を設定します。この設定は、アドレスに定義されているパブリック フィールドを上書きします。これは、たとえば、公式にはアイルランドのアドレスに見えている IP アドレスが、実際には米国内にあることがわかっているような場合に便利です。

  • [タグ] IP アドレス グループの名前を指定します。この名前は、たとえばアクティビティ ログの項目の並べ替えや検索に使用されます。タグとして使用する単語を入力すると、タグが作成されます。それぞれの IP アドレス範囲に必要な数だけタグを追加できます。タグを既に設定済みで、この IP アドレス範囲をそのタグに追加する場合は、入力を開始すると表示される現在のタグ リストからタグを選択します。

  • [カテゴリ] 関心のある IP アドレスから発生したアクティビティを認識しやすくするために、タグを分類します。カテゴリは自動的に表示されます。各カテゴリにどのタグおよび関連 IP アドレスを含めるかを選択してください。例外が 1 つあります。危険のカテゴリには既に 2 つの IP タグが含まれています。匿名プロキシTOR です。

    選択できるカテゴリと、カテゴリに含める IP アドレス範囲についてのヒントを紹介します。

    • 管理 管理者の IP アドレスすべて。

    • 内部 内部ネットワーク、支店、および Wi-Fi ローミング アドレスの IP アドレスすべて。

    • 危険 危険と考えられる IP アドレス。たとえば、過去に見たことがある不審な IP アドレス、競合他社のネットワークの IP アドレスなどです。

    • VPN リモート ワーカーが使用する IP アドレス。

    • クラウド プロキシ クラウド内のプロキシの IP アドレス。

ヒント: [値なし] カテゴリには、IP アドレス データのないすべてのアクティビティが含まれています。

すべての情報を追加したら、[作成] をクリックし、選択した値を使用して IP アドレス範囲グループを設定します。

関連トピック

高度なセキュリティ管理 (ヘルプと使い方)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×