Access 2010 で廃止、変更される機能

この記事では、Microsoft Access 2007 の機能のうち、Microsoft Access 2010 で変更された機能を示します。また、次の表では、機能の変更の理由を簡単に説明すると共に、その変更が既存の Access データベースに及ぼす影響と、他の機能を使って実現できる代替策について説明します。

廃止または変更された機能

変更の内容

代替策

[フィールドの追加] 作業ウィンドウは [データ型] ギャラリーに置き換えられます。

データシート ビューのリボンで [フィールドの追加] オプションを使用する代わりに、[データ型] ギャラリーを使用して、定義済みのさまざまなデータ型を選択することや、独自のデータ型を保存して再利用することができます。[データ型] ギャラリーを使用すると、データ型と機能を効率よく共有できます。[フィールドの追加] 作業ウィンドウで取り込めたのは単一フィールドのテンプレートのみでしたが、[データ型] では複数フィールドのテンプレートを取り込むことができます。フィールド リストに加えられる変更はすべて破棄され、[フィールドの追加] 作業ウィンドウを呼び出すマクロは失敗します。

オート フォーマットグループは、オプションの [テーマ] グループで置き換えられます。

フォームのレイアウト ビューおよびレポートのレイアウト ビューのリボンで、[オートフォーマット] グループは使用できなくなりました。[オートフォーマット] は [テーマ] に置き換えられました。

テーマはカスタマイズと拡張が可能であり、ダウンロードすることや、Office.com または電子メールで他のユーザーと共有することができるため、テーマを利用することでフォームまたはレポートの書式オプションをより柔軟に設定できるようになります。テーマはサーバーに発行することもできます。オートフォーマットは Access でしか使用できませんでしたが、テーマは他の Office アプリケーションでも使用できます。

[オートフォーマット] コマンドをカスタム リボンに追加できます。

カレンダー コントロール (mscal.ocx) はサポートされなくなりました。

Access 2010 では、カレンダー コントロールを含むフォームを開いても、カレンダー コントロールが表示されません。さらに、Access データベースにそのコントロールへの参照がない、または参照が壊れているという内容のエラー メッセージが表示されます。

この問題を回避するには、アプリケーションからカレンダー コントロールを削除します。

日付選択機能を使って、カレンダー コントロールを追加することができます。

データ アクセス ページ (DAP) は使用できなくなります。

データ アクセス ページの作成と実行ができなくなります。ナビゲーション ウィンドウにデータ アクセス ページが表示されている場合でも、それを開こうとすると、Access ではデータ アクセス ページの処理がサポートされないという内容のエラー メッセージが表示されます。

データ アクセス ページは引き続きデータベースに格納され、前のバージョンの Access を使うことで使用できます。また、SharePoint を使用して Web 上に Access をホストすることもできます。

Lotus 1-2-3 ファイルのデータのエクスポート、インポート、およびリンクの設定が実行できなくなります。

Lotus リストは Access 2010 でも表示されますが、操作することはできなくなります。

インストール可能な ISAM ドライバーが見つからなかったことを示すエラー メッセージが表示されます。

Lotus 1-2-3 ファイルのデータのエクスポート、インポート、またはリンクの設定を行うには、前のバージョンの Access を使用します。

Paradox 3、4、5、6、7 のデータのエクスポート、インポート、およびリンクの設定は実行できなくなりました。

Paradox リストは表示できますが、データの表示、エクスポート、およびインポートのオプションを使用できないため、操作することはできなくなります。

インストール可能な ISAM ドライバーが見つからなかったことを示すエラー メッセージが表示されます。

Paradox 3、4、5、6、7 ファイルのデータのエクスポート、インポート、またはリンクの設定を行うには、前のバージョンの Access を使用します。

Red 2 ISAM または Jet 2 はサポートされなくなります。

Access 1.0 および 2.0 (Red 2、または Jet 2) のデータのエクスポート、インポート、およびリンクの設定は、Access 2010 では実行できません。

インストール可能な ISAM ドライバーが見つからなかったことを示すエラー メッセージが表示されます。

Access 1.0 および 2.0 (Red 2、または Jet 2) ファイルのデータをエクスポート、インポート、またはリンク設定するには、Access 2007 が必要です。

レプリケーション競合ビューアーは使用できなくなります。

レプリケーション競合ビューアーを利用することで、同期の競合を視覚的に表示し、競合を解決することができました。

競合解決関数を独自に作成し、データベース レプリカのセットの ReplicationConflictFunction プロパティでその関数を指定することができます。

競合を解決するのにはカスタム プロシージャを作成する方法については、レプリカの使用方法の記事を参照してください。

Snapshot 形式はサポートされなくなります。

Snapshot 形式 (.snp) は、Access がインストールされていないコンピューターで Access レポートを表示するための互換形式です。Access 2010 では、レポートを Snapshot 形式にエクスポートすることができなくなります。

レポートを XPS 形式または PDF 形式でエクスポートできます。また、Word や Excel などの他の Office プログラムにエクスポートすることもできます。

追加情報

Access 2010 のその他の新機能と変更点の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

 ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×