Access 2013 で廃止、変更された機能

この記事では、Microsoft Access 2013 と Access 2010 の間で変更された機能について説明します。さらに、これらの変更が Access データベースに与える影響について説明し、削除された機能の代替方法について説明します。

注: Access 2007 から切り替える場合は、Access 2007 と Access 2010 の間の大きな変更について説明している記事「Access 2010 で廃止、変更される機能」を参照してください。

ページの先頭へ

機能

説明

置き換え

追加情報

Access 2010 Web データベースの作成

Access 2010 から、Web データベースを構築し、それらを SharePoint サイトに公開できる Access Web データベースが導入されました。SharePoint の利用者は、Web ブラウザーでデータベース アプリケーションを使用できます。Access 2013 では、既存の Access 2010 Web データベースを開いたり、設計および公開したりできますが、新しい Access 2010 Web データベースを作成することはできません。

Access 2013 では、データとデータベース オブジェクトが SQL Server または Microsoft Azure SQL データベースに格納される新しい Access Web App を作成できるため、オンプレミスの SharePoint 2013 または一般法人向け Office 365 を使って組織内でデータを共有できます。

Access データ プロジェクト (ADP)

Access データ プロジェクト ファイルを開く機能は、完全に削除されています。

Access 2013 の SQL 対応データベースは、ADP のメリットの大部分を引き継ぎます。

ADP の代替方法を次に示します。

  • ADP を Access アプリ ソリューションに変換する。

  • ADP をリンクされた Access デスクトップ データベースに変換する。

  • ADP を完全な SQL 対応ソリューションに変換する。

  • オブジェクトを ACCDE ファイルにインポートした後、Access の旧バージョンを使用して、既存のデータに対するリンク テーブルを作成する。

Access 2013 で変更

Access による Jet 3.x IISAM のサポート

Access 97 データベースは、Access 2013 では開くことができなくなりました。ファイルをアップグレードする必要があります。これを行うには、Access 2010 または Access 2007 でファイルを開き、.accdb ファイル形式で保存した後、Access 2013 で開きます。

この変更は、Access 97 データベースにリンクされているデータベースにも影響します。

デスクトップ データベースの形式には、ACCDB をお推めします。

Access 97 データベース ファイルを、Access 97 より新しく Access 2013 よりも前のバージョンの Access で開き、Access 2000 より前のバージョンに変換します。Access 2013 は Access 2000 から Access 2010 までのバージョンをサポートします。

Jet 3.x IISAM ドライバーのサポートが削除されたのは、このドライバーが提供されなくなったためです。

ピボットグラフとピボットテーブル

Access 2013 には、ピボットグラフとピボットテーブルを作成するためのオプションはありません。これは、Office Web コンポーネントがサポートされなくなったためです。

Excel の拡張されたピボットグラフとピボットテーブルの機能を使用します。

ピボットグラフ以外のグラフで、MSGraph コンポーネントを使用するグラフは、引き続き Access 2013 で使用できます。グラフ ウィザードによって作成されたグラフは、引き続きサポートされます。

Office Web コンポーネントのライフ サイクルの背景については、ブログ記事「Office Web コンポーネントの "ロードマップ" (英語)」を参照してください。

データのテキスト型とメモ型

データのテキスト型とメモ型は、その名前が変更され、機能がわずかに変更されています。

テキスト型は "ショート テキスト" という名前に変更されています。デスクトップ データベースのショート テキスト フィールドには最大 255 文字を格納できます。Access アプリでは、既定の文字制限は 255 ですが、フィールドのプロパティで 4000 まで増やすことができます。

メモ型は "ロング テキスト" という名前に変更されています。デスクトップ データベースのロング テキスト フィールドには最大でおよそ 1 GB、Access アプリでは最大 2^30-1 バイトのデータを格納できます。

デスクトップ データベースでは、ロング テキスト フィールドは、リッチ テキストを格納するように構成できます。ただし、[リッチ テキスト] オプションは、Access アプリでは使用できません。

Access から削除された dBASE のサポート

dBASE のサポートは削除されました。外部 dBASE データベースに接続することはできなくなりました。

"スマート タグ" プロパティ

スマート タグ (操作タグ) はサポートされなくなりました。

Access データ コレクション

Access 2013 では、新しいデータ収集フォームの作成はサポートしません。ただし、Access の旧バージョンで作成されたデータ収集フォームは処理します。

該当なし

データ収集機能を使用すると、データ収集フォームが作成され、これらのフォームをメール メッセージとして送信できました。これらのメール メッセージが返されたとき、そのデータが処理され、Access データベースに格納されていました。

Access 2003 のツール バーとメニュー

Access 2013 では、Access 2007 および Access 2010 とは異なり、リボン インターフェイスをバイパスして Access 2003 のツール バーとメニューを表示することはできなくなりました。ただし、[アドイン] タブに表示するか、ユーザー設定のリボン グループまたはクイック アクセス ツール バーに追加できます。

Access 2003 のツール バーとメニューは、リボンの [アドイン] タブに表示されます。ユーザー設定のリボン グループへの追加もサポートされます。RibbonX と XML を使用して、デスクトップ データベース用のユーザー設定のリボンを作成することもできます。

Access の [レプリケーションのオプション]

.mdb ファイルを Access 2010 以前のバージョンで開くと、[データベース ツール] タブに [レプリケーションのオプション] が表示されました。Access 2013 では、これらのオプションは使用できません。

該当なし

レプリケーションに対するサポートは、Access 2013 では完全に削除されています。

Access でのソース コード管理

ソース コード管理アドインによって、Microsoft Visual SourceSafe やその他のソース コード管理システムを統合して、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュール、データをチェックイン/チェックアウトできます。Access 2013 では、デベロッパー ソース コード管理はアドインとして使用することはできません。

該当なし

Access の 3 段階のワークフロー

ワークフローのエントリ ポイントは、使用できなくなりました。ユーザー インターフェイス マクロでは Workflow コマンドは使用できません。StartNewWorkFlow タスクまたは Workflow タスクを使用する UI マクロを含む既存の Access 2010 データベースを Access 2013 で開いた場合は、警告が表示されます。

該当なし

Access のアップサイジング ウィザード

アップサイジング ウィザードを使用して、Access データベース テーブルを新しいまたは既存の Microsoft SQL Server データベースにスケール アップできます。このウィザードは、Access 2013 では削除されています。

この操作を行うには、SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザード (SQL Server Management Studio 内) を実行して、Access テーブルを SQL Server データベースにインポートします。

その後、新しいユーザー設定の Access Web アプリを作成し、テーブルを SQL Server から Web アプリにインポートします。

Access パッケージ ソリューション ウィザード

パッケージ ソリューション ウィザードは削除されています。パッケージ ソリューション ウィザードでは、Access Runtime と一緒に Access デスクトップ データベース ファイルをパッケージ化し、ファイルを他のユーザーに配布できました。

Access 2013 では、他のユーザーに配布するためにデスクトップ データベースをパッケージ化する代わりに、Access アプリを作成できます。Access アプリをパッケージとして保存して、Office App Marketplace または社内用のカタログに送信できます。

フル バージョンの Access 2013 がインストールされていない可能性がある他のユーザーと共有するデスクトップ データベースを作成する場合は、データベースを他のユーザーに提供し、Microsoft Access 2013 Runtime をダウンロードさせることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×