Access 2007 ファイル形式にデータベースを変換する

以前のバージョンの Access データベースを Microsoft Office Access 2007 ファイル形式に変換したり、変換せずに以前のバージョンのデータベースとして開くことができます。また、新しく作成するデータベースの既定のファイル形式を変更することも可能です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Access データベースを別のファイル形式に変換する

以前のバージョンの Access ファイルを Office Access 2007 で開く

既定のファイル形式を変更する

Office Access 2007 ファイルと以前のバージョンの Access ファイルの違い

Access データベースを別のファイル形式に変換する

Office Access 2007 では、複数値を持つルックアップ フィールドやリッチ テキストの使用、添付ファイルなどの新機能を利用できる新しいファイル形式を使用しており、データベースを Windows SharePoint Services 3.0 サイトに発行することも可能となりました。以前のバージョンの Access で作成されたデータベースは、Office Access 2007 で開くことは可能ですが、Office Access 2007 の新機能を利用するには、あらかじめ Office Access 2007 ファイル形式に変換する必要があります。Office Access 2007 に変換されたデータベースは、以前のバージョンの Access で開いたり、以前のバージョンの Access からリンクしたりすることはできません。他のユーザーとデータベースを共有している場合、データベースを Office Access 2007 ファイル形式に変換する前に、すべてのユーザーが Office Access 2007 を使用していることを確認してください。

注: レプリケートされているデータベースは Office Access 2007 ファイル形式に変換できません。ただし、Office Access 2007 を使用して、Access 2000 または、Access 2002-2003 ファイル形式のデータベースのレプリカを作成することは可能です。

Office Access 2007 の [形式を指定して保存] コマンドを使用すると、Access 2000、Access 2002-2003、または、Office Access 2007 の 3 つのファイル形式にデータベースを変換できます。[形式を指定して保存] コマンドを使用すると、元のデータベースはそのファイル形式のまま維持され、データベースのコピーが指定したファイル形式で作成されます。このコマンドを使用して、元のデータベースと同じファイル形式のデータベースのコピーを作成することも可能です。

データベースを別のファイル形式に変換する

  1. 変換するファイルをまだ開いていない場合は、 Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックしてファイルを検索し、目的のファイルをダブルクリックして開きます。

    注: [データベースの拡張] ダイアログ ボックスが表示され、開こうとしているデータベースのファイル形式が Access 2000 より前のバージョンの場合は、データベースをアップグレードするかどうか確認するメッセージが表示されます。続行するには、「以前のバージョンの Access ファイルを Office Access 2007 で開く」に移動します。

  2. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[名前を付けて保存] をポイントします。次に、[データベースを他の形式で保存] で、変換後のファイル形式をクリックします。

    [Access 2007 データベース] をクリックして、元のファイルと同じファイル形式でコピーを作成するか、他のファイル形式を選択します。

    [形式を指定して保存] コマンドを使用する際にデータベース オブジェクトが開いている場合、コピーを作成する前にそれらのデータベース オブジェクトを閉じるように求めるダイアログ ボックスが表示されます。[はい] をクリックするとオブジェクトが閉じ、[いいえ] をクリックすると処理全体がキャンセルされます。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスにデータベースのコピーのファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

    Access はデータベースのコピーを作成し、コピーされたデータベースが開きます。元のデータベースは自動的に閉じます。

注: Office Access 2007 (.accdb) データベース内で複数値を持つルックアップ フィールドや、オフライン データ、または添付ファイルが使用されていない場合は、.accdb データベースを以前のバージョンの Access ファイル形式 (.mdb) で保存することができます。これらの要素のいずれかが含まれる .accdb データベースを .mdb ファイル形式に変換しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

ページの先頭へ

以前のバージョンの Access ファイルを Office Access 2007 で開く

Access 97 または Access 95 ファイル形式の .mdb データベースを開く際には、データベースをアップグレードするかどうか確認する [データベースの拡張] ダイアログ ボックスが表示されます。続行するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Office Access 2007 で既定のファイル形式として選択したファイル形式にアップグレードするには、[はい] をクリックします。変換後のデータベースは、Office Access 2007 を使用してデザインを変更できますが、変換したバージョンより古いバージョンの Access を使用して開くことはできなくなります。Office Access 2007 での既定のファイル形式の変更については、「既定のファイル形式を変更する」を参照してください。

  • アップグレードしないでデータベースを開くには、[いいえ] をクリックします。そのファイルを操作することは可能ですが、Office Access 2007 を使用してデザインを変更することはできません。

  • ファイルを開く操作を中止するには、[キャンセル] をクリックします。

ページの先頭へ

既定のファイル形式を変更する

最初に Office Access 2007 をインストールした時点では、既定のファイル形式は .accdb となっています。[Microsoft Office Access - 作業の開始] ウィンドウの [空のデータベース] をクリックするか、 Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックして ボタンの画像 (新規作成) をクリックすると、新しい .accdb ファイルが作成されます。

既定のファイル形式を変更すると、以前のバージョンの Access と互換性のある .mdb ファイルを Office Access 2007 で作成することができます。設定可能なファイル形式は、Access 2000 と Access 2002-2003 です。これらの古いファイル形式を既定のファイル形式に設定すると、Office Access 2007 の充実した開発環境を利用できますが、作成するファイルに Office Access 2007 の新機能 (複数値を持つルックアップ フィールドや Windows SharePoint Services との統合など) を追加することはできません。

既定のファイル形式を変更するには、次の操作を行います。

  1. Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。 ボタンの画像

  2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウ枠で、[基本設定] をクリックします。

  3. [データベースの作成] の [既定のファイル形式] ボックスの一覧で任意のファイル形式をクリックし、[OK] をクリックします。

次に [Microsoft Office Access - 作業の開始] ページの [空のデータベース] をクリックするか、 Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックして [新規作成] をクリックすると、指定した既定のファイル形式で新しいファイルが作成されます。

既定のファイル形式を無効にする

既定のファイル形式を Access の特定のバージョンに設定しても、新しいデータベース作成時に次の方法で既定のファイル形式を無効にすることも可能です。

  1. [Microsoft Office Access - 作業の開始] ページの [空のデータベース] をクリックするか、または Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックして ボタンの画像 (新規作成) をクリックします。

  2. [ファイル名] ボックスに新しいデータベースの名前を入力し、[ファイル名] ボックスの横の [参照] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧で任意のファイル形式をクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office Access 2007 ファイルと以前のバージョンの Access ファイルの違い

2007 Microsoft Office system では、Microsoft Jet データベース エンジンの機能拡張版である Access データベース エンジンを搭載しています。このエンジンでは、Windows SharePoint Services 3.0 および Microsoft Office Outlook 2007 との統合が可能となり、また Office Access 2007 の機能も向上しました (複数値を持つルックアップ フィールドの作成など)。

ファイル名拡張子

Office Access 2007 では、次の新しいファイル名拡張子が使用されます。

  • ACCDB    Office Access 2007 データベース ファイル形式の新しいファイル名拡張子です。.mdb データベース ファイル名拡張子の代わりに使用されます。

  • ACCDE     "実行のみ" モードで保存された Office Access 2007 ファイルです。.accde ファイルからは Visual Basic for Applications (VBA) ソース コードがすべて削除されます。.accde ファイルのユーザーは VBA コードの実行のみ可能で、編集することはできません。.accde ファイル名拡張子は .mde ファイル名拡張子の代わりに使用されます。

  • ACCDT    Access データベース テンプレートのファイル名拡張子です。

ワークグループ情報ファイル

ワークグループ情報ファイルは、保護されているデータベースの情報を格納します。ファイル名拡張子は .mdw です。Office Access 2007 で .mdw ファイル形式に対する変更点はありません。Office Access 2007 のワークグループ マネージャは、Access 2000 から Access 2003 までのバージョンと同様の .mdw ファイルを作成することができます。以前のバージョンで作成された .mdw を Office Access 2007 データベースで使用することもできます。

ロック ファイル

データベースを開く時、ファイルのロックはロック ファイルによって制御されます。.mdb ファイルを開くと、.ldb ロック ファイルが作成されて開かれます。Office Access 2007 を使用して .mdb データベース ファイルを開いたときも同様です。たとえば、ファイル Db1.mdb を開くと、Db1.ldb という名前のファイルが作成されて開かれます (この Db1.ldb ファイルがロックを制御します)。Office Access 2007 ファイル形式 (.accdb ファイル) で作成されたファイルでは、.laccdb というファイル名拡張子のファイルが作成されて開かれ、このファイルがロックを制御します。たとえば、ファイル Db1.accdb を開くと、Db1.laccdb という名前のロック ファイルが作成されて開かれます。.ldb ファイルの場合と同様に、.laccdb ファイルもすべてのユーザーがデータベースを閉じたときに自動的に削除されます。

Office Access 2007 ファイルと以前のバージョンの Access で作成されたファイルでは別々のロックが保持され、2 つの異なるロック ファイルが作成されるので、ロック ファイルの競合を起こすことなく、Office Access 2007 で Db1.mdb と Db1.accdb を同時に開くことができます。また、Office Access 2007 と以前のバージョンの Access で、同じ .ldb ロック ファイルを使用して、同じ .mdb ファイルを同時に開くこともできます。

ACCDE ファイル

.accde ファイルは、以前のバージョンの Access の MDE ファイルの Office Access 2007 版です。.accde ファイルは、元の .accdb ファイルのアクセスを制限したものです。.accdb ファイルに VBA コードが含まれる場合、コンパイルされたコードのみが .accde ファイルに組み込まれるので、ユーザーが VBA コードを参照したり編集したりすることはできません。また、ユーザーは .accde ファイルのフォームやレポートのデザインを変更する権限も与えられません。.accdb ファイルから .accde ファイルを作成するには、次の手順を実行します。

Office Access 2007 で ACCDE ファイルを作成する

  1. Office Access 2007 で .accde ファイルとして保存するデータベースを開きます。

  2. [データベース ツール] タブの [データベース ツール] で [ACCDE の作成] をクリックします。 ボタンの画像

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、保存先のフォルダを開いて、[ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力します。次に [保存] をクリックします。

テーブルのリンク

以前のバージョンの Access 形式からそれ以降のバージョンの Access データベースにテーブルをリンクすることはできますが、新しいバージョンの Access から以前のバージョンの Access データベースにテーブルをリンクすることはできません。たとえば、.accdb データベースから別の .accdb データベースまたは .mdb データベースのテーブルにリンクすることは可能ですが、.mdb データベースから .accdb データベースのテーブルにリンクすることはできません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×