Advanced Security Management でのガバナンス アクションの使用 

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 の Advanced Security Management で、実行できるガバナンス アクションは、ユーザー アカウントの停止と停止解除です。

ユーザー アカウントを停止すると、ユーザーはサインインできなくなります。これは、Office 365 でユーザー アカウントを直接編集し、[サインイン状態] を [サインインのブロック] に設定する操作と同じです。

重要: ユーザーを停止するか、サインイン状態を編集して、ユーザーの Office 365 へのサインイン アクセスをブロックする場合は、すべてのユーザーのデバイスとクライアントに反映されるまでに約 1 時間かかる可能性があるので気を付けてください (Office 365 のユーザーの編集についてはこちらを参照してください)。ユーザーが Office 365 にサインインしている場合、Office 365 からユーザーの再サインインが要求されるときに、ブロックは有効になります。

Advanced Security Management のユーザー アカウントを停止するには、次の手順を実行します。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[警告]、[高度な警告の管理] を順に選びます。メニュー バーで、[警告] を選びます。

    校閲ユーザー
  2. [警告] 列で、警告を開くか、ユーザー (psmith@contoso.com など) をダブルクリックします。

  3. 警告の詳細情報のページが表示され、次のいずれかの方法でユーザーを停止することができます。

    • [アカウント] の、右端にある [状態] 列で、設定をクリック 設定アイコン します。ドロップダウン リストで、[ユーザーの停止] を選びます。

      ユーザーの停止
    • [ガバナンス ログ] ページの上部にあるユーザー ドロップダウン リストで、[ユーザーの停止] を選びます。

      ガバナンス ログのユーザーの停止

Advanced Security Management でユーザーの停止を解除する場合 (つまり、Office 365 にサインインするユーザーの機能を回復する場合)、次の手順で、ガバナンス ログのアクションを元に戻します。

  1. [高度な警告の管理] で、ページの右上にある [設定] 設定アイコン 、[ガバナンス ログ] の順にクリックします。

    ガバナンス ログ アラート
  2. 元に戻したい [ユーザーの停止] アクションを、[アクションの種類] フィルター フィールドに入力します。

    ユーザーの停止
  3. 元に戻したい [ユーザーの停止] アクションの行で、右端にある [元に戻す] をクリック [元に戻す] 矢印アイコン します。

  4. ガバナンス アクションを元に戻すかどうかの確認を求められたら、[元に戻す] をクリックします。

[ユーザーの停止] アクションを元に戻して停止を解除したユーザーは、再び Office 365 にサインインできるようになります。

関連トピック

セキュリティの管理 (ヘルプと使い方) 高度な
管理セキュリティの高度な使用を開始します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×