Access 用語集


あ行

[インデックス] ウィンドウ

Access データベースで、テーブルのインデックスの表示や編集、または複数フィールド インデックスの作成を行うウィンドウ。

[オブジェクトの依存関係] 作業ウィンドウ

選択したオブジェクトに対する依存関係を持つオブジェクト、および選択したオブジェクトが依存関係を持つオブジェクトが表示されます。

アクション

マクロを構成する基本単位。アクションはそれぞれ独立したコマンドで、いくつかのアクションを連続して実行することによって一連の作業を自動化できます。他のマクロ言語では、コマンドと呼ばれることもあります。

アクション クエリ

データをコピーしたり、変更したりするクエリ。アクション クエリには、追加クエリ、削除クエリ、テーブル作成クエリ、更新クエリがあります。アクション クエリは、ナビゲーション ウィンドウに表示されるとき、名前の左に ! が付きます。

アクション リスト

[マクロ] オブジェクト タブの [アクション] 列にある矢印をクリックすると表示されるリスト。

アクションの引数

マクロのアクションを実行するために必要な追加情報。たとえば、アクションを実行するオブジェクトや、アクションの実行に必要な条件を指定します。

アクション行

[マクロ] オブジェクト タブの上部に表示される行。アクション行には、特定のマクロまたはマクロ グループに関連付けるマクロ名、アクション、条件、コメントを入力します。

アプリケーションのバックグラウンド

アプリケーション ウィンドウの背景に当たる画面領域。

イメージ コントロール

フォームまたはレポートにピクチャを挿入するために使用するコントロール。

インスタンス

クラスから作成されるオブジェクト。オブジェクトの定義はクラスとして記述されます。たとえば、フォーム クラスのインスタンスを複数作成した場合、これらのインスタンスはすべて同じコードを共有し、デザイン時にフォーム クラスで使用したものと同じコントロールが読み込まれます。

インストール可能な ISAM

dBASE、Excel、Paradox など、外部データベース形式へのアクセスを可能にするドライバ。Microsoft Access データベース エンジンは、アプリケーションで参照されたときにこれらの ISAM ドライバのインストール (読み込み) を行います。

インターネット同期

レプリカの同期方法の 1 つ。未接続の環境で、インターネット サーバーが構成されている場合に使用されます。インターネット同期を構成するには、レプリケーション マネージャを使う必要があります。

インデックス

キーの値に基づくテーブルで検索や並べ替えの速度を上げ、テーブル内の行に一意性を強制できる機能。テーブルの主キーには、自動的にインデックスが作成されます。OLE オブジェクトや添付ファイルなど、データ型によってインデックスを作成できないフィールドもあります。

インプレース アクティブ化

フィールドやコントロールから OLE オブジェクトの OLE サーバーをアクティブ化すること。たとえば、コントロールに Waveform オーディオ (.wav) が含まれている場合、コントロールをダブルクリックすることでオーディオを再生できます。

インポート

テキスト ファイル、ワークシート、またはデータベースのテーブルのデータを Access のテーブルにコピーすること。インポートしたデータを使用して新しいテーブルを作成したり、同じデータ構造を持つ既存のテーブルにデータを追加したりできます。

インポート/エクスポート定義

固定長または区切り記号付きのテキスト ファイルのインポートやエクスポートを実行するときに、Access で必要となる情報が格納されている定義。

エクスポート

他のデータベースやプログラムで使用できるように、データおよびデータベース オブジェクトを他のデータベース、ワークシート、またはファイル形式にコピーすること。サポートされているさまざまなデータベース、プログラム、およびファイル形式にデータをエクスポートできます。

エコー

マクロの実行中に画面を更新または再表示する Access の処理。

エディット コントロール

データの入力や編集に使う四角形の領域。テキスト ボックスとも呼ばれます。

エラー番号

Err オブジェクトの "Number/数値型" プロパティ設定に対応する 0 ~ 65,535 の整数。この番号を Err オブジェクトの Description プロパティ設定と組み合わせることで、特定のエラー メッセージを取得できます。

オートナンバー型

Access データベースで利用できるデータ型。テーブルにレコードを追加すると、自動的に一意の数値が格納されます。生成できる数値の種類には、インクリメント (1 ずつ加算される連続番号)、ランダム (乱数)、およびレプリケーション ID の 3 つがあります。

オートフィルタ

ピボットテーブル ビューまたはピボットグラフ ビューで、フィールドの 1 つ以上の項目を選択することによってデータをフィルタリングする機能。

オートフォーマット

フォームまたはレポートのコントロールやセクションの外観を自動的に設定する機能。

オブジェクト ライブラリ

オブジェクトおよびそのメソッドとプロパティの定義が含まれているファイル。通常、オブジェクト ライブラリが含まれているファイルには、.olb というファイル名拡張子が付きます。

オブジェクトの種類

オートメーションを通じてプログラムによって公開されるオブジェクトの種類。たとえば、Application、File、Range、Sheet などがあります。利用できるオブジェクトの一覧については、Visual Basic Editor でオブジェクト ブラウザを使用するか、プログラムのドキュメントを参照してください。

オブジェクト型

任意のオブジェクトを表すことができる基本的なデータ型。Visual Basic で利用できます。オブジェクト型を使用すると任意のオブジェクト変数を宣言できますが、できる限り目的のオブジェクトの実際の型を使って宣言してください。

オブジェクト変数

オブジェクトへの参照を含む変数。

オプション グループ

フォームまたはレポートで利用できるコントロールの 1 つ。複数のチェック ボックス、トグル ボタン、およびオプション ボタンを配置するためのフレームとして使用できます。オプション グループは、ユーザーに選択肢を提示し、それらの中から 1 つのオプションを選択できるようにする場合に使用します。

オプション ボタン

フォームまたはレポートで利用できるコントロールの 1 つ。ラジオ ボタンとも呼ばれます。通常、オプション グループの要素として、ユーザーに選択肢を提示するために使用します。ユーザーは 1 つのオプションしか選択できません。

一対一リレーションシップ

2 つのテーブル間のリレーションシップの一形態。主テーブルの各レコードの主キーの値が、関連テーブルのただ 1 つのレコードの、一致するフィールドの値に対応します。

一対多リレーションシップ

2 つのテーブル間のリレーションシップの一形態。主テーブルの各レコードの主キーの値が、関連テーブルの任意の数のレコードの、一致するフィールドの値に対応します。

円周率

約 3.1415926535897932 に等しい数学的な定数。

埋め込み

他のアプリケーションから OLE オブジェクトのコピーを挿入すること。オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) をサポートしているアプリケーションはすべて、オブジェクトのソース (OLE サーバー) として使用できます。埋め込みオブジェクトに対する変更は、コピー元のオブジェクトには反映されません。

永続的なオブジェクト

データベースに格納されたオブジェクト。たとえば、データベース テーブル、QueryDef オブジェクトなどがあります。ダイナセット タイプまたはスナップショット タイプの Recordset オブジェクトは、必要に応じてメモリで作成されるため、永続的なオブジェクトとは見なされません。

演算コントロール

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。式の計算結果を表示するために使用します。計算結果は、式を構成する値のいずれかが変更されるたびに更新されます。

演算フィールド

クエリで定義するフィールドで、格納されているデータではなく式の計算結果を表示するもの。値は、式の値が変更されるたびに再計算されます。

移動ウィンドウ

自由に移動させることができるウィンドウ。移動ウィンドウは常に前面に表示されます。式ビルダ、データベース構造の解析、ツールボックス、およびパレットを移動ウィンドウにすることができます。

移動ハンドル

デザイン ビューやレイアウト ビューでコントロールまたはコントロール レイアウトを選択したときに、その左上隅に表示される大きめの四角形。この移動ハンドルをドラッグすると、コントロールまたはコントロール レイアウトを別の場所に移動できます。

移動ボタン

カレント レコードを移動するために使用するボタン。データシート ビューおよびフォーム ビューの左下にあります。移動ボタンは印刷プレビューにも表示され、ドキュメントのページ間の移動に使用できます。

移動モード

データシート ビューで、キーと向キーを使用して列を移動できるモード。


か行

カスタム グループ

カスタム グループ フィールドの項目。カスタム グループには、行または列フィールドからの複数の項目が含まれます。

カスタム グループ フィールド

カスタム グループを項目として含む、行エリアまたは列エリアのフィールド。

カスタム ツールバー

Access 2003 以前のバージョンにおいて、独自のアプリケーションで使用するためにユーザーが作成するツールバー。これに対して、組み込みのツールバーは、コンピュータに Access をインストールしたときに自動的に組み込まれます。

カスタム プロパティ ダイアログ ボックス

ユーザーが ActiveX コントロールのプロパティを設定できるカスタム プロパティ シート。

カスタム順序

ユーザー定義の並べ替え順序。たとえば、序列の順番に従って社員役職の値を並べ替えることなどが可能です。

カテゴリ フィールド

ピボットグラフ ビューでカテゴリ エリアに表示されるフィールド。カテゴリ フィールドの項目は、カテゴリ軸のラベルとして表示されます。

カレント レコード

レコードセット内で、データの変更や取得が可能なレコードのこと。レコードセットにおいて常にカレント レコードは 1 つのみです。ただし、ダイナセット レコードセットからレコードを削除した直後など、カレント レコードがない状態もありえます。

キーボード ハンドラ

ユーザーが押したキーやキーの組み合わせを認識して応答するプログラム。

クエリ

テーブル内に格納されているデータについての問い合わせ、またはデータに対して処理を実行するための要求。クエリを使って複数のテーブルからデータを取り出して、そのデータをフォームまたはレポートのデータのソースとして使用できます。

クエリ ウィンドウ

デザイン ビュー、データシート ビュー、SQL ビュー、印刷プレビューでクエリを操作するときに使うウィンドウ。

クラス モジュール

新しいオブジェクトの定義を記述するためのモジュール。クラスのインスタンスごとに新しいオブジェクトが生成されます。モジュールで定義されたプロシージャは、すべてそのオブジェクトのプロパティとメソッドになります。クラス モジュールは、独立したモジュールとして作成することも、フォームやレポートの中に作成することもできます。

クラス名

クラス モジュールを参照するための名前。フォーム モジュールまたはレポート モジュールの場合は、Form_OrderForm のように、クラス名の先頭にモジュールの種類が付けられます。

クラス名 (OLE)

Visual Basic で OLE オブジェクトを参照するときに使う定義済みの名前。クラス名は、OLE オブジェクトの作成に使うアプリケーションの名前、オブジェクトの種類、およびアプリケーションのバージョン番号 (省略可能) から構成されます。たとえば、Excel.Sheet というクラス名があります。

グラフ

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで、データを図示化して表現したもの。

グリッド (データシート ビュー)

テーブル、クエリ、フォーム、ビュー、またはストアド プロシージャのデータシート ビューで、データの行と列を視覚的にセルとして分割する垂直および水平の線。グリッド線の表示と非表示は切り替えることができます。

グリッド (デザイン ビュー)

フォームまたはレポートをデザインするときに表示される垂直および水平の点線と実線。コントロールを正確に配置するために役立ちます。

グループ アカウント

ワークグループ内のユーザー アカウントを集めたもの。グループ名とパーソナル ID (PID) によって識別されます。グループに割り当てられた権限は、そのグループ内のすべてのユーザーに適用されます。

グループ フィルタ コントロール

データ アクセス ページで利用できるドロップダウン リスト ボックス コントロール。リストから選択した値を基にレコードセットからレコードを取り出すことができます。グループ化されたページの場合は、条件に合うレコード グループが取り出されます。

グループ フッター

グループ名や合計値などの情報を配置するために使います。レコード グループの末尾に表示されます。

グループ ヘッダー

グループ名や合計値などの情報を配置するために使います。レコード グループの先頭に表示されます。

グループ レベル

レポートまたはデータ アクセス ページのグループが他のグループにネストされている場合のネストの深さ。グループは、レコードのセットが複数のフィールド、式、またはグループ レコード ソースでグループ化されているときにネストされます。

グループ化されたコントロール

フォームまたはレポートのデザイン中に、複数のコントロールを 1 つの操作単位として扱えるようにしたもの。グループ化によって、コントロールを配置したりプロパティを設定したりするときに、個々のコントロールの代わりにグループを選択できるようになります。

グループ化されたデータ アクセス ページ

2 つ以上のグループ レベルを持つデータ アクセス ページ。

グローバル ショートカット メニュー

オブジェクトの組み込みショートカット メニューを置き換える特別なカスタム ショートカット メニュー。対象となるオブジェクトには、テーブルおよびクエリのデータシートのフィールド、フォーム ビュー、データシート ビュー、印刷プレビューでのフォームまたはフォーム コントロール、および印刷プレビューでのレポートがあります。

グローバル メニュー バー

Access 2003 以前のバージョンにおいて、データベース アプリケーションのすべてのウィンドウの組み込みメニュー バーを置き換える特別なカスタム メニュー バー。ただし、フォームやレポートでカスタム メニュー バーを指定した場合は、それがグローバル メニュー バーよりも優先されます。

グローバル レプリカ

変更がすべて記録され、その変更をセット内の任意のグローバル レプリカと交換できるレプリカ。また、グローバル レプリカは、自分がハブになるローカル レプリカまたは匿名レプリカと変更を交換することもできます。

グローバル一意識別子 (GUID)

レプリケーションで一意の識別子を設定するために Access データベースで使用される 16 バイトのフィールド。GUID は、レプリカ、レプリカ セット、テーブル、レコードなどのオブジェクトの識別に使用されます。Access データベースでは、GUID はレプリケーション ID と呼ばれます。

クロス集計クエリ

レコードの合計、平均、カウント、またはその他の集計を計算した後で、2 種類の情報によって結果をグループ化するクエリ。結果は、データシートの左端で縦方向に、およびデータシートの上端で横方向にグループ化されます。

コード スタブ

プロシージャの先頭と末尾を規定する Visual Basic コードのセグメント。

コマンド ボタン

マクロやイベント プロシージャを実行したり、Visual Basic の関数を呼び出したりできるコントロール。他のプログラムでは、プッシュ ボタンと呼ばれることもあります。

コンボ ボックス

フォームで利用できるコントロールの 1 つ。リスト ボックスとテキスト ボックスの両方の機能性を備えています。コンボ ボックスに直接値を入力したり、コントロールをクリックして一覧から値を選択したりできます。

区切り記号

テキストや数値を区切るために使う文字。

可視性

レプリカの属性の 1 つ。レプリカ セットのどのメンバと同期できるか、およびどの競合解決規則が適用されるかを示します。レプリカの可視性には、グローバル、ローカル、匿名の 3 種類があります。

固定長テキスト ファイル

各フィールドの長さが一定のテキスト ファイル。

固有インデックス

フィールドの "Indexed/インデックス" プロパティを [Yes (No Duplicates)/はい (重複なし)] に設定して定義したインデックス。固有インデックスが設定されたフィールドには、重複するデータを入力できません。主キーとして設定したフィールドは、自動的に固有インデックスになります。

外部キー

主キー フィールドまたは別のテーブルのフィールドを参照する、テーブルのフィールド (列)。外部キーは、それらのテーブルがどのように関連しているかを示します。

外部キー側のテーブル

外部キー フィールドを持つテーブル。外部キー フィールドは、他のテーブルの主キー フィールドに対応付けられ、通常は一対多リレーションシップの "多" 側を表します。たとえば、[得意先] テーブルと [注文情報] テーブルがある場合、[注文情報] テーブルの [顧客 ID] フィールドを外部キー フィールドとすることができます。

外部データベース

カレント データベースにテーブルをリンクまたはインポートするとき、そのリンク先またはインポート元となるデータベース。または、テーブルのエクスポート先となるデータベース。

外部テーブル

現在開いている Access データベースまたは Access プロジェクトの外にあるテーブル。

外部結合

結合の一形態。2 つのテーブルの一致するレコードが結合され、クエリの結果で 1 つのレコードにまとめられます。結合フィールドの値が一方のテーブルの値に一致しない場合でも、少なくとも 1 つのテーブルのレコードはすべて返されます。

既定のコントロール スタイル

コントロールの種類ごとに用意されている標準のプロパティの値。類似するコントロールを複数作成する場合は、目的のコントロールの種類をあらかじめカスタマイズしておくと、各コントロールのプロパティを個別に変更する必要がなくなります。

既定のプロパティ

コントロールに設定して、同じ種類のコントロールを作成するたびに同じ値が設定されるようにできるプロパティ。

既定値

新規レコードを追加したときに自動的にフィールドまたはコントロールに入力される値。既定値のままにしておくことも、他の値で上書きすることもできます。

更新

レコードのデータに対する変更を承諾すること。変更は、フォームまたはデータシートの別のレコードに移動した時点、または明示的にレコードを保存した時点でデータベースに保存されます。

更新クエリ

指定する抽出条件 (検索条件) に従ってレコードのセットを変更するアクション クエリ (SQL ステートメント)。

更新可能なスナップショット

クライアント/サーバー環境で効率的に動作するレコードセットの種類。クライアントにデータをキャッシュすることで、データにアクセスして更新するためのサーバーへのラウンド トリップを最小化します。

権限

データベースのデータやオブジェクトについてユーザーに与えるアクセス権の種類を規定する属性のこと。

競合

レプリカ セット内の 2 つのレプリカの同じレコードでデータが変更された場合に発生する状態。競合が起こると、優先する変更が選択され、すべてのレプリカに適用されます。優先されなかった変更内容は、すべてのレプリカで競合として記録されます。

競合による矛盾

バッチ更新中に発生する競合。クライアントはサーバーからデータを読み取り、バッチ更新でそのデータを変更しようとしますが、更新が試行される前に、別のクライアントが元のサーバー データを変更した場合に発生します。

系列フィールド

グラフの系列エリアに表示され、系列の項目を含むフィールド。系列とは、関連するデータ要素の集まりです。

系列ポイント

グラフに描画される個々のデータの値。列、バー、線、円などのデータ マーカーとして表現されます。

組み込みのツールバー

Access 2003 以前において、Access をインストールしたときに Access のユーザー インターフェイスの一部に組み込まれるツールバー。これに対して、独自のデータベース アプリケーションで使用するためにユーザーが作成するツールバーは、カスタム ツールバーと呼ばれます。Access 2007 では、ツールバーは、コマンドをタブ上の関連するグループに配置するリボンに置き換えられています。また、頻繁に使用するコマンドをクイック アクセス ツールバーに追加することもできます。

組み込み定数

Access、VBA、ADO、DAO に標準で用意されている定数。これらの定数は、各ライブラリのグローバルをクリックして、オブジェクト ブラウザで利用できます。

行エリア

行フィールドを含むピボットテーブル ビューの部分。

行セレクタ

テーブル、またはマクロのデザイン ビューで行全体を選択するときに使用できる小さなボックス (またはバー)。レポートのデザイン ビューではレコードを並べ替えたり、グループ化するときに使用できます。

行フィールド

ピボットテーブル ビューの行エリア内にあるフィールド。行フィールドの項目は、ビューの左側にリストとして表示されます。内部行フィールドは詳細エリアの一番近くに配置され、外部行フィールドは内部列フィールドの左に表示されます。

間接同期

ポータブル コンピュータを持って移動しているときなど、未接続の環境で使用される同期方法。間接同期を構成するには、レプリケーション マネージャを使用する必要があります。

関数

入力パラメータを受け取って結果を返すクエリ。ストアド プロシージャと似ています。種類としては、スカラ (複数ステートメント、1 つの値を返す)、インライン (1 つのステートメント、更新可能なテーブルの値)、テーブル (複数ステートメント、テーブルの値) があります。

項目

フィールドの中のユニークなデータ要素。ピボットテーブル リストまたはフィールド リストに下位レベルの項目があるとき、その隣に展開インジケータ (+) が表示されます。


さ行

[全般] の並べ替え順序

文字をどのように並べ替えるかを決定する既定の並べ替え順序。テーブル、クエリ、レポートなど、データベース全体に適用されます。[全般] の並べ替え順序は、多言語対応版の Access でデータベースを使用する場合に定義する必要があります。

サーバーによって生成される HTML

テーブル、クエリ、またはフォームから出力される Active Server Pages (ASP) ファイルまたは IDC/HTX ファイル。これらのファイルは ODBC データ ソースに接続され、Internet Information Server により処理されて、HTML ファイルが動的に作成されます。

サーバーによって生成される HTML: Active Server Pages

サブクエリ

選択クエリまたはアクション クエリの中に記述された SQL SELECT ステートメント。

サブスクライブする

Access データベースまたは Access プロジェクトでパブリケーションの取得を承諾すること。サブスクライバ データベースは、パブリッシャ データベースからレプリケートされたデータベースをサブスクライブします。

サブスクリプション

Access プロジェクトで、パブリッシャ データベースからレプリケートされたテーブルおよびデータを取得するデータベース。

サブデータシート

他のデータシートの中にネストされているデータシート。親データシートに関連付けられているか、結合されているデータが表示されます。

サブフォーム

フォームまたはレポートの中に表示されるフォーム。

サブフォーム/サブレポート コントロール

フォームやサブフォーム中のサブフォーム、またはレポート中のサブレポートを表示するコントロール。

サブレポート

別のレポートの中に表示されるレポート。

シード

擬似乱数を生成するために使用される初期値。たとえば、Randomize ステートメントでは、Rnd 関数で使用されるシード番号を生成して、一意の擬似乱数列を作成します。

システム オブジェクト

[MSysIndexes] テーブルなど、システムによって定義されたデータベース オブジェクト。ユーザーがシステム オブジェクトを定義することもできます。システム オブジェクトを作成する場合は、オブジェクトの名前を指定するときに、最初の 4 文字を USys とします。

ストアド プロシージャ

プリコンパイルされた SQL ステートメントのコレクション。必要に応じて、フロー制御ステートメントが含まれることもあります。ストアド プロシージャは名前付きで格納され、1 つのユニットとして処理されます。このコレクションは SQL データベースに格納され、プログラムから 1 回の呼び出しで実行できます。

スナップショット

クエリの結果として表示されるレコードセットなど、データの集まりを静的に保存したもの。スナップショット タイプの Recordset オブジェクトは、ベース テーブル、クエリ、または他のレコードセットから作成できます。

スナップショット ビューア

レポート スナップショットなどのスナップショットの表示、印刷、またはメール送信に使用できるプログラム。スナップショット ビューアは、独立した実行可能プログラム、スナップショット ビューア コントロール (Snapview.ocx)、およびその他の関連ファイルから構成されています。

スナップショット ビューア コントロール

レポートのスナップショットを表示するための ActiveX コントロール (Snapview.ocx)。Internet Explorer 3.0 以降のほか、Access や Visual Basic など、ActiveX コントロールをサポートする任意のプログラムで使用できます。

セキュリティが設定されたワークグループ

ユーザーがユーザー名とパスワードを使用してログオンする Access ワークグループ。この場合、データベース オブジェクトへのアクセスは、特定のユーザー アカウントやグループに設定されている権限に従って制限されます。

セクション

ヘッダー、フッター、詳細セクションなど、フォームまたはレポートの一部分。

セクション セレクタ

オブジェクトをデザイン ビューで開いたときに、セクション バーの左側に表示されるボックス。このボックスを使用して、セクションの選択などのセクション レベルの操作を行います。

セクション ヘッダー

フォームまたはレポートをデザイン ビューで開いたときにセクションの上に表示される水平バー。セクション バーには、セクションの種類と名前が表示されます。セクションのプロパティ シートを表示するには、このヘッダーをダブルクリックします。

セッション

ユーザーがログオンしてからログオフするまでの間に、Access データベース エンジンが実行する一連の処理のこと。セッション中のすべての操作は 1 つのトランザクションの適用範囲となり、ログオンしたユーザーのユーザー名とパスワードによって決まるアクセス権に制限されます。

主キー

テーブル内の各レコードを一意に識別する値を持つフィールド (列)。主キーに Null 値を含めることはできません。また、必ず一意のインデックスを持つ必要があります。主キーは、テーブルと他のテーブルの外部キーを関連付けるときに使用されます。

主テーブル

一対多リレーションシップの "一" 側のテーブル。主テーブルには主キーを設定する必要があり、各レコードは一意でなければなりません。

再クエリ

アクティブ フォームまたはアクティブ データシートの基になっているクエリを再実行すること。これにより、レコードへの変更が反映され、新しく追加されたレコードが表示され、削除されたレコードが除去されます。

再描画

画面を再表示すること。Repaint メソッドを呼び出すと、指定したフォームで保留にされている画面描画を更新させることができます。

再表示

Access データベースの場合、他のユーザーの変更内容を反映してフォームまたはデータシートのレコードを表示し直すこと。Access プロジェクトの場合、レコードの変更内容を取り込むためにアクティブなフォームまたはデータシートのクエリを実行し直すこと。

制約

列または行に入力できる値に対して適用される制限。たとえば、[年齢] 列の値は 0 ~ 110 の範囲でなければならないという制約を設定できます。

削除クエリ

指定した抽出条件を満たす行をテーブルから削除するクエリ (SQL ステートメント)。

参照元データベース

別の Access データベースを参照しているカレント Access データベース。データベースへの参照を設定すると、参照元データベースから、参照先データベースの標準モジュール内のプロシージャを呼び出すことができます。

参照先データベース

カレント データベースから参照されている Access データベース。データベースへの参照を設定すると、参照元データベースから、参照先データベースの標準モジュール内のプロシージャを呼び出すことができます。

参照整合性

レコードを追加、更新、または削除するときに、テーブル間に定義されているリレーションシップを保持するために従う規則。

宣言

定数、変数、またはプロシージャに名前を付け、データ型などの特性を指定する、実行不可能なコード。DLL プロシージャの場合、宣言には名前、ライブラリ、および引数を指定します。

宣言セクション

モジュール内のすべてのプロシージャに適用される宣言を記述する部分。宣言セクションには、変数、定数、ユーザー定義データ型、およびダイナミック リンク ライブラリで定義されている外部プロシージャの宣言を含めることができます。

差異

標準偏差の 2 乗。グループ内のすべての値とグループの平均値の差異を表します。

式ビルダ

式を作成するために使用できるツール。式ビルダにはよく使う式が用意されているので、目的に応じてその中から選択できます。

所有者

セキュリティが有効になっているとき、データベースまたはデータベース オブジェクトに対してすべての権限を持つユーザー アカウント。特に指定しない限り、データベースやデータベース オブジェクトを作成したユーザー アカウントが所有者になります。

手動リンク

OLE 元ドキュメントのデータが変更された場合に、OLE 先ドキュメントのデータを手動で更新する必要のあるリンクの形態。

接続文字列

外部データベースを開くときに使用する文字列。

数値型

Access データベースで利用できるデータ型。数値データを格納でき、数値演算などに使用します。ただし、金額の表示や計算には通貨型を使用してください。

整数型

整数値を格納する基本的なデータ型。整数型は、16 ビット (2 バイト) で、その範囲は -32,768 ~ 32,767 です。

書式

データの表示形式や印刷時の体裁を規定するもの。Access データベースでは、データ型ごとに標準の書式が用意されています。Access プロジェクトの場合は SQL データ型ごとに用意されています。カスタム書式を定義することもできます。

最大レコード数

Microsoft SQL Server データベースから、Access プロジェクトのフォームまたはデータシートに読み込むレコードの最大数。この数値を指定すると、パフォーマンスを向上させることができます。

条件付きフィルタ

合計値を基に、上位 n 個または下位 n 個の項目を表示するようにフィールドをフィルタリングすること。たとえば、売上高上位 3 都市を表示したり、利益率が低い順に 5 つの製品を特定したりできます。

条件付き書式設定

フォームまたはレポートで利用できる機能。1 つ以上の条件を基に、コントロールの値の書式を制御できます。条件では、他のコントロールの値、フォーカスのあるコントロール、またはユーザー定義の VBA 関数を参照できます。

正規化

効果的なテーブル デザインによって、リレーショナル データベースの情報の重複を最小限に抑えること。テーブル正規化ウィザードを使用すると、データベースを正規化できます。

相対配置 (インライン配置)

ドキュメントの自然な HTML の流れに沿って要素を配置すること。ただし、要素の位置は先行するコンテンツを基準にして調節されます。

絶対配置 (固定配置)

親要素の相対位置で要素を配置すること。親要素が存在しない場合は、本文からの相対位置で配置します。要素の "Left/左位置" プロパティおよび "Top/上位置" プロパティの値は、要素の親の左上端を起点とする相対位置となります。

自動リンク

Access の OLE オブジェクトと OLE サーバーとの間のリンクの形態で、オブジェクト ファイルの情報が変更されると Access のオブジェクトも自動的に更新されるものを指します。

自己結合

テーブルの結合先がそのテーブル自身であるという結合形態。結合フィールドに一致する値があれば、テーブルのレコードが同じテーブルの他のレコードに結合されます。

詳細セクション

フォームまたはレポートのメインの領域となる部分。通常、レコード ソースのフィールドに連結されたコントロールを配置しますが、フィールドの内容を説明するラベルなど、非連結コントロールを含めることもできます。

詳細フィールド

レコード ソースから取り出した行 (レコード) を表示するフィールド。

詳細領域

詳細フィールドと合計フィールドを含むピボットテーブル ビューの一部分。

識別子 (Visual Basic)

Visual Basic のコード モジュールの要素の 1 つ。識別子には、Sub プロシージャ、Function プロシージャ、Property プロシージャ、変数、定数、DECLARE ステートメント、およびユーザー定義データ型があります。

識別子 (式)

式の要素の 1 つ。フィールド、コントロール、またはプロパティの値を参照します。たとえば、"Forms!受注!受注コード" は、[受注] フォームの [受注コード] コントロールの値を参照する識別子です。

選択クエリ

テーブルに格納されているデータに関する問い合わせを行い、データシートの形式で結果セットを返すクエリ。データは変更されません。

選択フィルタ

フォームまたはデータシートでレコードをフィルタする方法の 1 つ。いずれかの値を選択した状態で使用し、その値が含まれるレコードのみを抽出します。

選択範囲

データシート ビューで、選択中のレコード (行) やフィールド (列) を示す範囲。

集計クエリ

テーブルのフィールドの値に基づいて、平均や合計などの計算結果を表示するクエリ。集計クエリは独立した種類のクエリではなく、選択クエリの機能を拡張したものとして位置付けられます。

集計フィールド

レコード ソースから取り出したデータを集計して表示するフィールド。合計フィールドでは、SumCount などの集計関数を使用したり、集計値を計算する独自の式を設定したりできます。

集計行

フィールドのデータの種類に基づいて、フィールドごとに選択したサマリー情報を表示するデータシートの行。

集計関数

合計の計算に使用する関数。SumCountAvgVar などがあります。


た行

[テーブル] オブジェクト タブ

Access データベースにおいて、デザイン ビューまたはデータシート ビューでテーブルを操作するためのオブジェクト タブ。

ダイナミック リンク ライブラリ

Visual Basic のプロシージャから呼び出すことができるルーチンの集合で、実行時にアプリケーションに読み込まれます。

タブ コントロール

1 つのフォームまたはダイアログ ボックスに複数のページを含めることができるコントロール。各ページにはタブが付き、テキスト ボックスやオプション ボタンなどの複数のコントロールを配置できます。ユーザーがタブをクリックすると、対応するページがアクティブになります。

チェック ボックス

値をオンとオフで切り替えることができるコントロール。オプションをオンにすると、チェック ボックスにチェック マークが表示されます。

チャネル番号

動的データ交換 (DDE) のチャネルに対応する整数値。DDEInitiate 関数を使って DDE 通信を開始すると、Windows 95 以降によって割り当てられたチャネル番号が返されます。このチャネル番号は他の DDE 関数や DDE ステートメントで使用します。

ツール ヒント

リボンのコマンドやボタンに関する簡単な説明。マウス ポインタをコマンドまたはボタンの上に置くと表示されます。

ツールボックス

フォームまたはレポートのデザイン ビューでコントロールを作成するためのツールの集まり。

データ アクセス オブジェクト

データベース オブジェクトへのアクセスと操作に使用できるプログラミング インターフェイス。

データ アクセス ページ

インターネットやイントラネットからデータを表示および操作できるようにデザインされた Web ページ。通常、データは Access データベースに格納されています。

データ アクセス ページのプロパティ

データ アクセス ページの属性。接続先のデータベースを指定したり、ページの外観や動作をカスタマイズしたりできます。

データ ソース コントロール

データ アクセス ページおよび Office Web コンポーネントの背後にあるエンジン。基になるデータ ソースへの接続を管理します。データ ソース コントロールは表示されません。

データ フィールド

ピボットテーブル ビューまたはピボットグラフ ビューで集計データが表示されるフィールド。通常、データ フィールドには数値データが格納されます。

データ マーカー

グラフにおいて、1 つのデータ要素または値を表すバー、領域、ドット、スライス、またはその他の記号。関連するデータ マーカーが集まってデータ系列を構成します。

データ ラベル

データ マーカーの補足情報を表示するラベル。データ マーカーは、1 つのデータ要素または値を表します。

データシート

行/列形式で表示された、テーブル、フォーム、クエリ、ビュー、またはストアド プロシージャのデータ。

データシート ビュー

テーブル、フォーム、クエリ、ビュー、またはストアド プロシージャのデータを行/列形式で表示するビュー。データシート ビューでは、フィールドの編集、データの追加と削除、およびデータの検索が行うことができます。Access 2007 では、フィールドを変更したり、データシート ビューのテーブルにフィールドを追加したりすることもできます。

データベース アプリケーション

データベースを使いやすくするために、連携して動作するようにデザインされたオブジェクトの集まり。テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびコード モジュールを含めることができます。通常、データベース アプリケーションはユーザーのグループに展開されます。

データベース ウィンドウ

Access 2003 以前では、Access データベースまたは Access プロジェクトを開いたときに表示されるウィンドウ。新しいデータベース オブジェクトを作成したり、既存のオブジェクトを開いたりするショートカットが用意されています。Access 2007 では、データベース ウィンドウはナビゲーション ウィンドウに置き換えられました。

データベース オブジェクト

Access データベースには、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、およびモジュールの各オブジェクトが格納されます。Access プロジェクトには、フォーム、レポート、ページ、マクロ、およびモジュールの各オブジェクトが格納されます。

データベース ダイアグラム

データベース スキーマの任意の部分を視覚的に表したもの。データベース構造の全体を表す場合もあれば、一部を表す場合もあります。データベース ダイアグラムには、テーブル、列、リレーションシップなどの情報が含まれます。

データベース レプリケーション

Access データベースの特別なコピー (レプリカ) を 2 つ以上作成する処理。レプリカは同期をとることができます。つまり、1 つのレプリカでデータを変更したり、デザイン マスターでデザインを変更したりすると、それらの変更が他のレプリカにも反映されます。

データベース構造の解析

データベース内のオブジェクトに関する詳細情報を含むレポートを作成するツール。

データ収集

Access 2007 から HTML フォームまたは InfoPath 2007 フォームを送受信して、ユーザーから情報を収集する方法。Access では、データ収集要求を作成し、電子メール メッセージにフォームを含めてユーザーに送信します。その後、ユーザーがフォームに入力して返信します。

データ定義

テーブルやクエリのフィールドおよびデータ アクセス ページのレコード ソースを構成する式。

データ定義クエリ

データ定義言語 (DDL) ステートメントを含む SQL 固有のクエリです。これらのステートメントによって、データベース内のオブジェクトを作成または変更できます。

データ定義クエリ (DDL クエリ)

SQL 固有のクエリ。テーブルを作成、変更、または削除したり、データベース内のインデックスを作成または削除したりできます。ANSI では、このクエリは DDL クエリとして定義され、CREATE、DROP、および ALTER の各トークンが使用されます。

データ定義言語 (DDL)

データベースの属性を記述するための言語。特に、テーブル、フィールド、インデックス、および格納方法を記述するために使用されます。ANSI の定義では、CREATE、DROP、および ALTER の各トークンが含まれます。DDL は構造化照会言語 (SQL) のサブセットです。

データ操作言語 (DML)

データベース内のデータを取得、挿入、削除、および更新するために使用される言語。DML は構造化照会言語 (SQL) のサブセットです。

データ系列

関連するデータ要素が集まってグラフにプロットされたもの。データ系列ごとに異なる色やパターンが適用されます。グラフには 1 つ以上のデータ系列をプロットできます。

データ項目

動的データ交換 (DDE) チャネルを通じてやり取りできるアプリケーション固有のデータ部分。

データ領域

ピボットテーブルまたはピボットグラフで集計データが表示される部分。データ領域の値は、ピボットテーブル ビューではレコードとして表示され、ピボットグラフ ビューではデータ要素として表示されます。

テーブル

レコード (行) およびフィールド (列) の形でデータを格納するデータベース オブジェクト。通常、1 つのテーブルには、従業員データや受注データなど、特定の内容のデータを格納します。

テーブル プロパティ

Access データベースにおいて、テーブル全体の外観や動作を決定するテーブルの属性。テーブル プロパティは、フィールド プロパティと同様に、テーブルのデザイン ビューで設定します。

テーブル作成クエリ

テーブルを新規作成し、既存のテーブルまたはクエリ結果からレコードをコピーして、新しいテーブルにレコード (行) を作成するクエリ (SQL ステートメント)。

デカルト積

FROM 句に 2 つ以上のテーブルを含み、テーブルの結合方法を示す WHERE 句や JOIN 句を持たない SQL SELECT ステートメントの実行結果。

テキスト ボックス

フォームまたはレポートで利用できるコントロールの 1 つ。エディット フィールドとも呼ばれます。テキストを表示したり、データ入力を受け付けたりするために使用します。テキスト ボックスは付属ラベルを持つことができます。

テキスト型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 2^31 - 1 (2,147,483,647) 文字を格納できる可変長データ型です。既定値は 16 文字です。

デザイン グリッド

クエリのデザイン ビューやフィルタ/並べ替えウィンドウで、クエリまたはフィルタをデザインするときに使用する画面。クエリの場合、このグリッドは以前は QBE グリッドと呼ばれていました。

デザイン ビュー

データベース オブジェクトのデザインを変更できるビュー。テーブル、クエリ、フォーム、レポート、およびマクロで利用できます。デザイン ビューでは、新しいデータベース オブジェクトを作成したり、既存のデータベース オブジェクトのデザインを変更したりできます。

デザイン マスター

レプリカ セットのうち、データベース構造を変更できる唯一のメンバ。構造の変更は他のレプリカに反映されます。

ドキュメント プロパティ

各データ アクセス ページに格納されている、タイトル、サブタイトル、作成者名などのプロパティ。

トグル ボタン

フォームまたはレポートで、オンとオフを切り替えるボタンとして機能するコントロール。テキストやピクチャを表示できます。単独で使用することも、オプション グループの中で使用することもできます。

トポロジ

レプリカからレプリカに変更が伝播される順番。他のレプリカの変更が使用するレプリカに表示される速度は、トポロジによって大きく左右されます。

トランザクション

データベースのデータまたはスキーマに対して行われる一連の変更のこと。トランザクションのいずれかの要素が失敗すると、トランザクション全体が失敗し、データは "ロールバック" されます。

トリガ

指定したテーブル内のデータが修正されたときに自動的に実行される特殊な形式のストアド プロシージャ。トリガは、異なるテーブルにある論理的に関連するデータ間で、参照整合性または一貫性を強制するために作成されます。

ドロップ エリア

ピボットテーブル ビューまたはピボットグラフ ビューのエリアの 1 つ。フィールド リストからフィールドをドロップして、表示するデータを選択できます。各ドロップ エリアのラベルには、ビューで作成できるフィールドの種類が示されます。

ドロップダウン リスト ボックス

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。クリックすると、選択できる値の一覧が表示されます。ドロップダウン リスト ボックスに値を入力することはできません。

匿名レプリカ

Access データベース (.mdb ファイル形式のみ) で、それぞれのユーザーの記録をとらない特殊なレプリカ。匿名レプリカは、多くのユーザーがレプリカをダウンロードすることが予期されるインターネット環境で特に便利です。

同期

レプリカ セットの 2 つのメンバについて、それぞれで更新されたレコードとオブジェクトをすべて交換することで、両方のメンバを更新する処理。各メンバの変更が互いに適用されているとき、レプリカ セットの 2 つのメンバは同期しています。

多対多リレーションシップ

一方のテーブルの 1 つのレコードを他方のテーブルの複数のレコードに関連付けることができる 2 つのテーブル間の関連付け。多対多リレーションシップを作成するには、3 つ目の (中間) テーブルを作成し、他の 2 つのテーブルそれぞれから、主キー フィールドをこのテーブルに追加する必要があります。

定型入力

かっこ、ピリオド、ハイフンなどのリテラル文字列と、データを入力する場所、入力できるデータの種類、および文字数を指定する入力書式文字列で構成される書式。

定義域

テーブル、クエリ、または SQL 式で定義されるレコードのセット。定義域集計関数は、特定の定義域またはレコードのセットに関する統計的な情報を返します。

定義域集計関数

特定のレコードのセット (定義域) に関して統計値を計算するために使用される関数。DAvgDMax などがあります。

展開インジケータ

レコードのグループの展開または折りたたみに使用するボタン。プラス記号 (+) またはマイナス記号 (-) として表示されます。

展開コントロール

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。クリックすると、グループ化されているレコードを展開して表示したり、折りたたんで非表示にしたりできます。

帳票フォーム

フォーム ビューで複数のレコードを表示できるフォーム形式。

直接同期

ローカル エリア ネットワークに直接接続され、共有ネットワーク フォルダを通じてアクセスできるレプリカ間でデータを同期するときに使用される方法。

追加クエリ

アクション クエリの 1 つ。クエリの結果セットとして抽出されたレコードを、既存のテーブルの末尾に追加します。

通貨型

Access データベースで利用できるデータ型。通貨型は、正確さが重視される金額計算や固定小数点演算に向いています。


な行

ナビゲーション ウィンドウ

Access データベースまたは Access プロジェクトを開いたときに最初に表示されるウィンドウ。ナビゲーション ウィンドウにはデータベース内のオブジェクトが表示され、カスタマイズによってさまざまな方法でオブジェクトの並べ替えとグループ化を行うことができます。

入力フィルタ

レコードをフィルタする方法の 1 つ。入力した値を含むレコード、または入力した式の条件を満たすレコードのみを抽出します。

入力検査

入力したデータが、条件や制限に合っているかどうかをチェックする機能。

入力規則

フィールド、レコード、またはフォーム上のコントロールに対して有効な入力値を規定するプロパティ。入力規則に反するデータを入力すると、"ValidationText/エラーメッセージ" プロパティに指定したメッセージが表示されます。

名前のオートコレクト

Access データベースで、フォーム、レポート、テーブル、クエリ、またはフィールドの名前や、フォームやレポートのコントロールの名前を変更するときによく発生する副作用を自動的に修正する機能。ただし、名前のオートコレクトを使用しても、名前が変更されたオブジェクトへのすべての参照を修正できるわけではありません。

長さ 0 の文字列

文字を 1 つも含まない文字列。長さ 0 の文字列を使用すると、フィールドに値がないことを意図的に示すことができます。長さ 0 の文字列を入力するには、スペースを含めずに二重引用符を 2 回続けて ("") 入力します。


は行

[フィールド リスト] 作業ウィンドウ

レコード ソースまたはデータベース オブジェクトのすべてのフィールドを一覧表示するウィンドウ。

[フィルタ/並べ替えの編集] ウィンドウ

フィルタを最初から作成するためのウィンドウ。フィルタのデザイン グリッドでは、開いているフォームまたはデータシートからレコードを抽出するための条件式を入力します。

[フォーム] オブジェクト タブ

デザイン ビュー、フォーム ビュー、データシート ビュー、または印刷プレビューで、フォームを操作するために使用するオブジェクト タブ。

パーソナル ID

Access のワークグループ内でユーザーやグループを識別するために、アカウント名と組み合わせて使われる 4 ~ 20 文字の半角の英数字の組み合わせ。パーソナル ID では大文字と小文字が区別されます。

バイト型

Access データベースで利用できるデータ型。0 ~ 255 の小さな正の整数を格納できます。

ハイパーリンク アドレス

オブジェクト、ドキュメント、Web ページなどにジャンプするための、リンク先を表すパス。ハイパーリンク アドレスは、URL (インターネットまたはイントラネット サイトのアドレス) または UNC ネットワーク パス (ローカル エリア ネットワーク上のファイルのアドレス) として記述できます。

ハイパーリンク イメージ コントロール

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。ファイルや Web ページへのハイパーリンクを表す非連結イメージを設定できます。ブラウズ モードでハイパーリンクをクリックすると、リンク先の場所に移動できます。

ハイパーリンク フィールド

ハイパーリンク アドレスを格納するフィールド。Access データベースの場合は、ハイパーリンク型のフィールドです。Access プロジェクトの場合は、IsHyperlink プロパティが True に設定されたフィールドになります。

ハイパーリンクを含むコントロール

ユーザーがドキュメント、Web ページ、またはオブジェクトにジャンプできるコントロール。たとえば、ハイパーリンクを含むフィールドに連結されたテキスト ボックスがあります。

ハイパーリンク型

ハイパーリンク アドレスを格納するフィールドのデータ型。アドレスは 4 つの部分を持つことができ、displaytext#address#subaddress# という形式で記述されます。

パススルー クエリ

ODBC データベース サーバーに直接コマンドを送るときに使う SQL クエリ。パススルー クエリを使用する場合は、Access データベース エンジンでデータを処理する代わりに、サーバーのテーブルで直接作業します。

ハブ

レプリカ セットのすべてのレプリカの変更の同期先となるグローバル レプリカ。ハブは親レプリカとして機能します。

パブリケーション

Access プロジェクトの機能の 1 つ。パブリケーションには、1 つのユーザー データベースから 1 つ以上の発行済みテーブルまたはストアド プロシージャのアーティクルを格納できます。各ユーザー データベースは、1 つ以上のパブリケーションを持つことができます。アーティクルとは、1 つの単位としてレプリケートされるデータをグループ化したものです。

パブリック変数

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールの宣言セクションで Public キーワードを使用して宣言した変数。パブリック変数は、データベース内のすべてのモジュールのすべてのプロシージャで共有できます。

パラメータ クエリ

ユーザーが対話形式で抽出条件を指定できるクエリ。パラメータ クエリは独立した種類のクエリではなく、クエリの機能を拡張したものとして位置付けられます。

バリアント型の式

数値、文字列、日付データ、または特殊な値 (空、Null) を返すことができる式。

ビット マスク

ビット処理演算子 (And、Eqv、Imp、Not、Or、および Xor) と共に使用して、ビット フィールドの値の各ビットの状態をテスト、セット、またはリセットするための値。

ビット単位の比較

2 つの数式で同じ位置にあるビットをビット単位で比較すること。

ピボットグラフ ビュー

データシートまたはフォームにおいて、データの分析結果をグラフで表示するビュー。フィールドと項目をドラッグしたり、フィールドのドロップダウン リストで項目の表示と非表示を切り替えたりして、詳細レベルの変更やレイアウトの指定を行うことができます。

ピボットテーブル ビュー

データシートまたはフォームにおいて、データを集計し、分析するために使うビュー。フィールドと項目をドラッグしたり、フィールドのドロップダウン リストで項目の表示と非表示を切り替えたりして、詳細レベルの変更やデータの整理を行うことができます。

ピボットテーブル フォーム

選択した書式および計算方法に基づいて、大量のデータを集計できる対話型のテーブル。Excel のピボットテーブル レポートと同様に、行と列の見出しを入れ替えることによって、さまざまな角度からデータを見ることができます。

ピボットテーブル リスト

Web ページ上で対話的にデータを分析するための Office Web コンポーネントの 1 つ。グリッド形式で表示されるデータは、移動、フィルタリング、並べ替え、および集計することで、目的に合った形式にすることができます。

ビュー

Access プロジェクトで利用できるクエリの一種。SQL SELECT ステートメントを使った仮想テーブルとして定義します。たとえば、2 つのテーブルを結合した結果、10 列あるとしたら、アクセスできるデータを限定するために、そのうち 3 列だけを取り出して表示することができます。

ビルダ

作業を簡単にするためのツールの 1 つ。たとえば、式ビルダを使用すると、複雑な式をすばやく作成できます。

ファイル番号

ファイルを開くときに Open ステートメントで使用される番号。他のプログラムからアクセスされないファイルには、1 ~ 255 のファイル番号を使用します。他のプログラムからもアクセスできるようにするファイルには、256 ~ 511 のファイル番号を使用します。

フィールド セレクタ

データシートの列の上部に表示されるバー。クリックすると列全体を選択できます。

フィールドのデータ型

フィールドの特性の 1 つ。格納できるデータの種類を決定します。たとえば、テキスト型のフィールドには文字列や数字から成るデータを格納できますが、数値型フィールドには数値データしか格納できません。

フィルタ

データの部分集合を表示したり、データを並べ替えたりするためにデータに適用する一連の抽出条件。Access では、選択フィルタやフォーム フィルタなど、レコードに対してさまざまなフィルタを適用できます。

フィルタ エリア

ピボットテーブル ビューまたはピボットグラフ ビューでフィルタ フィールドが表示される部分。

フィルタ フィールド

フィルタ領域の中にあるフィールド。ピボットテーブル ビューまたはピボットグラフ ビューのデータをフィルタするときに使用します。フィルタ フィールドは、Excel のピボットテーブル レポートにおけるページ フィールドと同じ役割を果たします。

フォーム

Access のデータベース オブジェクトの 1 つ。フォームには、処理を実行するためのコントロールや、フィールドのデータを入力、表示、および編集するためのコントロールを配置できます。

フォーム サーバー フィルタ

フィルタの方法の 1 つ。現在使用しているフォームまたはデータシートを基に、すべてのフィールドを空にしてそこに値を入力できるようにし、入力された値を条件としてレコードのフィルタを行います。データは、データベースから読み込まれる前にサーバーによってフィルタされます。

フォーム セレクタ

デザイン ビューのフォームの左上隅で、ルーラーどうしが交わる箇所にあるボックス。このボックスを使用して、フォームの選択などのフォーム レベルの操作を行います。

フォーム ビュー

フォームを表示するビュー。データの表示や入力に使用します。フォーム ビューは、テーブルのデータを追加および変更するための主要な手段です。このビューのフォームのデザインを変更することもできます。

フォーム フィルタ

フィルタの方法の 1 つ。現在使用しているフォームまたはデータシートを基に、すべてのフィールドを空にしてそこに値を入力できるようにし、入力された値を条件としてレコードのフィルタを行います。

フォーム フッター

フォームの使い方を表示したり、コマンド ボタンや非連結コントロールを配置したりするために使用される部分。フォーム ビューではフォームの下部に表示され、印刷した場合は最後に出力されます。

フォーム プロパティ

フォームの外観や動作を決定するフォームの属性。たとえば、"DefaultView/既定のビュー" プロパティは、フォームをフォーム ビューで開くか、またはデータシート ビューで開くかを指定するフォーム プロパティです。

フォーム ヘッダー

フォームのタイトルや使い方を表示したり、他の関連フォームを開くコマンド ボタンを配置したりするために使用される部分。フォーム ビューではフォームの上部に表示され、印刷した場合は最初に出力されます。

フォーム モジュール

フォームに関連付けられているモジュール。特定のフォームやそのフォーム上のコントロールで発生したイベントをトリガとして実行されるイベント プロシージャの Visual Basic for Applications (VBA) コードが含まれます。

ブックマーク

Recordset オブジェクトまたはフォームのプロパティの 1 つで、カレント レコードを識別するためのバイナリ文字列が格納されます。

プライベート プロシージャ

Declare ステートメントで Private キーワードを使用して宣言した Sub プロシージャまたは Function プロシージャ。プライベート プロシージャは、同じモジュール内のモジュールでしか使用できません。

プラス ポインタ

データシートで、フィールドの左端にマウスを合わせると表示されるポインタ。プラス ポインタが表示されたら、それをクリックしてフィールド全体を選択できます。

プロシージャ

モジュールの中で 1 つの単位として実行される一連の宣言とステートメント。Visual Basic for Applications (VBA) モジュールのプロシージャには、Sub プロシージャと Function プロシージャがあります。

プロシージャ レベル

プロシージャ内で宣言したすべての変数または定数は、プロシージャ レベルになります。プロシージャ レベルの変数と定数は、そのプロシージャでのみ使用できます。

プロシージャ レベル変数

プロシージャ内で宣言された変数。プロシージャ レベル変数は、宣言されたプロシージャ内でのみ有効です。

プロジェクト

標準モジュールおよびクラス モジュールを含む、データベースのすべてのコード モジュールの集まり。特に指定しない限り、プロジェクトの名前はデータベースの名前と同じになります。

プロパティ シート

オブジェクト (テーブル、クエリ、フィールド、フォーム、レポート、データ アクセス ページ、コントロールなど) のプロパティを表示したり、編集したりするときに使うウィンドウ。

フロントエンド/バックエンド アプリケーション

データベース アプリケーションの構成形態の 1 つ。バックエンド側のデータベース ファイルにテーブルを格納し、フロントエンド側のデータベース ファイルにその他のデータベース オブジェクトを格納します。フロントエンドはバックエンド側のテーブルにリンクして使用します。

ページ (データ ストレージ)

データベース ファイルの中で、レコード データが格納されている領域。レコードのサイズによって、1 ページ (4 KB) に複数のレコードが格納されることもあります。

ページ フッター

フォームまたはレポートの各ページの最後に表示される領域。概略情報、日付、ページ番号などを表示します。フォームの場合、ページ フッターは印刷したときのみ現れます。

ページ ヘッダー

フォームまたはレポートの各ページの最初に表示される領域。見出し、日付、ページ番号などを表示します。フォームの場合、ページ ヘッダーは印刷したときのみ現れます。

ページ幅に合わせる

レポート スナップショット ウィンドウで、ページの幅または高さをウィンドウのサイズに合わせることによってレポートの表示の大きさを調整すること。サイズ調整の方向は、レポートが縦置きか横置きかによって変わります。

ベース テーブル

Access データベース内のテーブルの 1 つ。ベース テーブルの構造は、DAO オブジェクトまたはデータ定義言語 (DDL) SQL ステートメントを使用して操作できます。ベース テーブル内のデータは、Recordset オブジェクトまたはアクション クエリを使用して変更できます。

ホスト アプリケーション

Visual Basic for Applications の使用をサポートするアプリケーション。

ポップアップ フォーム

常に最前面に表示されるフォーム。ポップアップ フォームは、作業ウィンドウ固定にすることも、作業ウィンドウ固定でない状態にすることもできます。

倍精度

数値の特性の 1 つ。精度の低い (単精度の) 数値を格納する場合に必要となるコンピュータ メモリの 2 倍の量 (2 ワード、通常は 8 バイト) を使用して格納されるものを表します。一般に、コンピュータでは浮動小数点形式で処理されます。

凡例

グラフのデータ系列や項目に割り当てられたパターンや色が表示されるボックス。

変換せずに利用できるデータベース

Access 2000 以降のバージョンで、ファイル形式を変更しないまま過去のバージョンのデータベースを開くこと。変換せずに使用できるデータベースのオブジェクトのデザインを変更するには、そのデータベースを作成したバージョンの Access で開く必要があります。

左外部結合

外部結合の一形態。クエリの SQL ステートメントの LEFT JOIN 操作の左側から、すべてのレコードがクエリの結果に追加されます。この結合は、右側のテーブルの結合フィールドに一致する値がない場合でも実行されます。

排他

ネットワークで共有しているデータベースにアクセスするモードの 1 つ。排他モードでデータベースを開くと、他のユーザーはそのデータベースを開くことができなくなります。

排他的

ロックの方法の 1 つ。この方法では、Edit メソッドを使用したとき、編集中のレコードを含む 1 つ以上のレコードのあるページに他のユーザーがアクセスできなくなります。そのページには、Update メソッドを使用するまでアクセスできません。

日付/時刻型

Access データベースで利用できるデータ型。日付および時刻の情報を格納するために使用します。

日付の区切り記号

日付値に書式を適用するときに、日、月、および年を区切るために使用される文字。これらの文字は、システム設定または Format 関数を使用して決定されます。

日付リテラル

有効な形式を番号記号 (#) で囲んだ文字列。有効な形式には、コードの国別情報の設定で指定される日付の形式またはユニバーサル日付形式があります。

日付式

日付として解釈できる任意の式。日付リテラル、日付のような数値、日付のような文字列、関数から返される日付などが含まれます。

標準モジュール

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールの 1 つ。標準モジュールの Sub プロシージャと Function プロシージャは、データベース内の他のすべてのプロシージャから呼び出すことができます。

標準偏差

確立関数が平均を中心として展開される方法を示し、平均からの偏差を 2 乗した積率の平方根に等しくなるパラメータ。

標題セクション

グループ化しているデータ アクセス ページで利用できるセクション。データ列に表題を付けるために使用します。標題セクションは、グループ ヘッダーの直前に表示されます。標題セクションには連結コントロールを配置できません。

比較演算子

2 つの値または式を比較するときに使う演算子。< (より小さい)、> (より大きい)、= (等しい) などがあります。

発行

データベースをドキュメント管理サーバー (Windows SharePoint Services を実行しているサーバーなど) に保存すること。

複合コントロール

テキスト ボックスなどのコントロールに付属ラベルが付いているとき、そのコントロールは複合コントロールと呼ばれます。

複数値を持つフィールド

複数の値を格納できるルックアップ フィールド。

部分レプリカ

完全なレプリカのレコードの一部だけを含むデータベース。部分レプリカでは、フィルタを設定して、完全なレプリカのレコードのどの部分がデータベースに存在するかを定義するリレーションシップを識別できます。

非連結オブジェクト フレーム

テーブルのデータと連結していないオブジェクト (非連結オブジェクト) をフォームやレポートに配置するためのコントロール。非連結オブジェクト フレーム内のオブジェクトは、フォームやレポートから直接編集できます。

非連結コントロール

テーブル、クエリ、または SQL ステートメントに連結していないコントロール。非連結コントロールは、関連情報を表示したり、飾りの画像を配置したりするために使用します。

非連結フォーム/レポート

テーブル、クエリ、または SQL ステートメントに連結していないフォームまたはレポート。フォームまたはレポートを非連結にするには、"RecordSource/レコードソース" プロパティの値を空にします。

非選択フィルタ

フォームまたはデータシートでレコードをフィルタする方法の 1 つ。いずれかの値を選択した状態で使用し、その値が含まれていないレコードのみを抽出します。


ま行

マーキー

データ アクセス ページで使用できる動くテキスト。見出しや重要なお知らせなど、特定のページ要素にユーザーの注意を引くために利用します。ページにマーキーを配置するには、スクロール テキスト コントロールを作成します。

マクロ

作業を自動化するために使用できる 1 つまたは複数のアクション。

マクロ グループ

関連のあるマクロを 1 つにまとめて単独のマクロ名を付けたもの。単にマクロと呼ばれることもあります。

マクロ ビルダ

マクロの作成および変更に使用するオブジェクト タブ。マクロ ビルダは、フォームやレポートから起動することも、リボンの [作成] タブから起動することもできます。

マルチユーザー データベース (共有データベース)

複数のユーザーが同じデータ セットに同時にアクセスして、データを変更できるようになっているデータベース。

メイン フォーム

他の 1 つまたは複数のサブフォームを持つフォーム。

メモ型

Access データベースで利用できるフィールドのデータ型。メモ型フィールドには、65,535 バイト (半角で 65,535 文字) まで入力できます。

モジュール レベル

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールの宣言セクション内またはプロシージャの外で宣言したすべての変数や定数は、モジュール レベルとして扱われます。モジュール レベルで宣言した変数または定数は、モジュール内のすべてのプロシージャで使用できます。

モジュールレベル変数

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールの宣言セクションで Private キーワードを使用して宣言した変数。モジュールレベル変数は、モジュール内のすべてのプロシージャで使用できます。

右外部結合

外部結合の一形態。クエリの SQL ステートメントの RIGHT JOIN 操作の右側から、すべてのレコードがクエリの結果に追加されます。この結合は、左側のテーブルの結合フィールドに一致する値がない場合でも実行されます。

文字コード

ある文字セット (ANSI 文字セットなど) での特定の文字を表す数値。

文字列の区切り記号

文字列の中に埋め込まれた文字列を区別できるようにする文字。単一引用符 (') や二重引用符 (") があります。

無効なコントロール

フォームで淡色表示されているコントロール。無効なコントロールはフォーカスを持つことができず、マウス クリックにも反応しません。


や行

ユーザー アカウント

ユーザー名とパーソナル ID (PID) によって識別されるアカウント。Access のワークグループで、データベース オブジェクトに対するユーザーのアクセス権限を管理するために使用します。

ユーザー グループ

すべてのユーザー アカウントを含むグループ アカウント。作成したユーザー アカウントは、自動的にユーザー グループに追加されます。

ユーザーレベル セキュリティ

Access データベースでユーザーレベル セキュリティを使用している場合、データベースの管理者またはオブジェクトの所有者は、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロなどのオブジェクトに対して、ユーザー単位で特定の権限を与えることができます。

ユーザー定義オブジェクト

フォームまたはレポートのクラス モジュールで定義されるカスタム オブジェクト。クラス モジュールで、オブジェクトのプロパティとメソッドを作成すると、インスタンスを作成したときに、そのプロパティとメソッドを使ってオブジェクトを操作できます。

ユーザー定義コレクション

Collection オブジェクトにオブジェクトを追加して作成したオブジェクトの集まり。Collection オブジェクトによって定義されたコレクション内の個々の項目には、1 から始まるインデックス番号が割り当てられます。

ユーザー定義データ型

Microsoft SQL Server データベースで利用できるデータ型。列に格納できるデータ型を定義したもの。ユーザーによって作成され、既存の SQL Server データ型を使って定義されます。ルールおよび既定値は、ユーザー定義データ型のみに連結できます。

ユーザー定義型

Visual Basic for Applications (VBA) の Type ステートメントを使用して定義されるデータ型。ユーザー定義データ型には、任意のデータ型の 1 つ以上の要素を格納できます。ユーザー定義型の配列は、他のデータ型の場合と同様に、Dim ステートメントを使用して作成されます。

ユーザー定義関数

入力パラメータを受け取って結果を返すクエリ。ストアド プロシージャと似ています。種類としては、スカラ (複数ステートメント、1 つの値を返す)、インライン (1 つのステートメント、更新可能なテーブルの値)、テーブル (複数ステートメント、テーブルの値) があります。

ユニオン クエリ

UNION 演算子を使うクエリ。複数の選択クエリの結果を結合するときに使います。

予約語

Visual Basic などの言語を構成する語。予約語には、ステートメント名、定義済みの関数名、データ型名、メソッド名、演算子名、オブジェクト名などがあります。

呼び出しツリー

現在コードが実行されているモジュール内のプロシージャによって呼び出される可能性のあるすべてのモジュール。


ら行

[リレーションシップ] オブジェクト タブ

テーブルやクエリの間のリレーションシップを表示、作成、および変更するために使用するオブジェクト タブ。

[レポート] オブジェクト タブ

レポートの操作を行うときに使用するオブジェクト タブ。デザイン ビュー、レイアウト プレビュー、印刷プレビューで利用できます。

ライブラリ データベース

他のアプリケーションから呼び出すことができるプロシージャとデータベース オブジェクトを集めたもの。ライブラリ データベースの項目を使用するには、最初にカレント データベースからライブラリ データベースへの参照を設定する必要があります。

ラベル

フォームまたはレポートで、タイトル、標題、説明などのテキストを表示するために使うコントロール。ラベルは、他のコントロールの付属ラベルとすることもできます。

リスト インデックス

リスト内の各項目に割り当てられる連番。最初の項目には 0 が割り当てられます。2 つ目の項目には 1 が割り当てられます。

リレーションシップ

2 つのテーブル内の共通のフィールド (列) を使って確立される関連付けのこと。リレーションシップには、一対一、一対多、多対多のリレーションシップがあります。

リンク (テーブル)

他のプログラムのデータへの接続を作成し、元のプログラムと Access の両方でデータを編集できるようにする操作。

リンク テーブル

外部のデータベースに格納され、Access からそのレコードにアクセスできる状態になっているテーブル。リンク テーブルでは、レコードの追加、削除、および編集を行うことができますが、テーブルの構造は変更できません。

ルックアップ フィールド

Access データベースのフォームまたはレポートで利用できるフィールド。テーブルまたはクエリから取り出した値の一覧を表示できます。あらかじめ値の一覧を決めておいて表示することもできます。

レイアウト ビュー

Access 2007 において、ライブ データの表示中にフォームやレポートに対してさまざまなデザインの変更を加えることができるビュー。

レコード セレクタ

データシート ビューやフォーム ビューで、レコードの左側に表示される小さなボックスまたはバー。クリックするとレコード全体を選択できます。

レコード ソース

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで、データの取り出し元となるソース。Access データベースの場合は、テーブル、クエリ、SQL ステートメントを使用できます。Access プロジェクトの場合は、テーブル、ビュー、SQL ステートメント、ストアド プロシージャを使用できます。

レコードセット

オブジェクトとして扱うことができるレコードのセット。テーブル タイプ、ダイナセット タイプ、およびスナップショット タイプの Recordset オブジェクトを総称して、レコードセットと呼びます。

レコード番号ボックス

データシート ビューおよびフォーム ビューの左下にある、カレント レコードの番号を表示する小さなボックス。このボックスにレコード番号を入力して Enter キーを押すと、その番号のレコードに移動できます。

レコード移動コントロール

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。レコード移動ツールバーを表示するために使用します。グループ化されたページでは、グループ レベルごとにレコード移動ツールバーを配置できます。レコード移動コントロールは、そのプロパティを変更することでカスタマイズできます。

レプリカ

レプリカ セットのメンバとなるデータベースのコピー。セット内の他のレプリカと同期をとることができます。1 つのレプリカのレプリケートされたテーブルのデータが変更されると、他のレプリカに送信され、適用されます。

レプリカ セット

同じデータベース デザインと一意のレプリカ セット識別子を共有するデザイン マスターおよびすべてのレプリカのこと。

レプリカ セット トポロジ

レプリカからレプリカに変更が伝播される順番。他のレプリカの変更が使用するレプリカに表示される速度は、トポロジによって左右されます。

レプリケーション

データベースをコピーして、データやレプリケートされたオブジェクトの更新を複数のコピー間で交換できるようにする処理。この交換は同期と呼ばれます。

レポート

Access のデータベース オブジェクトの 1 つ。指定した内容に従って情報を配置、書式設定して印刷できます。営業成績書、住所録、宛名ラベルなどをレポートとして作成できます。

レポート スナップショット

Access レポートの各ページを忠実に再現するコピーが保存されたファイル (ファイル名拡張子 .snp)。2 次元のレイアウト、グラフィックス、その他の埋め込みオブジェクトを情報として保存します。

レポート セレクタ

レポートのデザイン ビューの左上隅で、ルーラーどうしが交わる箇所にあるボックス。レポート自体を選択するなど、レポート全体にかかわる操作を行うときに使います。

レポート フッター

レポートのセクションの 1 つ。ページ番号、日付、合計値など、ページの最後に印刷する情報を配置できます。

レポート ヘッダー

レポートのセクションの 1 つ。見出し、日付、概要など、レポートの最初に印刷する情報を配置できます。

レポート モジュール

レポートに関連付けられているモジュール。特定のレポートやそのレポート上のコントロールで発生したイベントをトリガとして実行されるイベント プロシージャの Visual Basic for Applications (VBA) コードが含まれます。

ローカル オブジェクト

作成先のレプリカまたはデザイン マスターにそのまま残されるオブジェクト (テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、またはモジュール)。ローカル オブジェクトおよびローカル オブジェクトに対する変更は、レプリカ セットの他のメンバにはコピーされません。

ローカル レプリカ

レプリカの一形態。ハブまたはグローバル レプリカとデータを交換できますが、レプリカ セットの他のレプリカとは交換できません。

ロールバック

変更を保存せずに保留中のトランザクションを終了またはキャンセルするプロセス。

ロケール

特定の言語と国に対応する情報。

ロック状態

レコード、レコードセット、またはデータベースが、それを編集しているユーザー以外のすべてのユーザーに対して読み取り専用になっている状態。

データベース テーブルのデータ格納領域。特定のデータ型のみを格納できます。列は、データシートのフィールドを視覚的に表したものでもあり、Access データベースにおいては、クエリのデザイン グリッドやフィルタのデザイン グリッドのフィールドを表すこともあります。

列エリア

列フィールドを含むピボットテーブル ビューの部分。

列セレクタ

列の上部に表示される水平バー。列セレクタをクリックすると、クエリのデザイン グリッドまたはフィルタのデザイン グリッドで列全体を選択できます。

列フィールド

ピボットテーブル ビューの列エリア内にあるフィールド。列フィールドの項目は、ピボットテーブル リストの上部に表示されます。内部列フィールドは詳細エリアの一番近くに配置され、外部列フィールドは内部列フィールドの上に表示されます。

擬似インデックス

一意のインデックスがない ODBC テーブル (サーバー テーブル) を編集できる 1 つまたは複数のテーブル データ フィールド (列) の動的な相互参照。

連結オブジェクト フレーム

フォームまたはレポートで利用できるコントロールの 1 つ。テーブルに格納されている OLE オブジェクトを表示または操作するために使用します。

連結コントロール

フォーム、レポート、またはデータ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。テーブル、クエリ、または SQL ステートメントから、データを表示したり変更したりできます。コントロールの "ControlSource/コントロールソース" プロパティに、コントロールの連結先となるフィールド名を設定します。

連結スパン コントロール

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。Access データベースの場合は、テキスト型フィールドまたはメモ型フィールドに HTML コードを連結できます。Access プロジェクトの場合は、text 型、ntext 型、または varchar 型の列に HTML コードを連結できます。連結スパン コントロールの内容は編集できません。

連結ハイパーリンク コントロール

データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。リンク、インターネット アドレス、または基になるテーブルのテキスト フィールドのインターネット アドレスを連結するために使用します。ハイパーリンクをクリックすると、その連結先の場所に移動できます。

連結ピクチャ

フォーム、レポート、データ アクセス ページで利用できるコントロールの 1 つ。Access データベースの OLE オブジェクト フィールド、または Access プロジェクトのイメージ列に連結されます。

連結列

リスト ボックス、コンボ ボックス、またはドロップダウン リスト ボックスにおいて、コントロールの "ControlSource/コントロールソース" プロパティで指定されたフィールドに連結される列。

連鎖

別のアクションをトリガするアクションのプロセス。たとえば、2 つ以上のテーブルに連鎖更新リレーションシップが定義されている場合、主テーブルの主キーを更新すると、外部テーブルに対する変更が自動的にトリガされます。

連鎖イベント

直接的または間接的に自身を呼び出すイベント プロシージャによって発生する一連のイベント。再帰イベントと呼ばれることもあります。連鎖イベントが発生すると、スタック オーバーフローや実行時エラーが起きやすいので注意が必要です。

連鎖削除

テーブル間に参照整合性が設定されているリレーションシップにおいて、主テーブルのレコードを削除したとき、関連テーブルのすべての関連レコードが削除されること。

連鎖更新

テーブル間に参照整合性が設定されているリレーションシップにおいて、主テーブルでレコードを変更したとき、関連テーブルのすべての関連レコードが更新されること。


わ行

ワイルドカード文字

クエリや式で使用される文字。レコードやファイル名などの項目のうち、指定した文字で始まるか、特定のパターンに一致するものをすべて含めることができます。


英数字

ACCDE ファイル

Access 2007 データベース (.accdb) ファイルの一形態。すべてのモジュールがコンパイルされ、編集可能なソース コードは削除されています。

Access データベース エンジン

Access データベース システムの一部。ユーザー データベースおよびシステム データベースでデータの取得と格納を行います。データベース エンジンは、Access などのデータベース システムを構築するためのデータ マネージャと考えることができます。

Access ワークスペース

データ ソースへのアクセスに Access データベース エンジンを使用するワークスペース。データ ソースには、Access データベース ファイル、Paradox データベースや Microsoft SQL Server データベースなどの ODBC データベース、または ISAM データベースがあります。

ADE ファイル

Access プロジェクト (Access 2003 以前では .adp ファイル、Access 2007 では .accdp ファイル) の一形態。すべてのモジュールがコンパイルされ、編集可能なソース コードは削除されています。

ANSI SQL クエリ モード

2 つある SQL 構文の種類の 1 つ。ANSI-89 SQL (Microsoft Jet SQL、ANSI SQL とも呼ばれる) は従来の Jet で採用されている SQL 構文です。ANSI-92 SQL は新しい SQL 構文で、予約語、構文規則、ワイルドカード文字が異なります。

ASCII

標準の英語キーボードで文字と記号を表すために使用される、American Standard Code for Information Interchange (ASCII) 7 ビット文字セット。

bigint 型

Access プロジェクトで利用できる 8 バイト (64 ビット) のデータ型。-2^63 (-9,223,372,036,854,775,808) ~ 2^63-1 (9,223,372,036,854,775,807) の整数を格納できます。

binary 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 8,000 バイトのバイナリ データを格納できる固定長のデータ型です。

bit 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。1 または 0 の値を格納できます。1 や 0 以外の整数の値も受け付けますが、その場合は常に 1 として解釈されます。

char 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 8,000 字の ANSI 文字を格納できる固定長のデータ型です。

CHECK 制約

複数のテーブルにまたがるビジネス ルールを許可します。たとえば、[受注] テーブルでは、得意先の受注が [得意先] テーブルの得意先に定義されている与信限度額を超えないようにする CHECK 制約を使用できます。

cursor 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。カーソル変数の作成のみに使用できます。このデータ型は、テーブルの列には使用できません。カーソルは、SELECT ステートメントの結果セットで列単位の処理を実現する機能です。

DAO オブジェクト

Data Access Objects (DAO) ライブラリによって定義されるオブジェクト。DatabaseTableDefRecordset などの DAO オブジェクトを使用して、テーブルやクエリなど、データの構成および操作に使用されるオブジェクトをコードで表すことができます。

Data Access Objects (DAO)

datetime 型

Access プロジェクトで利用できる日付と時刻のデータ型。1753 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日に対応し、100 分の 3 秒 (3.33 ミリ秒) の精度を持ちます。

DBCS

1 バイトまたは 2 バイトを使用して 1 文字を表す文字セット。256 文字以上を表すことができます。

decimal データ型 (Access データベースの場合)

-10^28 - 1 ~ 10^28 - 1 の値を正確に格納できるデータ型。桁数と精度 (小数点以下の最大桁数) を指定できます。

decimal データ型 (Access プロジェクトの場合)

-10^38 - 1 ~ 10^38 - 1 の値を正確に格納できるデータ型。桁数と精度 (小数点以下の最大桁数) を指定できます。

float 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。15 桁の精度を持つ数値を格納できます。正の値は 2.23E - 308 ~ 1.79E + 308、負の値は -2.23E - 308 ~ -1.79E + 308 を格納できます。0 も格納できます。

Function プロシージャ

Visual Basic for Applications (VBA) で、値を返すプロシージャ。式の中で使用できます。Function プロシージャは Function ステートメントで始まり、End Function で終わります。

GUID データ型

リモート プロシージャ コールで使用される一意の識別文字列。すべてのインターフェイスとオブジェクト クラスでグローバル一意識別子 (GUID) が識別目的に使用されます。GUID は 128 ビットの値です。

IDC/HTX ファイル

Microsoft Internet Information Server は、IDC ファイルと HTX ファイルを使用して、ODBC データ ソースからデータを取得し、HTML ドキュメントとして書式設定します。

image 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 2^31 - 1 (2,147,483,647) バイトのバイナリ データを格納できる可変長データ型です。画像、ドキュメント、サウンド、コンパイルされたコードなど、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) を格納するときに使用します。

int 型

Access プロジェクトで利用できる 4 バイト (32 ビット) のデータ型。-2^31 (-2,147,483,648) ~ 2^31 - 1 (2,147,483,647) の整数値を格納できます。

JRO

Jet データベース固有のアクションを実行可能にする一連のオートメーション インターフェイスのセット。JRO を使うと、データベースの最適化、キャッシュからのデータの更新、およびレプリケートされているデータベースの作成と保守を行うことができます。

MDE ファイル

Access 2003 以前のデータベース ファイル (.mdb) の一形態。すべてのモジュールがコンパイルされ、編集可能なソース コードは削除されています。

Microsoft Access オブジェクト

Access、Access のインターフェイス、またはアプリケーションのフォームやレポートに関連する、Access によって定義されるオブジェクト。Microsoft Access オブジェクトを使用して、データの入力と表示に使用するインターフェイスの要素をプログラミングすることもできます。

Microsoft Access データ ファイル

Access データベース ファイルまたは Access プロジェクト ファイル。Access 2007 データベースでは、.accdb ファイルにデータベース オブジェクトとデータが格納されます。それ以前のバージョンでは .mdb 形式が使用されます。プロジェクト ファイルは、データを格納するのではなく、Microsoft SQL Server データベースへの接続に使用されます。

Microsoft Access データベース

特定のトピックや目的に関連するデータとオブジェクト (テーブル、クエリ、フォームなど) をまとめて保存したもの。

Microsoft Access プロジェクト

Microsoft SQL Server データベースに接続する Access ファイル。クライアント/サーバー アプリケーションを構築するときに使用します。プロジェクト ファイルにはデータは格納されず、テーブルやビューなどのデータ定義関連のオブジェクトも含まれません。

Microsoft Data Engine

シングル ユーザーのコンピュータや小型のワークグループ サーバーなど、小規模なコンピュータ システムでローカル データを格納するためのクライアント/サーバー方式のデータ エンジンで、Microsoft SQL Server 6.5、SQL Server 7.0、および SQL Server 2000 との互換性があります。

Microsoft SQL Server データベース

Microsoft SQL Server のデータベース。テーブル、ビュー、インデックス、ストアド プロシージャ、関数、およびトリガで構成されます。ODBC を使用するか、Access プロジェクト (*.adp) ファイルを作成することで、Access データベースを SQL Server データに接続できます。

money 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。通貨単位の 1,000 分の 10 の精度で、-922,337,203,685,477.5707 ~ 922,337,203,685,477.5807 の通貨値を格納できます。

nchar 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 4,000 字の Unicode 文字を格納する固定長のデータ型です。Unicode 文字は、1 文字あたり 2 バイトを使用し、国際的な文字をすべてサポートしています。

ntext 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 2^30 - 1 (1,073,741,823) 文字を格納できる可変長データ型です。ntext データ型の列は、データ行に 16 バイトのポインタを格納し、データは別の場所に格納されます。

Null

存在しないデータまたは未知のデータを表す値。フィールドに入力したり、式やクエリで使用したりできます。Visual Basic の Null キーワードは Null 値を表します。主キーに設定されたフィールドなど、Null 値を格納できないフィールドもあります。

Null フィールド

Null 値が格納されたフィールド。Null フィールドは、長さ 0 の文字列 ("") や数値の 0 を含むフィールドとは異なります。

numeric 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。-10^38 - 1 ~ 10^38 - 1 の値を正確に格納できます。桁数と精度 (小数点以下の最大桁数) を指定できます。

nvarchar(n) 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 4,000 字の Unicode 文字を格納できる可変長のデータ型です。Unicode 文字は、1 文字あたり 2 バイトを使用し、国際的な文字をすべてサポートしています。

ODBC データ ソース

Open Database Connectivity (ODBC) プロトコルをサポートするプログラムやデータベースのデータにアクセスする場合に必要なデータと情報のこと。

ODBC データベース

データのインポート、エクスポート、およびリンクを行うときに必要な ODBC ドライバをサポートするデータベース。

ODBC 接続文字列ビルダ

パススルー クエリの作成時に SQL データベースに接続するために使うツール。クエリを保存すると、接続文字列はクエリと共に保存されます。

ODBCDirect

DAO 機能を使用して、Microsoft Jet データベース エンジンを通さずに ODBC データ ソースに直接アクセス可能にする技術。

OLE DB

リレーショナル データ、メール ファイル、フラット ファイル、およびスプレッドシートなど、さまざまな種類のデータ ソースに対して、効率的なネットワークおよびインターネット アクセスを実装するコンポーネント データベース アーキテクチャ。

OLE DB プロバイダ

OLE DB アーキテクチャのプログラム。データへのネイティブ アクセスを提供します。ODBC、IISAM ドライバの場合は、ネイティブ アクセスではなく外部からのアクセス手法となります。

OLE オブジェクト

OLE プロトコルをサポートし、オブジェクトのリンクと埋め込みに対応するオブジェクト。OLE サーバーからの OLE オブジェクト (ペイントのビットマップや Excel ワークシートなど) は、フィールド、フォーム、またはレポートにリンクしたり埋め込んだりできます。

OLE オブジェクト型

フィールドのデータ型の 1 つ。他のプログラムで作成されたオブジェクトを、Access データベースにリンクするか埋め込む (挿入する) 場合に使用します。

OLE コンテナ

他のプログラムで作成された OLE オブジェクト (リンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクト) を含むプログラム。たとえば、Access データベース内の OLE オブジェクトに Excel ワークシートが含まれている場合、Access が OLE コンテナになります。

OLE サーバー

他のプログラムに OLE オブジェクト (リンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクト) を提供できるプログラムまたは DLL。たとえば、Access データベース内の OLE オブジェクトに Excel ワークシートが含まれている場合、Excel が OLE サーバーになります。

OLE/DDE リンク

OLE オブジェクトと OLE サーバーとの間の接続、または動的データ交換 (DDE) によるドキュメント間の接続のこと。

QueryDef

Access データベースに保存されているクエリの定義、または ODBCDirect ワークスペースで使用される一時的なクエリの定義。

real 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。7 桁の精度を持つ数値を格納できます。正の値は 1.18E - 38 ~ 3.40E + 38、負の値は -1.18E - 38 ~ -3.40E + 38 を格納できます。0 も格納できます。

smalldatetime 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。datetime データ型よりも精度の低い日付と時刻のデータ型です。データの値は 1900 年 1 月 1 日~ 2079 年 6 月 6 日までに対応し、精度は 1 分です。

smallint 型

Access プロジェクトで利用できる 2 バイト (16 ビット) のデータ型。-2^15 (-32,768) ~ 2^15 - 1 (32,767) の整数を格納できます。

smallmoney 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。通貨単位の 1,000 分の 10 の精度で、-214,748.3648 ~ 214,748.3647 の通貨値を格納できます。smallmoney 型の値が表示されるとき、小数点以下表示桁数は 2 桁に切り上げられます。

sql variant 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。さまざまなデータ型の値を格納できます (ただし、text 型、ntext 型、image 型、timestamp 型、sql_variant 型を除く)。sql variant 型は、列、パラメータ、変数、またはユーザー定義関数の戻り値で使用されます。

SQL クエリ

SQL ステートメントから成るクエリ。サブクエリ、パススルー クエリ、ユニオン クエリ、およびデータ定義クエリは SQL クエリです。

SQL データベース

構造化照会言語 (SQL) をベースにしているデータベース。

SQL ビュー

現在のクエリの SQL ステートメントを表示するオブジェクト タブで、SQL クエリ (ユニオン、パススルー、またはデータ定義) の作成に使用します。デザイン ビューでクエリを作成すると、Access によって同等の SQL クエリが SQL ビューに作成されます。

SQL 文字列/ステートメント

SELECT、UPDATE、DELETE などの SQL コマンドを定義し、WHERE や ORDER BY などの句を含む式。通常、SQL 文字列/ステートメントはクエリおよび集計関数で使用されます。

Sub プロシージャ

処理を実行する Visual Basic for Applications (VBA) プロシージャ。Function プロシージャとは異なり、Sub プロシージャは値を返しません。Sub プロシージャは Sub ステートメントで始まり、End Sub ステートメントで終わります。

sysname 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。オブジェクト名を格納するテーブルの列、変数、ストアド プロシージャのパラメータに使う特殊なデータ型です。

table 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。結果セットをローカル変数に格納する目的や、ユーザー定義関数の戻り値のデータ型として使用できます。tempdb データベースに格納される一時テーブルの代わりとして使用できます。

text 型

Access データベースでは、フィールドのデータ型。テキスト型フィールドに入力できる文字数は、255 文字または "FieldSize/フィールドサイズ" プロパティで指定された文字数のうち、少ない方の値になります。

timestamp 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。行が挿入または更新されるたびに自動的に更新される特殊なデータ型です。timestamp 型の列の値は、datetime 型のデータではなく binary(8) または varbinary(8) で、データ変更のシーケンスを示します。

tinyint 型

Access プロジェクトで利用できる 1 バイト (8 ビット) のデータ型。0 ~ 255 の整数を格納できます。

uniqueidentifier 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。16 バイトのグローバル一意識別子 (GUID) を格納します。

varbinary 型

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 8,000 バイトのバイナリ データを格納できる可変長のデータ型です。

varchar

Access プロジェクトで利用できるデータ型。最大 8,000 字の ANSI 文字を格納できる可変長のデータ型です。

WHERE 句

SQL ステートメントを構成する句の 1 つ。取得するレコードを限定するために使います。

XML エンティティ

XML ドキュメントを解析するときに他の文字に置き換えられる文字と記号の組み合わせ。通常、XML 自体で予約されている記号を表現するために使用します。たとえば、&lt; は < 記号を表しますが、< はタグの開始を表す特別な記号として使われます。

XML 属性

タグの中に追加される補足情報。例として、<ingredient quantity="2"units="cups">flour</ingredient> などがあります。この例では、quantity と units が属性です。

XML 要素

XML ドキュメントにおいて、開始タグと終了タグで囲まれた情報。例として、<LastName>Davalio</LastName> などがあります。

Yes/No 型

フィールドのデータ型の 1 つ。"Yes" と "No"、"真 (True)" と "偽 (False)" など、二者択一のデータを格納する場合に使います。Null 値は格納できません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×