Access 2007 Developer Extensions および Runtime の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Access 2007 のリリースと共に、Access 2007 Developer Extensions および Access 2007 Runtime の無料ダウンロードが利用できるようになります。データベース開発者は、これらのユーティリティに用意されているツールを使用することで、データベースをパッケージ化して展開したり、データベース テンプレートを作成したりできるほか、データベースを Microsoft Visual SourceSafe などのソース コード管理システムに統合することもできます。

Access 2007 Developer Extensions または Access 2007 Runtime のダウンロード方法と使用方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

Access 2007 Developer Extensions を使用する

Access 2007 Developer Extensions をお使いのコンピューターにインストールする場合は、 [開発] と呼ばれる、新しいセクションがAccess 2007でMicrosoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックしたときに表示されるメニューに追加されます。

この新しいメニュー セクションには、次のコマンドがあります。

  • [Package Solution]    このウィザードを使用すると、データベースおよび関連ファイルをユーザーのコンピュータにインストールするための Windows インストーラ パッケージ (.msi ファイル) を作成できます。インストール パッケージには、必要に応じて Access 2007 Runtime を含めることも、ユーザーに Access 2007 Runtime のダウンロードを促すメッセージを含めることもできます。Access 2007 Developer Extensions をコンピュータにインストールした後で、次の操作を実行することにより、Package Solution ウィザードを開始できます。

    • Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、 [開発] をポイントし、[パッケージ ソリューション] をクリックします。

  • [テンプレートとして保存]    このコマンドは、[Microsoft Office Access - 作業の開始] ページに表示されるデータベース テンプレート (.accdt) を作成する際に使用します。Access 2007 Developer Extensions をコンピュータにインストールした後で、次の操作を行うことにより、Save As Database Template ウィザードを開始できます。

    • Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、 [開発] をポイントし、[テンプレートとして保存] をクリックします。

  • ソース コード管理   データベース ソース コード管理システムと統合するのにには、このコマンドを使用します。窓口] など、コンピューター上のソース コード管理システムをインストールした場合、3 番目のオプションは Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックしたときに表示されるメニューの [開発] セクションで利用可能になった。たとえば、窓口をインストールした場合、メニューからデータベースを作成する] オプションが表示されます。データベース ソース コード管理システムと統合するのにには、この機能を使用します。

    ソース コード管理システムは、1 つのデータベースに対して複数の開発者がデザインの変更を行う場合に役立ちます。ソース コード管理システムから任意のデータベース オブジェクトをチェックアウトし、そのオブジェクトのデザインを変更できます。たとえば、ある開発者がレポートをチェックアウトし、そのレポートのデザインを変更して、変更したレポートをチェックインするとします。オブジェクトがチェックアウトされている間は、他の開発者はそのオブジェクトに変更を加えることができません。これにより、複数の開発者が同じオブジェクトを同時に変更した場合に生じる作業損失を防ぐことができます。ソース コード管理を使用すると、チェックアウトされたときにオブジェクトに対して行われたそれぞれの変更の履歴を確認でき、必要に応じてオブジェクトをチェックアウト前の状態に戻すこともできます。

    ソース コード管理システムがコンピュータにインストールされている場合は、Access 2007 Developer Extensions をインストールした後で、次の操作を行うことにより、Access 2007 からソース コード管理システムを開始できます。

    • Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、 [開発] をポイントし、[ソース コード管理プログラム名から作成] をクリックします。

      注: メニューに表示されるコマンド名は、インストールされているソース コード管理システムによって異なります。たとえば、Visual SourceSafe がインストールされている場合、コマンド名は [Visual SourceSafe から作成] になります。

      ソース コード管理システムの使用方法の詳細については、そのプログラムと共にインストールされるヘルプ システムを参照してください。

注: Access 2007 Developer Extensions には、以前のバージョンの Microsoft Access に組み込まれていたプロパティ スキャナおよびカスタム スタートアップ ウィザードは含まれていません。

Access 2007 Developer Extensions をダウンロードする方法については、[参照] セクションのリンクをクリックしてください。

ページの先頭へ

Access 2007 Runtime を使用してアプリケーションを展開する

Access 2007 Runtime は、作成した Access 2007 アプリケーションを、コンピュータに Access 2007 がインストールされていないユーザーに配布する場合に使用できる無料のプログラムです。Runtime を使用してアプリケーションを開いたユーザーは、アプリケーションに含まれているフォーム、レポート、その他のオブジェクトを変更できません。既定のリボン、クイック アクセス ツールバー、ナビゲーション ウィンドウなど、デザイン関連の機能はすべて削除されているか、使用できなくなっています。したがって、アプリケーションを作成する際は、ユーザーに必要なすべての機能をフォーム、レポート、および独自のリボンに含める必要があります。

Access 2007 Runtime は、Microsoft.com ダウンロード センターから無料で入手できます。Runtime を再配布するためにソフトウェアを購入する必要はなく、Runtime の配布先ユーザー数の制限もありません。このプログラムは、開発者がアプリケーションに組み込んで配布できるほか、ダウンロード センターからダウンロードするようにユーザーに指示することもできます。

Access 2007 Runtime をダウンロードする方法については、[参照] セクションのリンクをクリックしてください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×