Access 2007 アプリケーションを展開する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Access 2007 は、データベース アプリケーションを開発するための機能豊富なプラットフォームを提供します。データベース アプリケーションは、データを格納および管理する手段と、ビジネス タスクのロジック (アプリケーション ロジック) に従ったユーザー インターフェイスを備えたコンピュータ プログラムです。

Office Access 2007 アプリケーションを展開する場合、ユーザーのコンピュータに Access 2007 がインストールされていなくても実行できるようにするには、Microsoft.com ダウンロード センターから無料で入手できる Access 2007 Runtime と一緒にアプリケーションを配布します。

この記事では、基本的な展開計画、Access 2007 Runtime の機能の概要、およびこの Runtime のダウンロード方法について説明します。また、Access 2007 を使用してデータベース アプリケーションを展開する方法の概要についても説明します。Access 2007 アプリケーションを計画、設計、および展開する方法の詳細については、MSDN Web サイトおよび Technet の Web サイトを検索してください。この記事の [参照] セクションのリンクも参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

展開を計画します。

Access 2007 ランタイムを理解します。

Access 2007 ランタイムをダウンロードします。

Access 2007 アプリケーションを展開します。

展開の計画

はじめに、アプリケーションの展開方法について、以下の点を検討する必要があります。

データとロジックの分離の必要性

データ管理とアプリケーション ロジックを 1 つのファイルにまとめた Access 2007 アプリケーションを作成できます。これが、Access 2007 の既定のアプリケーション構造です。データ管理とアプリケーション ロジックを 1 つのファイルにまとめる方法は最も簡単な展開方法であり、一度に 1 人のユーザーだけがアプリケーションを使用する場合に適していますが、いくつかのリスクもあります。たとえば、ユーザーが誤ってアプリケーション ファイルを削除したり破損したりすると、データが損失する可能性があります。

ほとんどの場合は、データの管理とアプリケーションのロジックを分離する必要があります。これにより、改善します。

  • セキュリティ   データの記憶域サーバーを使用すると、セキュリティで保護されたデータを保持できます。

  • パフォーマンス   分割データベースまたはデータベース サーバーを使用してネットワーク トラフィックを削減できます。

  • カスタマイズ機能   ナビゲーション ウィンドウのマクロ アクションを新しいものを表示できるユーザーを制御することができます。他のユーザーに別のアプリケーション ロジックのファイルを配布することができます。

  • ポータブル性   Office ではないユーザーに、オフライン作業]および [同期] コマンドが役立ちます。

データおよびロジックを区別する方法

データとロジックを分離する 1 つの方法は、 Access データベース] コマンド ([データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループ) を使用してです。Access データベース] コマンドが 2 つのファイルへのアクセスにデータベース アプリケーションを分割: のデータおよびロジックのいずれかのいずれかです。Access データベース] を使用するとファイル名に"_be"(意味「バックエンド」) のファイルが作成されます: たとえば、元のデータベース ファイルの名前が"Database1.accdb"の場合は、Access は作成"Database1_be.accdb"という新しいデータベース ファイル。

データ管理とアプリケーション ロジックを分離するもう 1 つの方法は、データ管理には Microsoft SQL Server などのデータベース サーバー プログラムを使用し、アプリケーション ロジックには Access を使用する方法です。

データ管理とアプリケーション ロジックの両方を 1 つの Access ファイルで行っても問題ないかどうかを判断するには、以下について検討します。

  • データ整合性とセキュリティ    Access 2007 ユーザーには、アプリケーション ロジックを含むファイルに対する読み取り/書き込みのアクセス許可が必要です。データとロジックを 1 つのファイルにまとめると、データもアプリケーション ロジックと同じリスクにさらされます。

    別々のロジック ファイルとデータ ファイルを使用する Access 2007 アプリケーションでは、NTFS セキュリティ機能を利用してデータの整合性とセキュリティを保護できます。ユーザーに必要なのはアプリケーション ロジック ファイルに対する明示的な読み取り/書き込みアクセス権限だけなので、データ ファイルのセキュリティが高まります。

    アプリケーションによっては、特定のデータにアクセスできるユーザーを制限する機能など、追加のセキュリティ オプションが必要になることがあります。この場合は、SQL Server や Windows SharePoint Services 機能を搭載した Windows サーバー オペレーティング システムなどのサーバー製品を使用してアプリケーション データの保存と管理を行い、アプリケーション ロジックの管理には Access を使用します。

  • スケーラビリティ    Access 2007 ファイルの最大サイズは 2 GB です。2 GB という容量は、テキスト データには十分ですが、データベース レコードに添付ファイルを格納するようなアプリケーションには十分でない可能性があります。データとロジックを分離すると、アプリケーションに格納できるデータの量が増えます。ユーザーが大量のデータを保存することが予想される場合は、複数の Access 2007 データ ファイルを使用することを検討してください。

    スケーラビリティに関する追加情報については、Access 2007 プログラムの仕様を確認してください。Access 2007 の仕様の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  • ネットワーク容量   複数のユーザーは、ネットワーク経由で同時にアプリケーションを使用する必要がありますが、データ破損が 1 つのファイルにデータとロジックを連結する場合に発生する可能性が高くします。さらに、データと 1 つの Access ファイル内のロジックを結合する場合は、Access によって生成されるネットワーク トラフィックを最適化することはできません。同時に複数のユーザーは、アプリケーションを使用して、ネットワーク経由では場合、2 つ以上の Access ファイルを使用するか、データとアプリケーションのロジックの Access データベース サーバー製品を使用して、データとロジックを区切ります必要があります。

ネットワーク環境

同じローカル エリア ネットワークを使用して、すべてのユーザーがいる場合、またはネットワーク経由でアプリを使用しない場合は、1 つのアプリケーション ファイルは、ほとんどの場合でも実行できます。

ネットワークのパフォーマンスは、データとロジックを分離する良くなります。同じローカル エリア ネットワークのユーザーがされず場合、は、保存し、データを管理するアプリケーション ロジックの Access を使用してサーバーを使用します。

ユーザーでもAccess 2007をできますか。

すべてのユーザーのコンピュータに Access 2007 がインストールされている場合は、どのユーザーも Access 2007 データベース ファイルと同じようにアプリケーションを開いて使用できます。

一部またはすべてのユーザーのコンピュータに Access 2007 がインストールされていない場合、そのようなユーザーに対しては、アプリケーションの展開時に Access 2007 Runtime ソフトウェアを展開する必要があります。

ページの先頭へ

Access 2007 Runtime について

Access 2007 Runtime は再配布可能なプログラムであり、これを使用すると、コンピュータに Access 2007 がインストールされていなくても Access 2007 データベース アプリケーションを使用できます。Access 2007 Runtime を使用して Access 2007 データベースを開いた場合、データベースはランタイム モードで開かれます。

ランタイム モードとは

ランタイム モードとは、Access 2007 の動作モードの 1 つであり、このモードでは、既定で Access 2007 の一部の機能が利用できなくなります。ただし、このような利用できない機能の中には、ランタイム モードで利用可能にできるものもあります。

ランタイム モードで利用できない機能

ランタイム モードでは、Access 2007 の次の機能は利用できません。

  • ナビゲーション ウィンドウ    ナビゲーション ウィンドウは、ランタイム モードでは利用できません。これにより、データベース アプリケーションの任意のオブジェクトにユーザーがアクセスするのを防ぎます。ランタイム モードの使用中は、メニュー用フォームなどの形式で公開されているオブジェクトだけを開くことができます。ナビゲーション ウィンドウをランタイム モードで利用可能にすることはできません。

  • リボン    既定では、リボンはランタイム モードで利用できません。これにより、ユーザーがデータベース オブジェクトを作成または変更したり、その他の有害な操作 (開発者が意図しない方法での新しいデータ ソースへの接続やデータのエクスポートなど) を行ったりするのを防ぎます。開発者は、独自のリボンを作成し、フォームやレポートに関連付けることができます。ランタイム モードでは、既定のリボンのタブを表示することはできません。

  • デザイン ビューとレイアウト ビュー    ランタイム モードでは、どのデータベース オブジェクトでもデザイン ビューとレイアウト ビューを利用できません。これにより、データベース アプリケーションのオブジェクトのデザインをユーザーが変更するのを防ぎます。ランタイム モードでは、デザイン ビューとレイアウト ビューを使用可能にすることはできません。

  • ヘルプ    既定では、ランタイム モードでは統合ヘルプを利用できません。ランタイム モードのアプリケーションで利用できる機能は開発者によって制御されるため、標準の Access 2007 の統合ヘルプは、アプリケーションを使用するユーザーとは関係のない情報を含んでいる可能性があり、ユーザーの混乱や不満につながるおそれがあります。Access 2007 Developer Extensions を使用してデータベース アプリケーションのパッケージ化と展開を行う場合は、ランタイム モード アプリケーションにカスタム ヘルプ ファイルを搭載できます。

Access 2007 Runtime ソフトウェアを使用せずに Access 2007 データベースをランタイム モードで開く方法

製品版の Access 2007 がインストールされているコンピュータでは、任意の Access 2007 データベースをランタイム モードで実行できます。Access 2007 データベースをランタイム モードで実行するには、次のいずれかの操作を行います。

  • データベース ファイルの拡張子を .accdb から .accdr に変更します。

  • データベースへのショートカットを作成し、そのショートカットに /Runtime コマンド ライン スイッチを指定します。

ランタイム モードでデータベースのセキュリティが強化されるかどうか

ナビゲーションとデザイン機能の可用性を制限すると、実行時モードでは、データベース アプリケーションをセキュリティで保護する主な手段として実行時モードを使用しないでください。製品版のAccess 2007がインストールされているコンピューターで定期的なデータベース アプリケーションとしてランタイム データベース アプリケーションを開くためのユーザーの考えられる場合があります (つまり、すべての機能が利用可能な)、[デザインを変更またはその他の実行アクションの不要なとします。

データベース アプリケーションの展開先を製品版の Access 2007 がインストールされていないコンピュータに限定したとしても、ユーザーは、そのアプリケーションを製品版の Access 2007 がインストールされているコンピュータに転送し、ランタイム データベース アプリケーションを通常のデータベース アプリケーションとして開くことができます。

注: ユーザーがフォームのデザインを変更できないように、 Access 2007アプリケーションを配布する場合は、レポート、または Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) モジュールを使用してコンパイル済みバイナリ ファイル (.accde)。コンパイル済みバイナリ ファイルの使い方の詳細については、この記事の後半で使用するには、どのファイル形式の決定を] セクションを参照してください。

ページの先頭へ

Access 2007 Runtime をダウンロードする

Microsoft ダウンロード センターから Access 2007 Runtime をダウンロードするには、[参照] セクションのリンクをクリックしてください。

Access 2007 Runtime のダウンロード、使用、または再配布を行うためにソフトウェアを購入する必要はなく、配布先ユーザー数の制限もありません。

ページの先頭へ

Access 2007 アプリケーションを展開する

Access 2007 アプリケーションを展開するには、少なくとも次の作業を行う必要があります。

  1. アプリケーションを作成する    アプリケーションは、ユーザーがデータベース オブジェクトを開いて使用するための手段を提供する必要があります。このような手段がアプリケーションに用意されていない場合、ユーザーがそのアプリケーションを使用するためには、コンピュータに Access 2007 がインストールされていることが必要になります。しかも、ユーザーがアプリケーション内をどのように移動するか予測できないため、アプリケーションのマニュアルを用意するのが困難になります。また、ユーザーが Access 2007 Runtime ソフトウェアを使用してアプリケーションを開いた場合は、Access 2007 の組み込みのナビゲーション機能は利用できません。

    1 つの方法では、データベース オブジェクトを開く] または [その他の操作を実行するためのコマンド ボタンを含むフォームを作成して、アプリケーションの起動時に開くに既定のフォームとしてそのフォームを指定します。

    注: フォームを作成する方法の詳細については、フォーム ツールを使用してフォームを作成するトピックを参照してください。

    既定のフォームを開くを指定する方法は?

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

    2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [カレント データベース] をクリックします。

    3. [アプリケーション オプション] で、右側のウィンドウで表示するフォームのコンボ ボックスを使用して既定のフォームを選択します。

    ユーザー設定のリボンでは、作成することもでき、アプリケーションが起動したときに表示されるフォームをそのリボンを関連付けることができます。ユーザー設定のリボンの作成の詳細については、「参照」セクションのリンクを参照してください。

  2. アプリケーションをインストールします。   いくつかのオプションと、アプリケーションをインストールする際の考慮事項があります。ユーザーが、アプリケーションを使用する方法を制御する特定のファイル形式を展開することがあります。または、パッケージ化するアプリケーションをインストールするには、簡単にするまたは個別のデータとロジック コンポーネントを配置できます。

    これらのオプションと考慮事項については、以降のセクションで詳しく説明します。

使用するファイル形式を決める

アプリケーションを展開するときは、次の 4 つの Access 2007 ファイル形式を使用できます。

  • .accdb    Access 2007 の既定のファイル形式です。この形式でアプリケーションを展開すると、ユーザーがアプリケーションのカスタマイズとナビゲーションを行う際の選択肢が最も多くなります。ユーザーによってアプリケーションのデザインが変更されないようにするには、.accde ファイル形式を使用してください。また、.accdb ファイル形式では、パッケージ化後にファイルが変更されていないかどうかをユーザーが簡単に確認することはできません。これをわかりやすくするためには、.accdc ファイル形式を使用してください。

  • .accdc    Access 展開ファイルとも呼ばれるファイル形式です。Access 展開ファイルは、アプリケーション ファイルと、そのファイルに関連付けられたデジタル署名で構成されます。このファイル形式は、アプリケーション ファイルがパッケージ化後に変更されていないことをユーザーに対して保証するものです。この形式は、既定の Access 2007 ファイル形式 (.accdb) に適用することも、Access 2007 コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) に適用することもできます。

    Access 展開ファイルに格納できるアプリケーション ファイルは 1 つだけです。データ ファイルとロジック ファイルが分離されている場合は、個別にパッケージ化できます。

    詳細については、アクセスの展開ファイルを使用して、パッケージ化して署名を Access 2007 データベースのセクションを参照してください。

  • .accde    コンパイル済みバイナリ ファイルとも呼ばれる形式です。Access 2007 では、コンパイル済みバイナリ ファイルとは、すべての VBA コードがコンパイルされた状態で保存されたデータベース アプリケーション ファイルです。Access コンパイル済みバイナリ ファイルには、VBA ソース コードは残っていません。

    Access 2007 コンパイル済みバイナリ ファイルは、Access 2007 Runtime を使用して開くことができます。ただし、既定では、ファイル名拡張子 .accde は Runtime によって認識されません。Access 2007 Runtime を使用してコンパイル済みバイナリ ファイルを開くには、Runtime を参照するショートカットを作成し、そのショートカットに目的のコンパイル済みバイナリ ファイルへのパスを指定する必要があります。

    重要: コンパイル済みバイナリ ファイルを作成するには、Service Pack 1 がインストールされている Access 2007 を使用して、ユーザーは、Service Pack 1 がインストールされている Access 2007 の完全バージョンを使用してコンパイル済みバイナリ ファイルを開くことができません。この問題を解決するには、ユーザーは、Service Pack 1 をインストールする必要があります。

    コンパイル済みバイナリ ファイルとして、 Access 2007ファイルを保存する方法

    1. Access 2007 で、コンパイル済みバイナリ ファイル (.accde) として保存するデータベース (.accdb ファイル) を開きます。

    2. [データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループで、 [ACCDE の作成] をクリックします。 ボタン イメージ

    3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイルの保存先のフォルダを参照し、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

  • .accdr   この形式を使用すると、アプリケーションを展開するランタイム モードで表示されることができます。ランタイム アプリケーションを配置すると、アプリケーションの安全を確保するための手段ではありませんが、それを使用する方法を制御することができます。実行時モードについての詳細については、「 Access 2007 ランタイムを理解する」を参照してください。

アプリケーションをパッケージ化してインストールする

アプリケーションのインストール方法としては、データベース アプリケーション ファイルをアプリケーション ユーザーに提供する方法が最も簡単です。ただし、多数のユーザーにアプリケーションを展開する場合や、1 つのアプリケーションを複数回展開する場合は、Access 2007 Developer Extensions の Package Solution ウィザードなどのソフトウェア パッケージ化ユーティリティを使用して、アプリケーションを Windows インストーラ パッケージ (.msi ファイル) としてパッケージ化することを検討してください。これにより、パッケージを使用してアプリケーションをインストールできるようになります。

Package Solution ウィザードでは、次のような操作を行うことができます。

  • アプリケーションへのカスタム ショートカットを作成できます。この機能により、Access 2007 Runtime を使用してアプリケーションを実行するユーザーが、コンパイル済みバイナリ ファイルを開きやすくなります。

  • インストール フォルダを信頼できる場所として追加できます。

  • ユーザーのコンピュータに Access 2007 Runtime がインストールされていない場合に、これを自動でインストールできます。

  • カスタム ヘルプ ファイルなどのファイルをアプリケーションに組み込むことができます。

  • レジストリ キーを作成または変更できます。

  • 使用許諾契約 (EULA) を配布できます。

  • コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] の一覧に、アプリケーションに関する情報を追加できます。

Access 2007 Developer Extensions のダウンロード方法と使用方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

分割データベースをパッケージ化する

Access 2007 Developer Extensions の Package Solution ウィザードは、複数のインストール パスには対応していません。アプリケーションがデータ コンポーネントとロジック コンポーネントに分離されていて、そのアプリケーションを Access 2007 Developer Extensions を使用してパッケージ化する場合は、ファイル サーバーなどの適切な場所に手動で Access 2007 データ ファイルをインストールすることが必要になる場合があります。

データ コンポーネントとロジック コンポーネントが分離されたアプリケーションでは、リンク テーブルを使用してこの 2 つのコンポーネントを接続します。それぞれのネットワークは構成が異なるため、両方のコンポーネントのインストール パスを指定するのは実用的ではありません。通常、Package Solution ウィザードは、ロジック コンポーネントをパッケージ化するためにのみ使用します。

2 つのコンポーネントのインストール パスに関して必要な情報が揃っている場合は、Package Solution ウィザードを使用して 2 つのインストール パッケージを作成して、それぞれのコンポーネントのインストール パスを指定することもできます。

ページの先頭へ

Access 2007 データベースをパッケージ化して署名する

注: この機能は "パッケージ化" とも呼ばれますが、Access 2007 Developer Extensions の Package Solution ウィザードによるパッケージ化の処理とは異なります。このセクションで説明する機能は、Access 2007 ファイルをパッケージ化し、そのパッケージにデジタル署名を適用して、ファイルが信頼できることをユーザーに示すものです。

Access 2007 では、以前のバージョンの Access と比べて、データベースの署名と配布をすばやく簡単に行うことができます。.accdb ファイルまたは .accde ファイルを作成したら、ファイルをパッケージ化し、パッケージにデジタル署名を適用して、署名済みパッケージを他のユーザーに配布できます。パッケージ化して署名する機能を使用すると、Access 展開 (.accdc) ファイルがデータベースに配置され、パッケージの署名が行われ、コード署名されたパッケージがユーザーのコンピュータ上の指定した場所に配置されます。これにより、ユーザーはパッケージからデータベースを抽出し、(パッケージ ファイル内ではなく) データベース内で直接作業できるようになります。

パッケージの作成と署名を行うときは、次の点に注意してください。

  • データベースをパッケージ化して署名することは、信頼を表す方法です。受け取ったパッケージに付けられている署名は、そのデータベースが改ざんされていないことを表します。作成者を信頼できる場合は、コンテンツを有効にできます。

  • パッケージ化して署名する新機能は、Access 2007 ファイル形式で保存されたデータベースにのみ適用されます。Access 2007 には、以前のバージョンの Microsoft Office のツールも用意されており、これを使用すると以前のファイル形式で作成されたデータベースに署名して配布できます。ただし、以前のバージョンの Office のツールは、新しい Access 2007 ファイル形式で作成されたファイルの署名と展開には使用できません。

  • 1 つのパッケージに追加できるデータベース ファイルは 1 つだけです。

  • データベースをパッケージ化して署名すると、マクロやコード モジュールだけでなく、そのデータベース ファイルのすべてのオブジェクトがコード署名されます。パッケージ化と署名の処理では、ダウンロード時間を短縮するためにパッケージ ファイルの圧縮も行われます。

  • Windows SharePoint Services 3.0 サーバー上にあるパッケージ ファイルから、データベースを抽出できます。

以下のセクションでは、署名済みパッケージ ファイルを作成する方法と、署名済みパッケージ ファイル内のデータベースを使用する方法について説明します。

注: この手順を完了するには、使用できる 1 つ以上のセキュリティ証明書が必要です。お使いのコンピューターにインストールされている証明書を持っていない場合は、SelfCert ツールを使用して 1 つを作成できます。プライベート セキュリティ証明書の作成方法の詳細については、「 Access 2007 データベースを保護する」を参照してください。

署名済みパッケージを作成する

  1. パッケージ化して署名するデータベースを開きます。

  2. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、[発行] をクリックしてパッケージ化して署名] をクリックします。

  3. [証明書の選択] ダイアログ ボックスで、デジタル証明書を選択し、[OK] をクリックします。

    [Microsoft Office Access 署名済みパッケージの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [保存先] ボックスの一覧で、署名済みデータベース パッケージの場所を選択します。

  5. [ファイル名] ボックスに署名済みパッケージの名前を入力し、[作成] をクリックします。

    .accdc ファイルが作成され、選択した場所に格納されます。

署名済みパッケージを抽出して使用する

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [Microsoft Office Access 署名済みパッケージ (*.accdc)] をクリックします。

  3. [ファイルの場所] ボックスの一覧で、.accdc ファイルが格納されているフォルダに移動し、ファイルを選択して、[開く] をクリックします。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • 展開パッケージに適用されているデジタル証明書を信頼することを選択した場合は、[データベースの抽出] ダイアログ ボックスが表示されます。手順 5. に進みます。

    • デジタル証明書を信頼することを選択していない場合は、警告メッセージが表示されます。

      1. アドバイス メッセージ

      2. データベースを信頼する場合は、[開く] をクリックします。そのプロバイダの証明書をすべて信頼する場合は、[発行元からのコンテンツを常に信頼する] をクリックします。[データベースの抽出] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. 必要に応じて、[保存先] ボックスの一覧で、抽出されたデータベースの保存場所を選択し、[ファイル名] ボックスに、抽出されたデータベースに付ける別の名前を入力します。

証明書を信頼するかどうか不確かな場合は、証明書の日付やその他の項目を調べて有効かどうかを確認する方法の概要が「デジタル署名の信頼性を確認する方法」に説明されているので、参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×