Access 2016 の新機能

Access 2016 には、使い慣れた機能がすべて備わっているうえに、機能拡張がいくつか追加されています。また、Office 2016 の優れた新機能もあります。Access 2016 の主な新機能のいくつかを説明します。

注: Access 2016 では、以前のバージョンのすべての既存機能を引き続き使用することができます。

Access 2013 からのアップグレード

Access 2013 から Access 2016 にアップグレードしたユーザーは、使い慣れたすべての機能がそこにあり、また新しい機能が追加されていることに気づくはずです。Access 2016 を開いて最初に目にするのは、2013 の見慣れた外観と、新たに追加された色鮮やかな枠線でしょう。

操作アシストですばやく行う

Access 2016 のリボンに、「実行したい作業を入力してください」というテキスト ボックスがあることに気づくはずです。これは、次にしたい操作に関連する語句を入力して、使用したい機能や実行したい操作にすばやくアクセスできるテキスト フィールドです。探している操作に関連するヘルプを使用することもできます。

ボタンが見つからないときは、 [操作アシスト] ボックス (これは上部にある、電球が付いたボックスです) の内側をクリックします。 「フィルター」など、ボタンまたはコマンドを入力すると、フィルターに関連するオプションがすべて一覧表示されます。

Access のリボンの [操作アシスト] 検索ボックス

Access のリボンの [操作アシスト] フィールドに入力されているクエリ

注: Access Web アプリを設計している場合、[操作アシスト] ボックスはリボンで使用できません。

Access プログラム用の新しいテーマ

Access プログラムに適用できる 2 つの Office テーマ (カラフル、白) が追加されました。これらのテーマにアクセスするには、[ファイル] > [オプション] > [全般] に移動してから、[Office テーマ] の横のドロップ ダウン メニューをクリックします。

[Office テーマ] プルダウン メニュー、色付き、白いテーマのオプション

リンクされているデータ ソース情報を Excel にエクスポート

リンクされているすべてのデータ ソースのリストを、Access データベース アプリケーションから Excel に取得したいと思ったことはありませんか? 数多くの異なるデータ ソースへのリンクを含んでいるなど、複雑な Access アプリケーションで作業している場合、さまざまなデータ ソースとその種類に関するリストがあると、役に立つことがあります。 このエクスポート リストは、元々自分がデザインしたものでない Access アプリケーションで作業している場合、特に役に立つことがあります。 現在は Access 2016 が使用可能になったため、[リンク テーブル マネージャー] ダイアログに組み込まれている新機能を使うと、このタスクが非常に簡単になります。

[外部データ]、[リンク テーブル マネージャー] の順にクリックして、[リンク テーブル マネージャー] ダイアログを開きます。 一覧表示するリンクされているデータ ソースを選び、[Excel にエクスポート] をクリックします。

[Excel にエクスポート] ボタンを選択した Access の [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ。

Excel ブックの保存場所を指定するように求められます。 保存場所を入力すると、リンクされているデータ ソース情報が新しいブックに表示されます。 リンクされているデータ ソースの名前、データ ソース情報、データ ソースの種類が表示されます。

Access からリンクされているテーブルの情報が表示された Excel ブック

注: Access Web アプリを設計している場合、[リンク テーブル マネージャー] ダイアログは使用できません。

ルック アンド フィールがより現代的になったテンプレート

Access を使ってデータの整理と管理を行う際に、データベースの設計を開始するのにヘルプが必要な場合は、デスクトップ データベース テンプレートを使ってみてください。Access 2016 では、最も人気の高かった 5 つのデータベース テンプレートのルック アンド フィールがより現代的に再デザインされました。これらのテンプレートを試すには、[ファイル]、[新規作成] の順に選び、[資産管理]、[連絡先管理]、[イベント管理]、[生徒名簿]、[タスク管理] を検索します。

これらの更新されたサンプル テンプレートの使い方を示す次のビデオも用意されています。

これらの各テンプレートには、記事、ビデオ、他のコミュニティ リソースへのリンクがある、新しい「はじめに」フォームが含まれています。

Access の資産データベース テンプレートの [作業の開始] フォーム

更新されたこれらの各テンプレートの最初のデータ入力フォームを、簡単に確認しましょう。

Access の [資産管理] データベース テンプレートの [資産リスト] フォーム

Access の [連絡先管理] データベース テンプレートの [連絡先リスト] フォーム

Access の [イベント管理] データベース テンプレートの [イベント リスト] フォーム

Access の [生徒名簿] データベース テンプレートの [生徒リスト] フォーム

Access の [タスク管理] データベース テンプレートの [タスク リスト] フォーム

Access デスクトップ テンプレートの詳細については、「テンプレートを使って Access デスクトップ データベースを作成する」を参照してください。

大きくなった [テーブルの表示] ダイアログ

[テーブルの表示] ダイアログについて、お客様からのフィードバックに耳を傾けました。 Access 2016 では、[テーブルの表示] ダイアログの既定の高さを大きくして、データベースのより多くのテーブル名やクエリ名が簡単に確認できるようにしました。

クリエで [テーブルの表示] ダイアログを表示するには、[作成]、[クエリ デザイン] の順にクリックします。 既定では、[テーブルの表示] ダイアログが開きます。 [デザイン]、[テーブルの表示] の順にクリックして、クエリでこのダイアログを開くこともできます。 [リレーションシップ] ウィンドウで [テーブルの表示] ダイアログを開くには、[データベース ツール]、[リレーションシップ] の順にクリックします。 既定では、[テーブルの表示] ダイアログが開きます。 [デザイン]、[テーブルの表示] の順にクリックして、[リレーションシップ] ウィンドウでこのダイアログを開くこともできます。

テーブル名が表示された Access の [テーブルの表示] ダイアログ

注: [リレーションシップ] ウィンドウは、Access Web アプリでは使用できません。

SharePoint オンプレミス ユーザー用に予定されている Access Web アプリ機能

SharePoint 2016 の将来のリリースでは、組織内の Access Services と SharePoint 2016 を併用しているユーザーには追加機能が表示され、サービスの改善機能が利用できるようになります。

SharePoint 2016 用に予定されている、Access Services での Access Web アプリ機能のリストを次に示します。

  • カスケード コントロール

  • データシート フィルターの改善

  • 関連アイテム コントロールの拡張

  • 画像のストレージとパフォーマンスの拡張

  • Access Web アプリとの Office アドインの統合

  • Access Web アプリ パッケージ用の追加パッケージとアップグレード機能

  • アップグレード シナリオ用の On Deploy マクロ アクション

  • 編集機能からのテーブルのロック

  • データシート ビュー用の Excel でのダウンロード機能

ページの先頭へ

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×