Address プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象アプリケーション

Hyperlink オブジェクト

Address プロパティを使用して、オブジェクト、文書、Web ページ、またはコマンド ボタン、イメージ コントロール、ラベル コントロールに関連付けられている Hyperlink オブジェクトのリンク先へのパスを指定または判別します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

expression.Address

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

設定

Addressプロパティは、(UNC パス) ファイルまたは Web ページ (URL) へのハイパーリンク アドレスプロパティのパスを表す文字列式します。

Addressプロパティは Visual Basic for Applications (VBA) コードでのみ行うことができます。Addressプロパティを設定すると、自動的にハイパーリンクに関連付けられているコントロールの場合は、[ハイパーリンク アドレスプロパティを指定します。

備考

詳細については、[ハイパーリンク アドレスと、書式設定は、ハイパーリンク アドレスHyperlinkSubAddressプロパティのトピックの Access 開発者用リファレンスを検索します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×