Acess アプリにデータシート ビューを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要    Microsoft では、SharePoint で Access Web アプリを作成および使用することはお勧めしなくなりました。代わりに、Microsoft PowerApps を使用して、Web およびモバイル デバイス用にコードなしのビジネス ソリューションを作成することを検討してください。

Access Web アプリのデータシート ビューは、スプレッドシート形式と同様に、行と列のデータを表示したり操作したりする場合に有効です。

データシート ビューで表示したテーブル データ

注: この記事は、Access デスクトップ データベースには適用されません。 デスクトップ データベースのフォームとナビゲーションについては、「Access でフォームを作成する」を参照してください。

Access Web アプリで新しいテーブルを作成すると、データシート ビューが Access によって自動的に作成され、ユーザーはそのビューをカスタマイズできます。さらにデータシート ビューを追加することもできます。この方法を次に説明します。

  1. ビュー セクレターの右側で [新しいビューの追加] (プラス記号) をクリックします。

  2. [新規ビューの追加] ボックスにビューの名前を入力し、[ビューの種類] ボックスの一覧で [データシート] を選びます。

    テーブルに別のデータシート ビューを追加する

データシート ビューの名前変更、コピー、変更、または削除を行うには、[設定/アクション] をクリックし、使用可能なオプション一覧を表示します。 データシートのレイアウトを変更するには、この一覧の [編集] をクリックします。

アプリのデータシート プロパティを編集する

ビューのカスタマイズでは、既存のフィールドを追加したり、既存のコントロールに以下のように変更を加えることもできます。

詳細については、「ユーザー インターフェイス マクロを作成してビューをカスタマイズする」を参照してください。

データシートを Web 上で表示したり使用したりするには、[アプリの起動] をクリックして、新しいデータシート ビューをブラウザーで開きます。

アプリを保存して、ブラウザー ビューで起動します。

その他のビューの使い方については、「Access アプリでデータを検索する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×