ActiveX コントロールを挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

作成して、独自のカスタム ActiveX コントロールを配布する方法の保存できます時間と労力は Microsoft Office InfoPath で利用できない機能を提供するほか、他のフォーム テンプレート デザイナー。Microsoft ActiveX コントロールをデザイン モードで使用できるようにし、[フォーム テンプレートを作成するには、そのコントロールを使用できます。

この記事の内容

ActiveX コントロールを使用する場合

ユーザー エクスペリエンス

互換性に関する考慮事項

フォーム テンプレート上の ActiveX コントロールを挿入します。

セキュリティに関するヒント

ActiveX コントロールを使用する場合

一般的に、使用できない InfoPath では、Microsoft Windows に付属しているスライダー コントロールなど、フォーム テンプレート上のユーザー インターフェイス要素を挿入するときに、ActiveX コントロールを使用します。

組織固有の特定のビジネス用のカスタム ActiveX コントロールを作成できます。たとえば、病院は医療画像をフォームに表示されることができる ActiveX コントロールを開発できます。または、指定された月での販売されたアイテムの数を追跡するための営業担当者があるとします。テキスト ボックスの更新を入力して面倒なでき経由で何度を 1 つずつインクリメント第一営業部があることを検討して、エラーが発生します。自己をマウスのクリックでインクリメントするカスタム ActiveX コントロールには、この情報を追跡費やさし、エラーを削減できます時間が短縮します。

ページの先頭へ

ユーザー エクスペリエンス

フォーム上のユーザーの表示は、完全にフォーム テンプレートを使用する ActiveX コントロールの種類によって異なります。

ActiveX コントロールを含むフォーム テンプレートを発行するときにコントロールをインストールし、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームを開くためにユーザーのコンピューターに登録します。Microsoft Windows に含まれているよう、一部の ActiveX コントロールのインストールされているし、ユーザーのコンピューターに登録されている既に可能性があります。開発すると、ユーザー設定のコントロールなどの他の ActiveX コントロールがインストールされていないと登録されている可能性があります。この例では、インストールし、ユーザーのコントロールを登録するための対策を行う必要があります。

カスタム インストール プログラムで、フォーム テンプレートをインストールする場合は、インストールし、ユーザー設定の ActiveX コントロールを同時に登録できます。また、ユーザーのコンピューター上のコントロールをインストールするための追加するカスタム コントロール ウィザードで既存のファイル キャビネット (.cab) を指定できます。

ユーザーに ActiveX コントロールを使用できるようにするカスタム コントロールの追加ウィザードを使用するときに、フォーム テンプレートに既存の .cab ファイルをパッケージ化する場合を指定する必要があります。この .cab ファイルには、コントロールをインストールして、ユーザーのコンピューターに登録することができます。フォーム テンプレートに .cab ファイルを追加するユーザーがまだない、ActiveX コントロールがインストールされている場合は、InfoPath では、初めてフォーム テンプレートを基にフォームを開いたときにコントロールをインストールするように求められます。

InfoPath では、インストールし、2 つの次の要件を満たしている場合は、ユーザーのコントロールを登録します。

  • .Cab ファイルは、ファイルにデジタル署名を作成するデジタル証明書署名されています。

  • フォームの開発者またはその他の信頼できる発行元からは、デジタル署名します。.Cab ファイルがサインインして、publisher がユーザーのコンピューターで信頼されていない場合は、InfoPath セキュリティの警告を表示し、発行元を信頼を有効にするには、ユーザーが要求します。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、 ブラウザー互換フォーム テンプレートを設計することもできます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際に ActiveX コントロールは [コントロール] 作業ウィンドウでは使用できません。

さらに、ActiveX コントロールでは使用可能なテンプレート パーツです。

ページの先頭へ

フォーム テンプレート上の ActiveX コントロールを挿入します。

ActiveX コントロールを追加するには、フォーム テンプレートに、前にする必要があります、利用できるように、[コントロール] 作業ウィンドウにします。InfoPath には、ActiveX コントロールを選択し、必要に応じて、フォーム テンプレートにインストール .cab ファイルを含め、ActiveX のバインド オプションとその他のプロパティを指定してプロセスを案内する追加のカスタム コントロール ウィザードが含まれています。コントロール。

[コントロール] 作業ウィンドウに ActiveX コントロールを追加します。

InfoPath で使用するための独自の ActiveX コントロールを作成する場合は、初期化しても安全だと、次の手順を完了する前にスクリプトの実行しても安全だと、そのコントロールを識別する必要があります。

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. ]、[コントロール] 作業ウィンドウの下部にある、追加または削除するカスタム コントロールをクリックします。

  3. 追加または削除するカスタム コントロール] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. カスタム コントロールの追加ウィザードの最初のページで、[ ActiveX コントロール] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページでは、コントロールの選択] の一覧で必要なコントロールをクリックし、[次へ] をクリックします。

    注: コントロールの選択] の一覧は、Microsoft Windows に含まれている ActiveX コントロールを含む、お使いのコンピューターに登録されている ActiveX コントロールを表示します。独自のカスタム ActiveX コントロールを作成する場合は、コントロールの選択] の一覧に表示するために登録する必要があります。InfoPath と互換性がない、または安全でないと思われる場合は、ActiveX コントロールは、InfoPath に追加できません。

  6. ウィザードの次のページで、次のいずれかの操作を行います。

    • フォーム テンプレートにインストール .cab ファイルは、 .cab ファイルを含める] をクリックし、[、使用するファイルを指定し、[次へ] をクリックします。

    • カスタム インストール プログラムを使用して、ActiveX コントロールをインストールまたは ActiveX コントロールは、ユーザーのコンピューターにインストールされている場合は、 .cab ファイルが含まれていない、] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. [プロパティ] リストで、次のいずれかの操作を行います。

    • ActiveX コントロールのプロパティは、データ ソース内のフィールドにバインドするには、アイテムをクリックします。

      注: ActiveX コントロールには、[] プロパティが含まれている場合は、InfoPath では、自動的に選択がそれを変更することもできます。

    • バインドされていない ActiveX コントロールを終了するには、 (バインドしない)をクリックします。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. によっては、追加した ActiveX コントロールの種類を有効にするかプロパティを無効にする] ボックスの一覧が表示されます。大文字と小文字の場合は、[プロパティ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    注: コントロールには、 Enabledプロパティが含まれている場合は、InfoPath では、自動的に選択がそれを変更することもできます。

  10. 手順 7 にバインドするプロパティを指定した場合は、するバインド オプションを指定します。

    方法

    フィールドまたはグループの種類の一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • 単純なデータ型の ActiveX コントロールをフィールドにバインドするには、フィールド (要素または属性)をクリックします。この種類のバインドには、Microsoft Windows に含まれているスライダー コントロールなどの単純な ActiveX コントロールは使われます。このオプションを選択する場合は、ActiveX コントロールのバインド先の他のデータ型と同じように、ActiveX コントロールの既定のデータ型を指定してください。

    • ユーザー設定のデータ型の ActiveX コントロールをフィールドにバインドするには、フィールド (ユーザー設定のデータ型の要素)をクリックします。ActiveX コントロールの特定の種類の MathML を編集する数式エディターなどのコンテンツをエディターとして機能するこの種類のバインドは使われます。このオプションを選択すると場合、は、XML を編集するための名前空間を指定することも必要があります。

    • フィールドまたはグループは、そのデータの種類に関係なく、ActiveX コントロールにバインドするには、 [フィールドまたはグループ (すべてのデータ型)をクリックします。この種類のバインド XML データを直接操作の ActiveX コントロール、他の場所にグラフやチャートなど、同じフォームに入力した情報を分析する ActiveX コントロールで表示されます。

  11. [完了] をクリックします。

  12. 確認のメッセージを確認し、[閉じるウィザードを終了する] をクリックします。

  13. 追加または削除するカスタム コントロール] ダイアログ ボックスで、[ OK] をクリックします。

Activex コントロール、[コントロール] 作業ウィンドウに表示され、フォーム テンプレートに挿入できます。

新しい、空白のフォーム テンプレート上の ActiveX コントロールを挿入します。

Microsoft ActiveX コントロールを挿入するには、フォーム テンプレートに、InfoPath は、フィールド、またはカスタム コントロールの追加ウィザードで指定したオプションによって、データ ソース内のグループにバインドされているカスタム コントロールを挿入します。

注: かどうかは、フォーム テンプレート上の同じ ActiveX コントロールを使用する必要がある、組織の他のフォーム テンプレートのデザイナーとが自分のコンピューターでそのコントロールがインストールされていない場合は、Microsoft Windows インストーラー パッケージなどのカスタム セットアップ プログラムを作成できます (します。msi) ファイルです。このプログラムは、インストールすばやくしてフォーム テンプレートの ActiveX コントロールを登録します。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[ActiveX コントロールを挿入するの名前をクリックします。

    セキュリティ メモ: フォーム テンプレートに ActiveX コントロールを追加する場合は、注意を使用します。ActiveX コントロールは、セキュリティ上の問題可能性のあるに使われているように設計できます。信頼できる発行元からのみコントロールを使用することをお勧めします。

  4. ActiveX コントロールの標準的な InfoPath プロパティ ページがある環境では、ActiveX コントロールに固有のプロパティ ページが表示されます。これらのプロパティ ページを表示するには、フォーム テンプレート上の ActiveX コントロールをダブルクリックします。

既存のデータ ソースを基にしたフォーム テンプレート上の ActiveX コントロールを挿入します。

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでフォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからフィールドをドラッグするか、代わりに、次の手順で説明したように、[コントロール] 作業ウィンドウから、ActiveX コントロールを挿入して、ActiveX コントロールを挿入することができます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[ActiveX コントロールを挿入するの名前をクリックします。

  4. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、コントロールのデータを格納するフィールドを選択し、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

セキュリティに関するヒント

ActiveX コントロールを含むフォームをデザインする場合は、次のセキュリティの問題を点に注意する必要があります。

  • InfoPath で使用されている ActiveX コントロールでは、Windows Internet Explorer で使用されている ActiveX コントロールのよりも厳密な制限があります。たとえば、InfoPath では、ActiveX コントロールのスクリプトの実行しても安全だと、初期化しても安全だとマークすることが必要です。フォーム テンプレートで使用するためのユーザー設定の ActiveX コントロールを作成する場合は、InfoPath でスクリプトを実行し、初期化しても安全特定のコントロールがマークされていることが認識されるように IObjectSafety インターフェイスを実装する必要があります。

  • フォーム テンプレートに ActiveX コントロールを追加する場合は、注意を使用します。使われているセキュリティ上の問題可能性のある方法では、ActiveX コントロールを設計することがあります。信頼できる発行元からのみコントロールを使用することをお勧めします。

  • ActiveX コントロールのによってインストールまたは (デザイン モードでのフォームのオプション] ダイアログ ボックスで指定) と同じ信頼のレベルが制限されたフォーム テンプレート上で実行できません。

  • ActiveX コントロールのセキュリティを強化を設計する方法の詳細については、Microsoft Developer Network (MSDN) の Web サイトを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×