Access 2007 でピボットテーブル コントロールとグラフ コントロールが機能しない

現象

Microsoft Office Access 2003 以前のファイル形式の Access データベースを Access 2007 で開くと、次のいずれかのメッセージが表示されます。

  • データベースまたはプロジェクトに、ファイル '0WC10.DLL' version 1.0 を参照する切断された参照が含まれています。

  • データベースまたはプロジェクトに、ファイル '0WC11.DLL' version 1.0 を参照する切断された参照が含まれています。

データベース ファイルは Access 2007 で開かれますが、フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページに含まれている Microsoft Office ピボットテーブル コントロールや Microsoft Office グラフ コントロールはすべて機能しなくなります。さらに、ピボットテーブル コントロールまたはグラフ コントロールを含んだオブジェクトを開くと、Access で "このコントロールにはオブジェクトがありません" というメッセージが表示される場合があります。

原因

データベースに、Microsoft Office 2003 以前の Web コンポーネントを使用して作成されたコントロールが 1 つ以上含まれています。Access 2007 では、これらのバージョンの Microsoft Office Web コンポーネントは既定でインストールされません。このため、ファイルへの参照が切断され、コントロールが機能しなくなります。

注: この記事で説明する問題が該当するのは、フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページに追加できるピボットテーブル コントロールとグラフ コントロールです。これに対して、オブジェクトのピボットテーブル ビューとピボットグラフ ビューは、Access 2003 以前のバージョンの Access で作成されていても、Access 2007 で引き続き機能します。これらのビューを利用するには、[ホーム] タブの [ビュー] をクリックし、[ピボットテーブル ビュー] または [ピボットグラフ ビュー] をクリックします。

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページに Microsoft Office ピボットテーブル コントロールなどのコントロールを追加すると、Access によって、そのコントロールをサポートするダイナミック リンク ライブラリ への参照が作成されます。Access の新しいバージョンには、以前のバージョンの Access でデータベースを操作していたときに追加したコントロールに必要な .dll ファイルがすべて用意されているとは限りません。不足している .dll ファイルに依存するコントロールを引き続き使用するには、.dll ファイルを別途ダウンロードしてインストールする必要があります。Access 2007 では、Microsoft Office Web コンポーネント Version 10.0 および 11.0 は既定でインストールされません。

次の一覧は、この問題の影響を受けるコントロールの例です。

  • Microsoft Office グラフ 10.0

  • Microsoft Office グラフ 11.0

  • Microsoft Office ピボットテーブル 10.0

  • Microsoft Office ピボットテーブル 11.0

解決法

Access 2007 で以前のバージョンのピボットテーブル コントロールとピボットグラフ コントロールを正しく表示するには、適切な .dll ファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。次の手順を使用して必要なファイルを特定し、それらをダウンロードしてインストールします。

不足している参照を特定する

  1. Access 2007 でデータベースを開きます。

  2. 次のいずれかの方法で Visual Basic Editor を開きます。

    • ナビゲーション ウィンドウで既存のモジュールをダブルクリックして開きます。

    • [作成] タブの [その他] で [モジュール] をクリックします。このコマンドを使用できない場合は、[マクロ] ボタンまたは [クラス モジュール] ボタンの下にある矢印をクリックし、[モジュール] をクリックします。

  3. Visual Basic Editor で、[ツール] メニューの [参照設定] をクリックします。

  4. [参照設定] ダイアログ ボックスの [参照可能なライブラリ ファイル] で、[不明] とマークされている参照を探します。

    • Microsoft Office Web コンポーネント Version 10.0 または Version 11.0 が不足している場合は、次の手順で必要な .dll ファイルをダウンロードしてインストールします。

必要なファイルをダウンロードしてインストールする

  1. 前の手順で不足していると判明したバージョンに応じて、owc10.exe または owc11.exe を Microsoft ダウンロード センターで検索します。

  2. ダウンロード センターの指示に従ってファイルをダウンロードしてインストールします。.exe ファイルをコンピュータに保存し、これを実行して .dll ファイルをインストールするか、または [実行] をクリックしてダウンロード センターから直接 .dll ファイルをインストールできます。

  3. インストールが完了したら、Access を終了して再起動し、コントロールが問題なく機能することを確認します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×