Access 2007 の予約語と記号

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

"予約語" とは、Microsoft Office Access 2007 や Access データベース エンジンに特有の意味を持つ単語や記号のことです。テーブルのフィールドの名前として予約語や記号を使用した場合、その単語が予約語であり、フィールドの参照時にエラーが発生する可能性があることを示すメッセージが表示されます。

コントロール、オブジェクト、または変数の名前として予約語を使用した場合にも、エラーが発生する可能性があります。表示されるエラー メッセージには、予約語が問題の原因であるとは明示されていません。このため、何を変更するとよいかを特定するのが難しい場合があります。たとえば、次のようなメッセージが表示されることがあります。

指定したレポートをプレビューできません。他のユーザーがソース テーブルを排他モードで開いている可能性があります。レポートはデザイン ビューでは開くことができます。

予約語を既に使用している場合は、その単語をすべて角かっこ ([ ]) で囲むことで、エラー メッセージが表示されないようにすることができます。ただし、この問題の一番の解決策は、予約語以外の名前を使用することです。

注: 組み込み関数の名前からユーザー定義の名前まで、すべての予約語の一覧をここに示すのは現実的ではありません。タイプ ライブラリ、オブジェクト ライブラリ、または ActiveX コントロールへの参照を設定した場合、そのライブラリの予約語もデータベースの予約語になります。

ヒント: Access 2010 では式ビルダーに IntelliSense が組み込まれているため、式に必要な引数が表示されます。 

この記事の内容

Access の予約語

Access の予約記号と特殊文字

Access データベース エンジンの予約語

Access の予約語

A

ADD

ALL

英数字

ALTER

AND

ANY

アプリケーション

AS

ASC

Assistant

AUTOINCREMENT

Avg

B

BETWEEN

BINARY

BIT

ブール値

BY

BYTE

C

文字の文字

COLUMN

CompactDatabase

[制約の指定

コンテナー

データの個数

COUNTER

CREATE

データベース

CreateField

CreateGroup

CreateIndex

CreateObject

CreateProperty

CreateRelation

CreateTableDef

CreateUser

CreateWorkspace

通貨

作業中

D

DATABASE

DATE

DATETIME

Del

DESC

説明

DISALLOW

DISTINCT

DISTINCTROW

書類

DOUBLE

DROP

E

Echo/エコー

Else

[終了日]

Eqv

エラー

EXISTS

Exit

F

FALSE

[フィールド] フィールド

FillCache

フロート、FLOAT4、FLOAT8

FOREIGN

フォーム、フォーム

FROM

すべて対応

関数

G-

[全般]

GetObject

GetOption

GotoPage

GROUP

GROUP BY

GUID

H

HAVING

Idle (アイドル)

IEEEDOUBLE、IEEESINGLE

ユーザー

IGNORE

Imp

IN

INDEX

インデックス、インデックス

INNER

Ins

InsertText

INT、整数、INTEGER1、INTEGER2、INTEGER4

INTO

IS

J ~

JOIN

K-

KEY

-L

LastModified

LEFT

[レベル]

Like

論理、論理式 1

長い文字列、長いテキスト

M-

マクロ

Match/検索条件

Max、Min、Mod

メモ型

モジュール

MONEY

移動

N

名前

NewPassword

いいえ

Not

NULL

数値、数値

-O

オブジェクト

OLE オブジェクト

オフ

ON

何らか

OPTION

001-0001

ORDER

[方向]

外部

OWNERACCESS

P キーを押す

パラメーター

PARAMETERS

一部対応

PERCENT

PIVOT

PRIMARY

手順

プロパティ

Q-

クエリ

クエリ

Quit

-R

REAL

再計算

Recordset

REFERENCES

更新

RefreshLink

RegisterDatabase

関係

ペイント

RepairDatabase

レポート

レポート

再クエリ

RIGHT

S

画面

セクション

SELECT

SET

された

SetOption

SHORT

SINGLE

SMALLINT

SOME

SQL

StDev、StDevP

文字列

合計

T

TABLE

テーブル、テーブル

TableID

TEXT

時刻、タイムスタンプ

TOP

TRANSFORM

TRUE

種類

U

UNION

UNIQUE

UPDATE

USER

V

VALUE

VALUES

Var、varp 関数

VARBINARY、VARCHAR

W

WHERE

WITH

ワークスペース

X

Xor

Y

[はい]

いいえ文字

ページの先頭へ

Access の予約記号

次の記号をフィールド名やオブジェクト名の一部として使用することはできません。

.

/

*

;

:

!

#

&

-

?

"

'

$

%

ページの先頭へ

Access データベース エンジンの予約語

Access データベース エンジンは、呼び出し元 (Access、データ アクセス オブジェクト、Access データベース エンジンの Microsoft OLE プロバイダ、または Microsoft Access ODBC ドライバ) によって異なるモードで実行されます。つまり、ANSI モードと (従来の) 非 ANSI モードのいずれかでエンジンを実行できます。

2 つのモードを使用することで、やや異なる予約語のセットが 2 種類存在することになるので、予約語を使用するクエリがモードによって正しく動作したりしなかったりする場合があります。

次の表は、識別子の名前に使用しないようにする予約語の一覧です。

A

ABSOLUTE

アクション

ADD

ADMINDB

ALL

割り当て

英数字

ALTER

AND

ANY

ARE

AS

ASC

ASSERTION

AT

AUTHORIZATION

AUTOINCREMENT

AVG

B

バンド

BEGIN

BETWEEN

BINARY

BIT

BIT_LENGTH

いません ^

どれ

BOTH

BXOR

BY

BYTE

C

CASCADE

カスケード

大文字と小文字

キャスト

CATALOG

CHAR

CHARACTER

CHAR_LENGTH

CHARACTER_LENGTH

CHECK

CLOSE

COALESCE

COLLATE

COLLATION

COLUMN

COMMIT

コンポーネント

圧縮

CONNECT

CONNECTION

[制約の指定

制約

CONTAINER

引き続き

CONVERT

対応します。

COUNT

COUNTER

CREATE

CREATEDB

クロス

通貨

現在

CURRENT_DATE

CURRENT_TIME

CURRENT_TIMESTAMP

CURRENT_USER

CURSOR

D

DATABASE

DATE

DATETIME

DAY

割り当てを解除します。

DEC

DECIMAL

DECLARE

既定

遅延

保留

Del

DESC

説明

表して

診断プログラム

DISALLOW

DISCONNECT

DISTINCT

DOMAIN

DOUBLE

DROP

E

その他

End

最後の実行

Esc

例外

EXCLUSIVECONNECT

実行

実行

EXISTS

外部

EXTRACT

F

FALSE

FETCH

FIRST

FLOAT

FLOAT4

FLOAT8

FOREIGN

表示されます。

FROM

完全です

G-

[全般]

取得

グローバル

GO

移動

GRANT

GROUP

GUID

H

HAVING

HOUR

IDENTITY

IEEEDOUBLE

IEEESINGLE

IGNORE

画像

すぐに

ININDEX

インジケーター

継承できます。

最初に

INNER

INPUT

INSENSITIVE

Ins

INT

INTEGER

INTEGER1

INTEGER2

INTEGER4

交差します。

INTERVAL

INTO

IS

ISOLATION

J ~

JOIN

K-

KEY

-L

LANGUAGE

LAST

先頭の

LEFT

レベル

LIKE

ローカル

論理

論理式 1

LONG

LONGBINARY

LONGCHAR

LONGTEXT

LOWER

M-

MATCH

MAX

メモ型

MIN

MINUTE

モジュール

MONEY

MONTH

N

NATIONAL

自然

NCHAR

次へ

いいえ

NOT

メモ

NULL

あるいは

NUMBER

NUMERIC

-O

オブジェクト

OCTET_LENGTH

OFOLEOBJECT

ONONLY

OPEN

OPTION

ORORDER

外部

OUTPUT

重なっています。

OWNERACCESS

P キーを押す

PAD

PARAMETERS

PARTIAL

PASSWORD

PERCENT

PIVOT

POSITION

PRECISION

PREPARE

保持します。

PRIMARY

前に

PRIVILEGES

プロセス

手順

PUBLIC

Q-

-R

読み取り

REAL

REFERENCES

相対参照

RESTRICT

REVOKE

RIGHT

ROLLBACK

ROWS

S

SCHEMA

スクロール

SECOND

セクション

SELECT

SELECTSCHEMA

SELECTSECURITY

セッション

SESSION_USER

SET

SHORT

SINGLE

SIZE

SMALLINT

SOME

SPACE

SQL

SQLCODE

SQLERROR

SQLSTATE

文字列

SUBSTRING

SUM

SYSTEM_USER

T

TABLE

TABLEID

TEMPORARY

TEXT

[

TIME

TIMESTAMP

TIMEZONE_HOUR

TIMEZONE_MINUTE

TO

TOP

TRAILING

TRANSACTION

TRANSFORM

TRANSLATE

TRANSLATION

TRIM

TRUE

U

UNION

UNIQUE

UNIQUEIDENTIFIER

UNKNOWN

UPDATE

UPDATEIDENTITY

UPDATEOWNER

UPDATESECURITY

UPPER

USAGE

USER

USING

V

VALUE

VALUES

VARBINARY

VARCHAR

VARYING

VIEW

W

WHEN

WHENEVER

WHERE

WITH

WORK

書き込み

X

Y

YEAR

いいえ文字

Z

ZONE

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×